例えば、「今日は雨だから頭が痛い・・・」「今日は晴れているから体調が良い」など、
その日の天候によって体調変化が生じることは皆さんも経験があるかもしれませんね。

理由は雨以外にも様々なものがありますが
低気圧高気圧などの気圧は関係してくるのでしょうか…。

今回は天候と体調の関係性について説明します。

高気圧のときにおこる体調変化にはどんなものがあるの?

2016-04-08b

高気圧の時は気分が良くなるというのが一般的な考え。
これは「晴れていて気分が良いから」という精神的なこともありますが
実際に体調にも変化が起こっているのです。

高気圧に覆われている時というのは、
地上付近に空気が下りてきているということ。
酸素が豊富な状態なので、活動的な気分になってくるのです。

活動的な気分になると、自然と体調もよくなりますよね。
脈も自然と早くなるので気分も高揚します。


皆さん、高気圧による良い体調変化には気付いているようです。

低気圧のときにおこる体調変化にはどんなものがあるの?

低気圧は、雨や台風などのことを指し、
低気圧によって体調を崩してしまう人は多いそうですよ。
とくに梅雨の時期には要注意です!

低気圧が原因で起こってしまう体調の変化について
挙げていくので、皆さんも普段の低気圧のときの体調と比較してみてください。

喘息

喘息はとくに熱帯低気圧(台風)によって引き起こされてしまうそう。


喘息の人は台風を予測できてしまうとか…

吐き気やめまい

めまいについては鼓膜の内側と外側の圧力に差が出てしまうことから引き起こされます。

頭痛

これは気圧の影響で、低気圧が近づくと
副交感神経は活動がゆるくなり、逆に交感神経は活発になります。
このバランスの乱れで自律神経が不安定になることから頭痛を生じてしまうのです。
https://twitter.com/1ove1dj/status/714956529963638784
早めの対策を!

うつ

「うつ」も通常時より低気圧が接近している時の方が
発症しやすいことが分かっています。


眠ってしまう!というのも手かもしれませんね!

うつ症状も出てしまう?!低気圧が原因の気象病に注意

体調を崩してしまいがちな「低気圧」のときの気候。
では、低気圧の体調変化によってかかってしまう病気について専門家は気象病と呼んでいます。

これは、体調の変化以外にもあきらかに疾患だと判断できる物を発症してしまった時にこう呼びます。

例えば

  • 古傷が痛む
  • 関節リウマチ
  • 狭心症
  • 血栓
  • 尿路結石
  • 心筋梗塞
  • 脳出血
  • 鬱病
  • ベーチェット病(難病)

など本当に様々。

身体の疾患だけでなく、心の疾患にもつながりうるので
「気象病」は恐れるべき存在なのかもしれませんね。

低気圧が近づいてきているときに体調を崩しやすいという人は
早めの対策を取るようにしてくださいね。

対策などが分かる動画です。

血行を良くすることが大切なので、
ストレッチをしたりぬるめのお湯に長く浸かることが大切だと言われています。

好きな香りの入浴剤を入れるとリラックス効果もありますし、
長く浸かることによって身体の芯から温まる事ができます。
くれぐれも、浸かっている間にお湯がさめてしまわないように調節しましょう。

まとめ

2016-04-08c

いかがでしたか?
高気圧のときはいつも通り過ごせるのに、
雨が降ったり降りそうなときは決まって体調を崩してしまう・・・

今まで悩んでいた人も、
低気圧によって体調を崩すことはきちんと報告されていて、
認められている事実なのです。

体調を崩してしまうこと以外にも、
だるさや倦怠感など気持ちの面で変化が起こることもあります。

そして、少しの体調変化が悪化してしまうと
「気象病」となって様々な疾患をもたらしてしまうこともあるので、とても怖いですよね。

もし、低気圧が近づいてくるたびに体調を崩してしまい、
それが悪化しているようなら病院へ行きましょう。

何事も早めの対策を行うことが大切なのです。
多くの人があなたと同じように悩んでいるので
あまり1人で抱え込まないようにしましょうね。