休憩時間も、移動中も、
スマホでSNSやメールの確認をしないと落ち着かないという人は、
スマホ依存症かもしれません。

このスマホ依存症を放っておくと、
不眠やめまい、気分の不調などの、うつ症状を引き起こすとも言われているのです。

今回は、スマホ依存症とうつ症状などの関係について、お話しします。

スマホ依存症の自覚がある人は8割以上!

2016-01-15b

ある調査機関が発表したデータによると、
スマホを利用している15〜59歳の男女にアンケートを取ったところ、
スマホ依存症の自覚がある人は、全体の8割にも上ったそうです。

スマホ依存症が起こるのは、スマホが便利だということの裏返しで、
「あると便利」から、「無いと不便」と思わせるまで生活に浸透し、
依存が強くなると生活に支障を来すほどになります。

スマホを家に忘れると不安になったり、
ちょっとの空き時間でもスマホを触っていたいという人は、要注意。
あなたはもう既に、スマホ依存症になっているかもしれません。


こんなチェック方法があるので、
自分がスマホ依存症かもと心配な人は、調べてみて下さいね。

スマホ依存症の症状とは

さて、スマホ依存症が進むと、
「スマホが手元に無いと不安」どころではない症状が出るようになります。

例えば、画面から発せられるブルーライトのせいで眠気が遮られ、
不眠症になることがあります。
また、目を酷使することで、視力の低下やドライアイなどの、
目の疾患に繋がってしまう恐れもあるのです。

パソコンやスマホを見るときは
ブルーライトカットメガネを装着するようにしましょう。

スマホが普及して数年ですが、様々な人体への影響が発見されています。
今後も研究により、いろいろな影響が出てくるでしょう。
手遅れになる前に、対策を取っておきたいですね。

そして、若いうちからスマホが身近にある生活を送っていると、
知らないこと、わからないことを自分で考えずに
ネットで調べる習慣がついてしまい、思考力が乏しい大人になってしまいます。

また、大人になってからスマホ漬けになった場合でも、
記憶力や集中力が低下して、忘れっぽくなりやすいそうです。
これが進んでいくと、認知症になる恐れもあるのだとか。

スマホ依存症の原因は、「首」にあった!

スマホ依存症からうつ症状が出るまでの経緯は、どのようなものなのでしょうか。

これまでの説明から、
「ネットでの対人関係や不安がうつ病を引き起こすのでは?」と思った人も多いと思います。

これも、間違いではありません。
でも、もっと大きな原因は、違うところにあるのです。

その原因とは……「首」です。
心への負担が原因ではなく、首への負担から、
うつ症状を引き起こすということが
最近色々なところで取り沙汰されているのを、聞いたことがある人もいるかもしれません。

スマホを操作する時の姿勢は、
体重を前向きにかけ、猫背になって目線が下を向く感じになりますよね。
この姿勢を長時間、毎日続けると、
首がまっすぐになる「ストレートネック」と呼ばれる状態になります。

その、ストレートネックのせいで、
肩や背中だけではなく、精神的な症状まで起こるようになるのです。

ストレートネックでなぜうつ症状が出るのか

ストレートネックになると、
首の筋肉への負担が大きくなり、強度のコリを引き起こします。
そして、首がこると、肩や背中への痛みだけではなく、
首を通る自律神経にも影響を及ぼしてしまうのです。

自律神経が不調になると、不眠や食欲不振、だるさやめまい、
そして不安感や焦燥感などの心への悪影響が現れます。
これらは、うつ病の症状とピッタリ一致するため、
「スマホうつ」とも呼ばれているのです。

このスマホうつは、抗うつ剤などは効かないため、
精神科に行っても、あまり改善はされないようです。
ですが、首の筋肉をほぐし、
鍛えることにより良くなるケースがほとんどだそうです。

その前に、スマホへの依存を断ち、
首に負担がかからない姿勢を意識する方が先決ですね。

まとめ

2016-01-15c

いかがでしたでしょうか。
スマホから来るうつ症状についてご説明しました。

いつ何時でもスマホを手放せないという時点で、
かなり精神的に不健康な印象を受けますが、それだけではなく、
身体的な負担からも心の不調が現れるなんて、驚きですね。

一般に、スマホでネットサーフィンしたり、
動画や音楽を再生したり、ゲームを楽しんだりする時は、
楽しい気分になりたい時が多いと思います。

つまり、気を紛らわせるためのツールとして、
スマホが活用されていると言っても良いでしょう。

ですが、そんな用途でばかりスマホを使っていると、
依存してしまうのは当たり前のことです。
スマホで遊ぶのが楽しいのは理解できますが、
そのせいで心身に支障をきたすようになっては、本末転倒です。

スマホはあくまで、「あると便利だけど、無くても何とかなる」
程度の位置付けで使うようにすると良いですね。