つわりには色々なタイプがありますが、
大半の人が苦労するのが食べ物に関するつわりです。

特に吐きつわりと呼ばれる食べ物の匂いを嗅いだだけで
吐き気が込み上げてくるというつわりがとても辛いと言われています。

このような状態だと
ほとんど何も口に出来なくなってしまって体調が心配になりますね。

吐きつわりでも人によって食べられる物と食べられない物があり、
食べられる物でも他の何かと合わせる事によって
食べられなくなってしまう食べ合わせという物もあります。

この吐きつわりの時期を乗り越えるには
食べられる物を選り分ける事が大切になって来ます。

つわりとは?

2015-08-12b

つわりは主に妊娠の初期段階に現れる症状で、
はっきりとした原因は不明ですが、
ホルモンバランスの急激な変化に伴う物ではないかと言われています。

多くの場合、それは食べ物の匂いを嗅ぐと
気持ち悪くなって吐いてしまったり逆に何かをたまらなく食べたくなったり、
今まで気にならなかった匂いが酷く気になったりと
そのような症状として現れますが、個々人によって現れ方は様々です。

お腹に赤ちゃんがいるのだから
無理をしてでも食べなければと思って食べると
逆に吐いて消耗する場合もあるので出来る限り無理をせずに
体の欲求に従う方が良いとされています。

食べられる物を見付けたら
栄養バランス的に偏っていてもそれを食べるようにした方が良いでしょう。

もし全然食べられないようなら、
最低でも経口補水液などの水分補給を怠らないようにしてください。

参照:http://item.rakuten.co.jp/

食べ物を摂取していない場合は、
1日に2L程の水分を補給する必要があります。
経口補水液の詳細はこちら

食べ合わせとは

つわりの際の食べ合わせとは
本来食べられる物でも他の何かを合わせる事によって
食べられない物になってしまう事です。

簡単な話ではマヨネーズが食べられなくなって
マヨネーズを使ったサラダまで食べられなくなるという状態です。

この場合マヨネーズが駄目なだけなので
サラダ自体は他のドレッシングなりを使えば食べられる可能性があります。

このように吐きつわりの場合は、
食べられる物と食べられない物を選り分けて
食べられる物を出来るだけ多く見つける事が大切となります。

妊娠中に普段より多くの栄養が必要な事は間違いない事なので、
やはり出来るだけ食べ物を食べるようにした方が良いのは間違いないからです。

無理をする必要はありませんが、
選択肢は多いに越したことはありません。

また、匂いだけが駄目という場合には
思い切って鼻を摘んで食べてみてはどうでしょうか。

食べつわり

吐きつわりと同じように
つわりの症状として特徴的な物に食べつわりという物があります。

これは何かを口にしていないと吐き気がするという物で、
吐きつわりとは逆に食べ過ぎる事となってしまいます。

このつわりは特に朝起きた時が辛く、
酷い吐き気に襲われる事になりがちです。

そこで、食べつわりの場合は
常になにか摘めるちょっとした物を用意しておきましょう。

但し、このつわりで怖いのは妊娠中毒症です。
食べるのはなるだけ糖分の含まれていない物、
炭水化物ではない物が良いと思われます。

例えば砂糖やバターを入れずにおからクッキーを焼くとか
アーモンドなどの豆類を摘むようにするとか
料理の得意なお母さんの知恵の見せ所ですね。

砂糖を使っていないドライフルーツなども良いかもしれません。

関連記事
大麦グラノーラのレシピをご紹介♪おいしくカラダの中からキレイに!

つわりの時の人気食品

2015-08-12c

つわりの時に今まで好きでもなかった物が大好物になったり、
逆に大好きだった物が食べられなくなったりと、
食事の好みが変わる事は良く聞く事ですが、
これらの好き嫌いに方向性はあるのでしょうか?

ちょっとつわりの時に人気がある食べ物をまとめてみました。
つわりの時の食べ物で一番人気がトマトです。

冷たくてほんのりと甘くて酸っぱさもある人気があるのも分かる気がします。
昔はつわりの時にはうめぼしが人気があったようです。

案外と体に足りない物を補給しようとしているのかもしれません。
他には果物類が人気です。

これも冷たいちょっと甘いなどの共通点がありますね。
いちごなどは妊婦に必要な葉酸を含んでいるので
どんどん食べた方が良い食品です。

桃やスイカなども人気があるようなので
水分が多く甘い物が欲しくなるという事なのかもしれません。

ともあれ、つわりの時は無理をしない事、水分補給をしっかりする事、
この2点に注意してなんとかやりすごす事が大切です。