美容に!健康に!若返りに!ダイエットに!筋トレに!

美と健康に高いアンテナをお持ちのアナタは糖質制限に興味があるのでは?
実際に、お菓子や炭水化物を制限して
低糖質生活を実践されているのではないでしょうか。

しかし!

お菓子や炭水化物を減らしているのに痩せない・・・
大好きなお米やお菓子の誘惑に必死に耐えているのになぜ!?・゚・(ノД`)・゚・。

・・・と結果に繋がらないと凹みますよね。

今日は低糖質ダイエットの正しいメカニズムと、
糖質制限をしていても痩せなかった原因を一緒に解明していきたいと思います。

正しい糖質制限の方法を理解し実践出来れば、
あなたはスマートなプロポーションを手にすることが出来るのみならず、
健康でイキイキとした毎日を過ごせることでしょう♪

糖質を摂ると太る訳

2015-02-04b (2)

糖質をたくさん摂るとなぜ太るのか?
その秘密はインスリンにあります。
インスリンとは、血中の血糖値を一定に保つ働きをするホルモンで、
その分泌によりあなたの血糖値は一定の水準に保たれています。

しかし、血糖値が上がり血液中のブドウ糖が増えすぎると
インスリンの働きで過剰なブドウ糖は血管の外へと追い出され、
細胞に吸収されてしまいます。

細胞に吸収された糖質の一部は脂肪となり蓄積され、それが皮下脂肪となるのです。

  1. 糖質を摂取する

  2. 血糖値が上がる

  3. インスリンが分泌される

  4. ブドウ糖が脂肪に変換される

このサイクルこそが、糖質を摂ると脂肪を蓄えてしまう理由なのです。

インスリン…恐るべし!!

低糖質ダイエットとは?

主食となる炭水化物、甘いお菓子、果物など
糖質の多い食物の摂取を減らして
肉や魚、野菜などタンパク質と食物繊維の豊富な食生活に切り替えるダイエット法です。

え!?お肉や魚は脂肪分が多いじゃないか!
そんなものを沢山食べたら太るに決まっている!
脂質=太る!悪い奴だ(`A´)!
・・・そうお考えではないでしょうか。

しかし!
実はタンパク質や脂質はインスリンが分泌されにくく、
カロリーの高さに反して脂肪に変換されにくい栄養素なのです。

さらに、タンパク質や脂質は満腹感が得られやすく
エネルギーに変換され消費されやすいので体に蓄積されにくいといえます。
エネルギーが消費されやすい=基礎代謝が上がる
と考えて下さい。

エネルギーとして消費されてしまえば
脂肪として蓄積されることはありませんよね。

つまり、低糖質ダイエットメリット

  1. インスリンの働きを抑えるので皮下脂肪がつくられにくい
  2. 満腹感が得られやすい
  3. エネルギー消費の効率が上がる

以上の三つになります。
効率的にエネルギーを使えてお腹いっぱい食べることも出来るなんて素敵ですよね♪

糖質制限については、こちらの記事に詳しく書かれています。

主食や甘いものを減らしているのに痩せませんが?

2015-02-04c

ご飯だってお菓子だって我慢しています!でも痩せません!
そんなアナタ。以下の三つの項目に心当たりはありませんか?

  1. 知らない間に調味料などから大量の糖質を摂取している
  2. 野菜は野菜でも、根菜や甘い野菜を沢山食べている
  3. 日本酒やビールが大好き!

糖質制限というと、ご飯やパンなど‘炭水化物’の摂取を真っ先に制限しますが、
そういったもののほかにも以上の三つの項目に当て嵌っていないか注意しなければなりません。


糖質制限で痩せるかは、体質にもよるし
ただ単に運動なしの食事制限ではダメってこと。
ですが筆者の私は運動嫌いで、糖質制限のみで痩せました(゚O゚)
やっぱり効果は人によるんですよね( ; _ ; )

ケチャップやとんかつソースなどは重量の3分の1ほどが炭水化物ですし、
サラダを食べる時にかけているドレッシングも糖質を多く含むものが有ります。

寒い時期に活躍するだし醤油や鍋の素なども意外に大量の糖質がはいっている事も・・・。

そして、野菜は野菜でも人参や大根などの根菜類・じゃがいもなどの芋類
トマトやカボチャなど甘味の強い野菜は糖質が沢山含まれています。
これらの野菜を食べ過ぎてはいませんか?

最後に!
分かっているつもりでも見逃しがちなお酒に含まれている糖質も見逃せません。
特に曲者なのが日本酒ビール
居酒屋などで良く注文する分量に置き換えてみると、

日本酒一合
185kcal 糖質約6.5g
ビール中ジョッキ
200kcal 糖質約15.5g

お酒の席で皆で楽しく過ごしているうちに1杯、またもう1杯・・・・
あれよあれよと言ってる間にぷにぷにの柔らかボディに(‘ω’;)♪

低糖質な食生活を心がけているつもりでも、
調味料や糖質の多い野菜、そしてお酒など
普段無意識に口にしている糖質にも注目しなければ痩せることは出来ないのです!

まとめ

低糖質生活で痩せるためには、
お菓子や主食である炭水化物を控えるだけではなく、
野菜や調味料、お酒などから摂取している糖質にも注意しなければいけないと言う事をご紹介しました。

無意識に口にしている糖質がインスリンを分泌させ、脂肪を作り出していたのです。

主食やお菓子だけではなく味の濃い調味料や甘味の強い野菜、
お酒などに意識を向けることは、ダイエットだけでは無く健康的な生活にも繋がります。

低糖質生活で美と健康の両立を目指しましょう(´∀`)♪

最近では、このように糖尿病の方でも食べられるような
糖質カットのケーキや糖分の含まれていない甘味料など
糖質制限に役立つ食品が沢山売られているので、
そういった食品を取り入れば味気なく感じる低糖質生活も楽しいものですよ^^