最近ですと、ヘアシャンプーなど髪の毛のケア製品として使用されているサンフラワーオイルですが、
他にも老化防止や歯のホワイトニングができるなどの嬉しい効果があります。

この記事ではサンフラワーオイルの魅力的な効能デメリット
オリーブオイルなどと比較して優れている点、
どのように生活の中に取り入れていけばいいのかなどを紹介します。

サンフラワーオイルは肌を柔らかくする!

サンフラワーオイルは、キク科のひまわりから摂れるオイルのことです。
成分として代表的なものは、必須脂肪酸とされているオレイン酸リノール酸
ビタミン類(A、D、E)、そしてその他にミネラル類があります。

そんなサンフラワーオイルの効果として最も知られているのは、老化防止作用です。

ヒマワリ油に含まれるビタミンEは、ビタミン類の中でも強い抗酸化力を持つことから若返りのビタミンと呼ばれています。

また肌を柔らかくする作用があるので、
保湿美容液と合わせて使用すれば、浸透力を高めることができるかもしれません。

治りにくいニキビ跡にもよさそうですね。
実際赤ちゃんの肌をサンフラワーオイルで柔らかくすることで
感染症のリスクを下げることができたという研究もあります。

また、口臭予防ホワイトニングにもいいみたいですよ。


一方で、サンフラワーオイル使用のデメリットも紹介します。
サンフラワーオイルは、キク科の植物から得られますから、キク科にアレルギーのある人は使用できません。

また、キク科にアレルギーがあるかわからない人も
不安な場合はパッチテストなどで確認してみてください。

近年リノール酸の過剰摂取動脈硬化アトピー悪化の原因になると言われています。
身体にいい油だといって、揚げ物など食べ過ぎないようにしてくださいね。

その他のオイルについてはこちらの記事もご参考に!

サンフラワーオイルは安いから、調理油にも最適!

サンフラワーオイルは、油ですから調理の際に使用することがおすすめです。
特にオレイン酸が多く入ったサンフラワーオイルは、酸化に強いのが特徴です。

また他のオイルと比較して値段が安いのでたくさん使用するにも抵抗感がないですね!


ですから野菜の揚げ物に使用するといいでしょう。

また、オイルを口に含んでゆすぐオイルプディング
サンフラワーオイルですることによってホワイトニングなどの効果がより得られそうですね。

オイルプディングのやり方を丁寧に紹介している動画がありました。
できれば寝起きの口腔内が一番悪い時間に20分ほどオイルを含んでブクブクするそうです。。。
とても大変そう!

また、オイルですから、手作りの石鹸にしてみるのもいいですね。
サンフラワーオイルは髪にも肌にも良いので、万能石鹸として活躍するのではないでしょうか。

サンフラワーオイルに乳化ワックスC乳化ワックスMを混ぜると
簡単に乳液やクリームが作れるそうです。
口コミでも評価が高く、アトピーのひとや子供など肌の弱い方でも全身に使っているみたいです!

スーパーなどではあまり見かけませんが、種類もたくさんあるようなので
合うものを探しましょう!

また、乳化ワックスCとかMとか…何?って感じですよね(^_^;)

楽天やamazonにもあるので、お近くにない場合はこちらをチェックしてみてくださいね(*^^*)

まとめ

今回の記事では主に…

  • 酸化しにくい
  • 嬉しい効果が盛りだくさん
  • 値段が安い

といったサンフラワーオイルの特徴について紹介しました。

香りも少ないらしいので、ぜひ取り入れたいでうね。
また揚げ物をする際に使用するにしても、
オリーブオイルは値段も高くて抵抗感がありますが、
サンフラワーオイルは安価で使いやすいですよね。

是非あなたも生活の中に取り入れてみてくださいね。