季節の変わり目に発作が起こることが多い、喘息

子供がかかる病気のような印象がありますが、
大人になってもその苦しさから解放されずにいる人も少なくありません。

この喘息は、呼吸器の病気ですから、
悪化すると酸欠になり危険です。

今回は、喘息についてのお話をいたします。

喘息とはどんな病気?

2016-11-16b

喘息と略されて呼ばれることが多いですが、
正式名称は気管支喘息
子供に起こるものを特に小児喘息と言いますが、
今回は大人もかかる気管支喘息についてのお話です。

気管支喘息は、
肺に空気を送り込む気管支という部分に炎症が起こり、
そのせいで内部が狭くなり、咳が激しく出たり、呼吸困難に陥る病気です。

この状態になると「喘鳴」と呼ばれる、
「ぜいぜい」「ヒューヒュー」という呼吸音が鳴ることが特徴です。

気管支の炎症を起こす原因としては、
まずは元々の体質があります。

いわゆる喘息持ちの人は、発作が起こっていないときでも
気管支にある程度の炎症が起こっていて、
これが何らかの刺激によって悪化すると、
息苦しい発作が起こった状態になるのです。

発作の引き金はたくさんあり、
ダニやハウスダスト、化学物質、冷たい空気、
煙草の煙などの外的要因や、激しい運動、ストレス、
食物や薬のアレルギー、お酒などの身体の内側から来るものまで実に様々です。

喘息を放っておくとチアノーゼが起こる

喘息の発作は、
軽いものなら安静にしていれば楽になることもありますが、
重度だと放っておくだけで発作が悪化してしまいます。

喘息が悪化すると、どんどん気管支が狭くなり、
息を上手に吸うことができなくなります。
その状態が長時間続くとチアノーゼという症状を起こします。

チアノーゼとは、血中の酸素濃度が低くなって起こる症状で、
顔色や唇が青白くなり、意識が薄れたり、めまいが起こります。

これをこのまま放っておくと、
脳に酸素が十分に届かなくなり、命に危険が及ぶことになります。

身近な人が喘息発作によるチアノーゼを起こしていたら、
すぐに最寄りの病院に連れて行くか、
状況によっては救急車を呼んでください。


↑こちらの方のように、喘息持ちの人は、
周囲に迷惑をかけまいと発作を我慢する傾向があります。

でも、大変なことになるまで黙っている方が、
周りに負担をかけてしまいます。
患者本人も、発作がつらい時は我慢しない勇気を持ちましょう。

喘息についてはこちらの記事もご参考に♪

発作が起きた時の応急処置

チアノーゼが起こってしまうと、
病院に行くか、病院で処方された薬を使うかしなければ処置は不可能になります。

できれば、チアノーゼが起こる前に、
症状を悪化させないようにしましょう。

本来、喘息で定期通院をしている人は、
必ず発作を鎮める携帯用吸入器を持ち歩いているものですが、
もしもそれを忘れてしまった場合に活用できる方法です。

まず、発作を起こしている時に横になるのはNG
寝てしまうと、却って呼吸が大変になります。

この場合は、深く腰掛けられる、
背もたれのある椅子に座りましょう。

座ってする呼吸を起座呼吸と言って、
喘息患者には楽な呼吸法とされています。

そして、コーヒーやお茶など、
カフェインが含まれた飲み物をゆっくり飲みましょう。

冷たいものは刺激となるので、温かいものが良いですね。
カフェインには気管を拡げる作用があるため、
一時的にですが呼吸が楽になります。

でも、これはあくまで応急処置です。
ちょっと発作が楽になったくらいで安心しては危険なので、
ぶり返す前に病院に行くことをおすすめします。

また、家族が喘息の場合には
吸入器を設置することも大きな予防法となります。

参照:楽天市場
お値段は少々お高くなりますが、
喘息の本人からするととても支えになるアイテムとなります。
本人と相談してご検討くださいね(*^^*)
家庭用スタンダード吸入器のお求めはこちら

まとめ

2016-11-16c

喘息の恐ろしさや、応急処置法についてご説明しました。

喘息は、大人になる過程で治らなければ、
一生付き合わなければいけない病気とも言われています。

ですが、昔に比べると、今では薬も進歩し、
発作が起きる前にコントロールできるようになったため、
かなり楽に過ごせるようになったものだと思います。

実は、これを書いている私も
子供の頃から喘息に苦しんできた一人で、
当時は発作をコントロールする薬どころか、
発作を鎮める携帯用の吸入器もありませんでした。

そんな時代を過ごしてきた人間の目から見れば、
現代はかなり喘息持ちが生活しやすく変化してきています。

ですから、これから医療が進歩すれば、
喘息を完治させる方法も発見されるかもしれません。
そんな希望を忘れずに、頑張りましょうね。