溶連菌感染症について 一般的に、成人よりも子どもに起こりやすい溶連菌感染症ですが、
その症状は子どもにはつらいものです。

実は溶連菌感染症はそんなに怖い病気ではないのですが、
親からすると 子どもが苦しんでいる姿を見るのは自分がなるよりつらいですね。

しかも皮膚表面に出る 発疹は跡も心配です。

今回は、この溶連菌感染症の発疹についてご紹介しますので、
実際に発症しても慌てず、落ち着いて対処できるようにしましょう!

溶連菌感染症の原因・起こり

lgf01a201310021600

そもそも溶連菌とは?

まず、溶連菌とは「溶血性連鎖球菌」という名称の細菌です。

この最近は、もともと保有 している人(保菌者)とそうでない人がいるため、
学校などの検査では保菌者の子どもは 常に陽性で引っかかってしまったりします。

それでも、まったく溶連菌感染症にならず元 気いっぱいの子どももいます。
つまり、溶連菌自体は必ずしも悪いものではないんですね。

どうやって溶連菌感染症が起きるの?

溶連菌をもともと持っている場合、免疫力の低下などで発症しまうことがありますし、
溶連菌を持っていなくても、唾液の飛沫感染等で容易に伝染してしまいますので、
誰にでも起こる可能性があります。

大人より免疫力が弱く、他人との接触の多い、子どもに起こりやすいのが特徴です。

溶連菌感染症の症状は?

溶連菌感染症の症状は、のどの痛みと 38 度以上の高熱、
舌がブツブツに腫れるイチゴ舌に なったり、皮膚に発疹が現れます。

この熱や発疹が主な特徴ですが、特に発疹にはかゆみ も伴いますし
掻いて悪化することもあるので、注意が必要です。

溶連菌の大人の症状についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

溶連菌感染症の対策・対処

lgf01a201307140600

溶連菌感染症かなと思ったら

風邪とよく似た症状の溶連菌感染症ですが、
喉が通常の風邪の時よりも真っ赤に腫れてい たり、
発疹が出ていたらまず溶連菌感染症と疑ってすぐに病院へ行きましょう。
病院では 喉の粘膜の検査ですぐに診断できます。

発疹の種類

溶連菌感染症が発症すると、顔の皮膚に発疹が出ることがあります。
発疹の種類としては、

  • 額や頬に紅斑(皮膚が広い範囲で赤くなること)がでる
  • にきびのようなブツブツが額や頬、耳のそばに集中してでる
  • 全体的に皮膚がカサカサする

などが挙げられます。これは身体にももちろん起きることがあります。
これらにはかゆみを伴うこともあります。

発疹の痒みを止めるには

かゆみを伴う発疹は、ひどい時には寝ることもできなくなったりして、
ものすごく不快で つらいですね。

でも、かゆいからと言って自己判断でお薬を塗るのは危険です。
市販の薬 の成分によって効くものと、症状を悪化させてしまうものがあるからです。

また、溶連菌 感染症による発疹のかゆみには
お医者さんから処方される飲み薬が効きますので、
必ずお 医者さんに行き指示に従いましょう。

それでもかゆみが止まらない!

通常、お医者さんで処方されたお薬を指示通り飲むことで
かゆみや発疹自体もおさまるはずですが、数日たっても発疹がひかない場合は、
薬が合っていないか、別のアレルギー反応が出ているかもしれません。
そんな時もやはりすぐにお医者さんに相談しましょう。

皮膚がポロポロはがれる!

お薬を服用して発疹がおさまると、その場所の皮膚がポロポロ剥がれることがあります。

これは感染症が治っていく過程で起きることですので、心配無用です。
無理に剥がさずに 自然に剥がれるようにしましょう。

溶連菌の症状がおさまり、肌のカサカサだけが少し気になる場合は
ワセリンなどで優しく保湿してあげてください。

こちらは比較的どこのドラッグストアでも置いてありますし
量も多いのでボディクリームやリップクリームとしても使えて万能です。

こちらの記事もヴァセリンの効果について詳しく説明しています。

まとめ

今回は、溶連菌感染症で起きる発疹についてまとめました。

やはり、発疹など目に見える 形での身体の異常は焦りますよね。
でも、溶連菌感染症は誰にでも起きる可能性がある病気で、
薬の服用さえしっかりしておけばすぐにおさまることががわかっていれば安心ですね。

ただ、再発したり、発疹が悪化して跡になったりしないようにも、
自己判断で対処しようとせず、必ずお医者さんに診てもらうようにして、
必ず指示通りにきちんとお薬を服用するようにしましょう。
そうすることで、怖い病気ではなくなります