スポーツでケガをした時や炎症が起きた時に、
コールドスプレーを使ってアイシングをすることがありますよね。

このコールドスプレーは、
使い方を間違えると低温やけどを起こす危険性があるのです。

今回は、コールドスプレーでの正しいアイシングの仕方や
注意点についてご説明していきたいと思います。

低温やけどとは

寒くなってくると身体を温めるために、
カイロやこたつ、電気ストーブ、電気毛布
湯たんぽ、電気カーペットなどを使う機会が増えますよね。

しかし、これらの暖房器具は気を付けて使わないと
低温やけどになってしまうことがあります。

低温やけどとは、体温より少しだけ高い温度(44〜60℃程度)のものに
長時間接触することが原因で起こる火傷になります。

普通の火傷と違って、見た目に大きな変化が無く、
痛みもあまりないことから気付かずに放置してしまうこともあるそうです。

ですが、一見軽症に見える低温やけどでも、
皮膚の奥まで熱傷が進んでいるため普通の火傷よりも治りにくく、
皮下組織が壊れてしまうと手術をしなければ
いけなくなったり、感染症を引き起こす可能性もあります。

つまり、放っておくと重症になることがあるので、
すぐに適切な治療が必要になります。

こちらの動画を見ていただくと、よりわかりやすいと思います。

コールドスプレーについて

コールドスプレーは、
ケガをした時の応急処置として行うアイシング(寒冷療法)に使用されます。

アイシングでは、急なケガの炎症を和らげたり、
局所の痛みを軽減することができます。

本来であれば、痛みが麻痺するまでの
長時間冷やすことができる氷を使うのが一番良いのですが、
予期せぬケガですぐに氷を用意できないという場合に
便利なのがコールドスプレーになります。
コールドスプレーの詳細はこちら

コールドスプレーの仕組みには種類があり、
圧縮と噴射によって熱を奪うタイプと
エタノールやメントールなどの成分によって冷却するタイプがあります。

ケガ以外にも日焼けによる痛みを抑えたり、
ねんざや火傷の応急処置に使用したり
熱中症対策などにも使われることがあります。

コールドスプレーでアイシングする時の注意点

誰でも手軽にアイシングができる点が嬉しいコールドスプレーですが
使い方を間違えると非常に危険なものになります。

すぐに冷やしたいからと近づけて噴射したり、
一か所に集中して長く当て続けると
脂肪細胞の少ない皮膚の深部に熱がこもることで、低温やけどを起こしてしまいます。


コールドスプレーは氷などを用意するまでの
一時的な応急処置に使うものであり素早く冷却できますが、
短時間しか効果が期待できないので、
絶対にコールドスプレーだけで冷やそうとしないでください。

また、万が一低温やけどになってしまったら、
普通の火傷と同様に冷やして軟膏を塗ったりせず、
ガーゼなどをして急いで皮膚科を受診しましょう。

雑菌が侵入する恐れがあるので、
水膨れを自分でつぶしたり、アロエや味噌、油を塗るなどの
民間療法は決して行わないでくださいね。

まとめ

2015-12-16c

コールドスプレーでのアイシングで
低温やけどを引き起こすということで
低温やけどについてやその対処法、
コールドスプレーの正しい使い方などを踏まえてご説明してきました。

部活動や趣味でスポーツをしている方は
アイシングをする機会が多いと思いますが、
ここ最近では熱中症対策にもコールドスプレーが使われているので
どんどん身近な存在になってきた分、
扱い方にも気を付けなければいけないということを
これを読んで知っていただけたと思います。

低温やけど以外にも、高温になると破裂する危険があるので、
冬場に使用する際はストーブやファンヒーターなど
温度が40度以上になるところには置かないようにしましょう。

様々な用途で使える便利なコールドスプレーを正しく使って、
低温やけどや凍傷などを起こさないように十分に気を付けてくださいね。