市販されている皮膚の治療薬の一つレスタミンコーワ
虫さされ以外にも、色んな皮膚疾患にも使えるから便利との話もあります。

とびひにも有効との事ですが、実際はどうなのでしょうか?

とびひって、どんな病気

2015-07-02b

とびひとは伝染性の皮膚病の一種です。
正式な病名を伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)と言います。

皮膚に細菌が感染することでおこる皮膚病で、
伝染性と病名に付くように人に移る病気です。

痒みがある為に、皮膚を掻きむしると水泡(水ぶくれ)や
ただれがあっと言う間に全身に広がります。

その様子が、火事で火の粉が飛び散り、
飛火する様子に似ていることから「とびひ」と呼ばれるようになりました。

主に夏季に0~6歳児までの乳幼児が掛かりやすい病気ですが、
季節・年齢に無く伝染する病気ですので、大人でも注意が必要です。

とびひの原因

とびひは皮膚に細菌が感染しておこる病気ですが、
どのように感染して、どのような細菌に感染するのかを説明します。

とびひは虫さされなどで痒みを感じた場所をかいたり、
小さな怪我で出来た皮膚の傷から細菌が入り込んで、
感染することで起こる病気です。

とびひの原因となる細菌は二種類で
黄色ブドウ球菌化膿レンサ球菌です。

黄色ブドウ球菌は、
健康な人間の皮膚や鼻の中に普段から居る常在菌です。

この常在菌である黄色ブドウ球菌が皮膚の傷口から入り込み、
繁殖する際に毒素を出します。

この毒素がとびひの原因となります。
とびひの多くは、この黄色ブドウ球菌が原因です。

とびひの原因となるもう一つの細菌である化膿レンサ球菌も、
健康な人の皮膚や鼻の中などに普段から居る「常在菌」です。

黄色ブドウ球菌と同じように皮膚の傷口から入り、とびひを発症させます。

とびひについてはこちらの記事でも詳しく説明しています。

 とびひの種類~二種類のとびひ~

とびひは水ぶくれになる水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)と、
かさぶたが出来る痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)の二種類があります。

水疱性膿痂疹は、黄色ブドウ球菌が原因で起こるとびひです。
皮膚に水ぶくれができ、その水ぶくれが徐々にを持つようになります。

やがて水ぶくれがが破れて皮膚がただれます。
痒みがある為に掻いた手などで、体を触ると症状が広がっていきます。


参照:楽天市場

どうしても掻いたり触ったりしてしまう場合や、
広がりを防ぐために、ガーゼで患部を保護してあげましょう。
通気性が良く、水泡から出た液体も吸収してくれるそうです。
プラスモイストDCの詳細はこちら

痂皮性膿痂疹は、皮膚の一部に膿を持った水ぶくれである
膿疱(のうほう)ができて、厚いかさぶたになります。

強い炎症を起こして、リンパ節が腫れたり、
発熱や喉の痛み等の症状を伴います。

主に化膿レンサ球菌が原因ですが、
黄色ドウ球菌も同時に感染しているケースが多いです。

黄色ブドウ球菌による感染者のほとんどは6歳児以下の乳幼児ですが、
化膿レンサ球菌によって起こる痂皮性膿痂疹は
季節・年齢関係なく感染する為に、大人でも注意が必要です。

簡潔でわかりやすく、とびひについて説明している動画がありましたので
参考にしてみてくださいね。

こちらの記事もご参考に(*^^*)

とびひの治療ー注意点

とびひの主な治療方法は、
痒みや炎症を抑えて患部を保護する対症療法の為の薬と
原因となる細菌に直接作用する薬(抗菌薬)の二種類です。

とびひに罹り始めの時に、市販の皮膚薬で対処をしようとして、
効果が無く症状が酷くなってから病院に(子供を)連れていく親がいます。

市販の薬でも、効果がある場合も時にはありますが、
市販薬は病院で処方されている薬に比べ効果が弱い物が多い為に、
十分な効果が望めない事が多いです。

とびひに効果があると言われるレスタミンも、
市販の物は病院で処方される高レスタミンよりも
薬効が低い為に十分な効果が望めない場合が多くあります。

また、とびひに関わらず、
皮膚関連の病気の薬の効果や効用は個人差がある為に、
この薬なら誰でも効くと云う薬があるとは限りません。

とびひに効果があると言われる高レスタミンでも、
人によっては、効果が出ない場合も多々あります。

その際は、医師に薬の効果が出ない旨を伝えて、
薬の変更をして貰う必要があります。

症状の改善が見られないにも関わらず、
薬の変更を行わない場合は重いっ切って病院を変える事も必要です。

まとめ

2015-07-02c

効果の薄い市販薬では、病気の改善や完治が出来ないばかりか、
悪化させてしまう事もあります。

症状が重くなると、入院しなくてはならなくなる場合もあります。
また、とびひは伝染性の病気ですので、周囲の人間にもうつります。

皮膚科は、患者が多く待ち時間が長い為に敬遠したくなりますが、
早めに病院に行く事が治療の一番の近道でもあります。

とびひにかかるのは、多くは6歳以下の小さな子供です。
痒み等の症状で、子供が苦しむ期間を出来るだけ短くしてあげたいものです。