頭皮湿疹とは、その文字の通り、
頭皮に湿疹、皮膚炎が発症して、かゆみや赤みが生じることです。

原因はいろいろあり、過度なシャンプーによる頭皮の乾燥だったり、
あるいは頭皮の皮脂が多すぎて湿疹になったりと様々です。

この頭皮湿疹にかかると、頭皮が痒くなって掻きむしったり、ふけが多くなったりします。
早めに治療したいですよね。

けれど、この頭皮湿疹をはじめとした「湿疹」の原因が、内臓にあるかもしれません。

頭皮湿疹の種類

頭皮湿疹には様々な種類があります。
1つは「脂漏性皮膚炎」といって、
皮脂分泌が活発なことが原因で、皮脂にマラセチアという菌が繁殖して、
その代謝物が毛穴に詰まったり、炎症を引き起こす原因になります。

簡単に言ってしまえば、皮脂が脂ぎってしまったことが原因で起きる頭皮湿疹です。


また、その逆に過度なシャンプーや整髪料の使用で起こる肌の乾燥によって、
肌を守るバリアが少なくなってしまい、
頭皮を刺激から守れなくなって湿疹になってしまう、皮脂欠乏性皮膚炎というのもあります。

他にも、アレルギー反応が原因で起こるアトピー性皮膚炎も挙げられます。

こうして見てみると、頭皮湿疹とは皮膚炎・皮膚病の一種に分類されます。
そして、かゆみも伴うことから、この頭皮湿疹に手を焼いている人も多いようです。


https://twitter.com/sayu711/status/852097828050542593

その皮膚炎、デルマドロームかも??

デルマドローム」聞き慣れない呼び名ですが、
これは皮膚以外の内臓疾患に由来する皮膚病のことです。

例えば肝臓や腎臓が悪い時、その兆候が皮膚病のように現れます。
これが頭皮に出来ると、頭皮湿疹のような症状になります。

内臓が原因で皮膚病になった場合、普通の皮膚病の治療が効きません。
根本的に、内臓疾患を治さなくては、皮膚病も治らないのです。

もしも、スキンケアや抗ヒスタミン剤などが効かない
厄介なかゆみがあるときは、内臓疾患や悪性腫瘍を考える必要があります

そんなときは症状を我慢せず、迷わず病院へ行って相談してください。
経験のある皮膚科の先生なら、この「デルマドローム」を見抜くことが出来るようです。

頭皮湿疹の治療方法・ケア方法

頭皮湿疹になってしまった場合、一番に考えなくてはいけないことは、頭皮の炎症を止めることです。

炎症を抑えるのに効果があると言われているのが、副腎皮膚ホルモン剤です。
自己判断をせず皮膚科へ行って、炎症を抑えて貰って下さい。

それと、頭皮湿疹の予防に欠かせない事は正しい頭皮ケアの方法を知ることです。

まず、髪の毛は洗いすぎないこと。
洗いすぎると、逆に頭皮の皮脂が活性化してしまいます。
頭皮湿疹だから、ふけが大量に出てしまうから、清潔にしないと…
といって洗いすぎるのは逆効果になってしまいます。

概ね、頭を洗うのは1日1回にして下さい。

また、シャンプーが合わなくて炎症を起こしている場合があります。
シャンプーを変えててはいかがでしょうか?

そして、髪を洗うときは、熱いお湯でシャワーしないようにして下さい。
汚れを取るにはお湯が一番いい、と言われていますが、熱ければ良いという訳ではありません。

熱すぎると、頭皮が火傷になってしまったり、炎症がひどくなったりもします。

そして、ストレスをため込まずにリフレッシュしてしっかりと睡眠をとり、身体を休めて下さい。
生活習慣が乱れてしまうと、頭皮にも悪い影響を与えてしまいます。

また、日頃の食生活を良く見直してみて下さい。
脂っこいものが多い食生活をしていると、皮脂が多くなってしまいます。
バランスの良い食生活を心がけて下さい。

頭皮湿疹についてはこちらの記事もご参考に!

頭皮に直接塗れるものってあるの?

さて、頭皮に直接塗れる軟膏ってあるのでしょうか…
軟膏といえば、どこの家庭にもあると思われるオロナインを真っ先に思い出します。

オロナインが効くかどうかは、その頭皮湿疹の質にもよります。
オロナインには保湿効果があり、かゆみを抑える働きがあるので、
乾燥が原因で起きた皮脂欠乏性皮膚なら、オロナインは高い効果を発揮します。

また、皮脂が多すぎて発症した「脂漏性皮膚炎」にはあまり効果がありません。
オロナインの成分にはオリーブ油が使用されています。
脂漏性皮膚炎は、頭皮の皮脂や汚れによって菌が増殖して発症する頭皮湿疹ですので、
脂っこくなっている皮脂に、さらに油の入った軟膏をつけるのは逆効果になってしまいます。

また、市販品のハンドクリームとして広く出回っているニベアはどうでしょう?
ニベアは頭皮に効く…という効能書きはありませんが、口コミを見てみると


など、良い口コミもありましたが、リスクがあります。
それは、ニベアの成分です。

ニベアの成分には、天然成分だけでなく、合成成分もたくさん使われています
それが毛穴に詰まったら、頭皮湿疹がもっと悪化してしまいますし、髪の発育も損ないます

オロナインもニベアも、メーカー側が頭皮に使うことを推奨していません。
使うとしたら、一時的な応急処置程度にとどめて長期に使用しないことをお勧めします。

シャンプーにも気をつけて!

シャンプーって頭皮はもちろん、顔や体の皮膚にもつくのでお肌に優しいものを使いたいですよね。
私も湿疹がひどく、シャンプーを変えてみたら症状がおさまったことがあります。

毎日使うものだからこそ気を使いたい!
そんなあなたにおすすめのシャンプーはこちら★

100%天然成分でできているハーブガーデン。
38種類の天然成分からできており、もちろんノンシリコンです。

界面活性剤防腐剤など心配な成分も無添加です。
最近のシャンプーって匂いもきつく、合成香料などもお肌に良くないですよね。
そちらも入っていないので安心して使えます(*^^*)

東京大学博士と共同開発し、頭皮と髪に優しい洗浄剤だけをしようしています。
成分にとことんこだわったシャンプーで頭皮をいたわってあげましょう!

まとめ

頭皮湿疹ってつらいですよね。掻きむしって、余計に悪化させてしまったり、
フケがたくさん出て不潔に見えたり……
けれど、正しい対処と日頃のケアで頭皮湿疹は治りますし、予防も出来ます。

頭皮湿疹になっている方は対処方法と日頃のケアで、一日も早く良くなってください。