とびひは通常皮膚に発生する病気ですが、
菌の感染によって起こる感染症なので
菌がに入って炎症を起こす場合もあります。

そんな時に、とびひの治療の続きで皮膚科に行けば良いか
それとも目が悪いのだから眼科に行くべきか迷うのではないでしょうか?

基本的には眼科で大丈夫です。
原因が分かっているのなら
それをお医者さんに告げれば適切な対処をしてくれるでしょう。

但し、目ではなく、まぶたや目の周りの皮膚が腫れている状態なら
皮膚科でも大丈夫でしょう。

しかし目が充血しているのなら迷わず眼科へ行ってください。

とびひとは

2015-08-06b

とびひは皮膚の感染症です。
主に高温多湿の時期である梅雨から夏に掛けて
皮膚が弱い子供に発生する事が多いようです。

とびひを起こす菌は普段は危険のない常在菌、
つまり常に人の体に付着している菌なのですが、
傷口や皮膚の弱っている所に感染する事で増殖を始め化膿や炎症を起こします。

そこを触れた手で他の場所を触るとその触った場所でも発症してしまい、
水疱やかさぶたが全身に広がってしまいます。

この病気は他人にも伝染するので注意が必要です。
感染は主に菌が爪などに入り込んだ状態で
傷口や皮膚に触れる事で発生するので
普段から手洗いや爪切りをきちんと行う事である程度予防する事が出来ます。

症状が発生してしまった場合には速やかに病院で治療を受けましょう。
この時、抗菌治療は必ずお医者さんの指示に従ってください。

とびひで目が炎症を起こす?

とびひの菌が目に入ってしまうと
アレルギー反応で炎症が発生する事があります。

また炎症が発生するとそこから菌が増殖する場合があるので危険です。
早めに治療を受けましょう。

子供はよく目をこするので手に菌が付いている場合には
目に感染する危険は大きくなります。


参照:楽天市場

とびひが発生したら患部をガーゼを覆って触れないようにして、
爪を切って手洗いを頻繁に行うようにすると
目や他の所にとびひが飛ぶ事を避けられます。

とびひが広がって、それが痒くなってかきむしって化膿して
さらに炎症を起こし、かきむしったせいで手に付いた菌が更に増殖する
という悪循環が発生するのを防ぎましょう。
プラスモイストDCの詳細はこちら

とびひが目に感染してしまった場合に
眼科へ行くのが良い理由は目の治療用の点眼薬などは
眼科で処方してもらわないといけないからです。

皮膚科と両方になるのは大変ですが、
眼科でも目の周りなどの皮膚用の治療薬が出るので
あまり広がっていないとびひなら眼科だけで済む事もあります。

関連記事
とびひにレスタミンってお勧めなの?
とびひ応急処置の重要性と処置の仕方とは?
とびひにキズパワーパッドはダメ!悪化させてしまいます!

とびひにならない為に

まず、とびひにならない為にはどうしたら良いのでしょうか。
とびひの原因菌となるのは、主に黄色ブドウ球菌と化膿レンサ球菌です。

これらの菌は皮膚の上や鼻の粘膜などにいるので防ぎようもありません。
ただ、これらの菌は健康な皮膚には悪さをしません。

怪我をしたり、アトピーになっていたり、蚊にさされたりと、
肌の状態が悪化した場合に感染する事があります。

これを避けるには
体を清潔に保っておく事、爪は常に短くしておく事、
あまり鼻いじりをしないようにさせる事、などの方法があります。

特に高温多湿の時期に肌を清潔に保つのは大切です。
菌が増殖しやすいと共に体の機能が落ちていたり、
逆に免疫機能が過敏になっていたりします。

子供の肌が荒れないようにお手入れをしてあげてください。
保湿効果のあるクリームやパウダーなどが効果的でしょう。

菌との共生

2015-08-06c

好むと好まざるとに関わらず、私達は菌類に囲まれて生活しています。
私達の体はこれらの菌から体を守る為に
皮膚バリアや免疫機能などの様々な仕組みを持っています。

しかし、それでも体が弱ってしまうと
たちまち菌が害をなすようになってしまうのです。

菌の多くは増殖する時に毒を出すのでそのせいで体を侵されてしまいます。
常在菌だからと侮ってはいけません、
中には増殖を始めると体の奥に入り込み体の組織を崩壊させてしまう
恐ろしい人食いバクテリアもいるのです。

実はこの人食いバクテリアと呼ばれる菌は
このとびひの原因菌の1つである化膿レンサ球菌の1種なのです。

私達はこの菌達に出来るだけ隙を見せないようにしなければなりません。
その為には出来るだけ体に悪い影響を与えない物を選ぶようにしてください。

特に子供の頃の肌はまだ弱いので
お風呂の時も石鹸を泡立てて手で洗うなどちょっとした工夫が大切です。

洋服なども化学繊維で肌が赤くなるような子供もいます。
ちょっとした事ですが、日頃から注意をしておく事が大切なのです。