小さなお子さんを持っていると、伝染性の病気に悩まされます。
幼稚園や保育園、小学校で、誰かが罹るとあっという間に伝染していきます。

ですが、一度掛かると二度と掛からない病気の多くは、
小さい子供の内に罹っておく方が、症状も軽くて済みます。

今回は、良く似た症状で「どっちなの?」とつい悩んでしまう
水疱瘡溶連菌について説明します。

水疱瘡とは

2015-04-16-2b

水疱瘡ウイルスによる感染が原因で罹ります。
潜伏期間2~3週間で、水疱瘡ウイルスは水泡の中に居るのですが、
直接の接触が無くても、飛沫感染(空気感染)する、非常に強い感染力があるウイルスです。

兄弟が居る場合は、100%近く感染すると言われていますので、
お子さんの一人が感染したら他のお子さんも感染すると覚悟して、準備をしておくと良いです。

症状

虫さされの様な赤い発疹が出来て、
その後発疹の中心部に水泡が出来ます。
水泡は始めは透明ですが、徐々に濁ってきて、最期はかさぶたになります。

頭や口の中にも水泡が出来ますので、きちんとチェックして上げて下さい。
水泡の出始めから数日は発熱しますが、発熱しない事もあります。

水泡を掻くと化膿して跡が残る事がありますので、
病院で処方されたかゆみどめ等で、
出来るだけ痒みのコントロールを行う必要があります。

※極稀に肺炎や脳炎を併発することがあります。
おかしいと感じたら、すぐに病院に行って下さい。

治療

水泡の乾きを早める塗り薬痒み止めを使います。

また、水疱瘡は自然に治る病気ですので、
軽症でしたら解熱剤や痒み止めなどの対処治療のみと云う場合もありますが、
発疹の数が多く高熱を伴い重症化しそうな場合は、
早めに水疱瘡ウイルスの増殖を抑える抗ウイルス剤を服薬します。

予防

水疱瘡ワクチンを接種することで予防することが出来ます。
もし水疱瘡に罹ったとしても、軽症で済みます。

大人になってから、水疱瘡に罹ると重症化してしましますので、
子供の内に水疱瘡ワクチンの接種は済ませておくと良いでしょう。

家庭での注意点

痒いので、掻き毟ってしまうと
化膿して跡が残ってしまう可能性があります。
爪は短く切って、出来るだけ掻かないように気を付けます。

発疹が全てかさぶたになるまでは、
学校や幼稚園などは休まないといけません。
入浴は熱がなければOKですが、
強くこすると水泡が破れてしまいますので気を付けて下さい。

水疱瘡についてはこちらの記事もご参考に♪

溶連菌とは

A群β溶血性連鎖球菌(溶連菌)による、細菌感染で起こる感染症です。
昔は猩紅熱(しょうこうねつ)と呼ばれていましたので、
年配の方には猩紅熱の方が分かりやすいかも知れません。

症状

潜伏期間は2~7日で、主な症状は発熱のどの痛みです。
腹痛嘔吐が見られる事もあり、
その後、全身に小さな赤い発疹が広がっていきます。

発疹は4~5日で薄れてきて、
フケのように皮が細かく剥けたり、指先が膜状に剥けます。
また、喉が赤くなるだけで発疹が出ない事もあります。

※発症後数週間から一ヶ月後に急性腎炎を起こす事があります。
尿が赤くなったり、むくみや倦怠感、嘔吐、頭痛等の症状を訴えるようなら、
急性腎炎の可能性がありますので、病院に連れて行って下さい。

治療

溶連菌に効く抗生物質を飲みます。
薬を飲んだ翌日には、殆どの場合熱が下がり、他の症状も軽くなります。

感染期間は2~3日ですが、きちんと殺菌する為に10日間ほど治療を続けます。
学校や幼稚園には、抗生物質を服薬後3日は様子を見た後に行けるようになります。

兄弟間での感染は5%程度ですが、
成人も感染する可能性がありますので、気を付けて看病に当たって下さい。

こちらの記事でも溶連菌について詳しく説明しています。

予防

まずは手洗いうがいを怠らないこと。

手洗いうがいに加えて、消毒もすると良いでしょう。
こまめに殺菌することで、徹底して予防しましょう。


水疱瘡と溶連菌を立て続けに引き起こしてしまったり
同時に症状がでてきてしまったり、誤診される場合もあるのですね(*_*)
できるだけ徹底して予防すべき感染症です!

まとめ

2015-04-16-2c

子供が病気で苦しむ姿を見るのは、親にとってはとても辛く心配です。
思わず、病気にならないようにしたいと思ってしまいますが、
子供の内に済ませておけば、症状も軽く済みます。

今は、予防ワクチンを打つことで、
発症しても極軽い症状で済ませられます。
とはいえ、どのような病気でも、極稀に重症化してしまう事があります。

子供の状態を注意深く見守って、
少しでもおかしいと感じたら、勇気を出して病院で診て貰いましょう。