手足口病とは文字通り手足や口に水疱(すいほう)ができる病気です。
子供がかかる病気なのですが、最近は大人にも増えています。

では、大人の場合子供の手足口病とどう違うのでしょうか?
対策は変わってくるでしょうか?

仕事がある大人の場合、どれくらい休んだらいいかも気になりますよね。
そもそも大人の手足口病ってどんな病気かなってところから始めたいと思います。

手足口病の大人の症状は?

2016-09-12b

なんといっても一番の特徴は高熱です。
子供だと38℃くらいまでしか上がりませんが
(それも高いと思ったあなた、私も同意見です)
大人だとなんと40℃近くにまで上がってしまうのです。

それから頭痛や筋肉痛、悪寒、下痢などもみられます。

しかし、インフルエンザを疑うことはまずないでしょう。
手足、そして口の中に水疱ができるのが一番の特徴だからです。
中には指先まで水疱が広がって爪がはがれてしまう恐ろしいケースもあります。

こんな動画がありますが、3分弱でだいたいを解説してくれるので分かりやすいです。
個人的には棒読みが気になりますが声が可愛いです(笑)


こんなツイートもありますが分かりやすいですね。

筋肉痛や寒気があるのは手足口病?他に間違いやすい病気は?

確かに筋肉痛や寒気手足口病の一つの症状ではありますが、
そういう症状があるから手足口病かもしれないと思うのは難しいです。

他にも症状があるのはもちろん、医師の診断を受けるのが一番無難な選択肢かと思います。
なぜなら、他にもまぎらわしい病気がたくさんあるからです。

たとえばヘルパンギーナ
ほとんど4歳以下の乳幼児がかかる病気でかなりの高熱が出て、
口内から喉の奥にかけて痛みを伴う水疱や潰瘍ができます。

それからプール熱ですね。
風邪のような症状に加えて目の異常もみられます。
ただ、後遺症は残らない病気ですのでご安心下さい。

名前から分かる通り、この病気もやはり子供が中心にかかる病気です。
他にもあるかもしれませんが、間違えやすい主な病気はこんな感じでしょうか。

大人もうんちの色が変わる?

見分け方の一つとして、大便の色が変わるということがあります。
(思わず眉をひそめたお食事中の方、ごめんなさい。でも大切な話です。)

白っぽい色になるとよく言われますが、黄色や緑色だったりもします。
基本的に下痢なのですが軟便から泥状便となり、粘液や血液を含まない便になります。

3・4日間は下痢が続き、1日で5回から15回くらい便が出るほどです。
徐々に回数が減って形のある便になりますが、
全体的に1週間くらいはかかると思っておいた方がよいでしょう。

他にも便が白っぽくなるのは胆管・胆のうや肝臓・すい臓などの病気・異常の特徴でもあります。
大便の色や形って身体からの大切なサインですから、おやっと思ったら注意してみて下さい。

仕事は休まないといけない?、子供に移さないようにできる対策

仕事は、休まないといけないというよりむしろ休む他ないという感じです。
痛みや水疱が治るまでに10日前後はかかるのですがまず飲食が難しくなり、
歩くのも難しい状態、水に触れると激痛がしますし手足の皮がめくれます。

爪がはがれるおそれもありますからとても仕事どころではないでしょう。
もしそれでも仕事はできる! という強いあなたでも
熱や水疱が周りの人にうつる危険がとてもあるのでそこはムリをしないでぜひ休んで下さい。

それから、お子様がいるあなた、うつしてしまわないかが心配ですよね。
風邪のようなものなので、こまめな手洗いやマスク着用などが効きます。
とにかく他人との接触をなるべく避けて下さいね。

治療方法

では、どんな治療をするか?

残念なことに手足口病のもとから対策するということは現状では困難なのです。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

あくまで、出てきた症状を抑えるための対症療法がメインです。
口の中の水疱にはイソジンうがい薬などを使うことが多いようです。
さらに悪化すると口内炎治療薬も使われます。

イソジンのお求めはこちら

手足の水疱はかゆみが強くなれば炎症を抑えるための抗ヒスタミン薬、
熱が高すぎる場合は解熱鎮痛剤が出されます。

あまりにも脱水症状がひどい場合は点滴をすることもあります。
いずれも市販薬や民間療法が存在しないので、
絶対にとはいえませんが病院で治療を受けることが前提なります。

まとめ

Caucasian woman standing in front of fabric map

手足口病は基本的には子供の病気ですが、油断はできません。
大人だからこそ症状が悪化してしまったり手ごわいとも言えます。

ご飯を食べられないくらいに口の中の水疱ができてしまったり
熱や下痢などで脱水症状になったりすると治す力そのものが落ちてしまいます。

こまめな水分補給と、できる限りでいいので栄養補給を心がけて下さい。
手足口病そのものへアプローチする治療薬は今のところありませんが、
だからといって別に難病というわけではありません。

風邪だって特効薬がなく対症療法でどうにかする病気の一つですし
風邪に比べるとしんどいことは事実ですが油断はせずに、でも着実に治していきましょう。

また、お子様がかかってしまった場合はあなたや家族まで感染しないようにくれぐれも気をつけて下さい。