猛暑の夏注意!!翌年春はスギ花粉が激増!!
春になると、朝のテレビ番組で一番気になるのは春のファッションでも
芸能ニュースでもなく花粉症患者にはスギ花粉の飛来量ですよね。
今年は例年よりスギ花粉の量が多い。

なんて聞いたら、春になる前から気持ちはどんより~って落ち込んじゃいます。
でも、どうしてスギ花粉って年によって量が違うのでしょうか?
ちょっと気になったので、調べてみました。

夏が暑い(猛暑)と翌年はスギ花粉が増える?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スギ花粉の量の増減は、前の年の夏の気温が大きく関係しています。
気温が高ければ高いほどスギ花粉は増えます。

年々、夏は「冗談?」って思うくらい暑くなっているから、毎年スギ花粉も多くなってるんです。
花粉の量が多くなれば症状は重くなります。

うん、花粉症の人が年々増えるのも私の花粉症が年々ひどくなって、
ついに春先はコンタクトが出来なくなったのも納得です。

何で、夏が暑いとスギ花粉が増えるの?

どうして、夏が暑いとスギ花粉が増えるのかも調べてみました。
スギは夏に花の芽(花芽)が出来ます。
スギの花芽は暑くて雨が少ないほうが好きなので、

夏に暑くて雨が少ないほど花芽が沢山出来ます
夏に出来た花芽は秋から冬にかけて発育して、スギ花粉を一杯出す雄花になります。
(スギの木は「雌雄同株」と云って同じ木に雄花と雌花が
同時に咲く種類の木で、実は花粉が出ない雌花花粉を出す雄花があります。)

成長して成熟した雄花は春になると一斉に、花粉を放出する訳です。
夏が暑いと花粉を放出する雄花の数増えるから、暑い夏の翌春はスギ花粉の飛来量が多くなるよ云う訳です。
自然の営みとはいえ、花粉症のみとしては花粉の量は程々で必要な量だけにしてほしいなと思ってしまいます。

スギ花粉についてはこちらの記事でも詳しく説明しています。

猛暑の夏には、早めの花粉症対策

2015-02-28-02c
最近では夏は猛暑と云う位に毎年暑いのですが
猛暑の翌春には確実にスギ花粉の量が多くなります。

スギ花粉の量が多くなると云う事は花粉症が例年よりも重い症状になったり、
今までは花粉症の症状が出なかった人も、悲しい事ですが花粉症デビューをするかも知れません。
ストレス寝不足などの不摂生が花粉症の症状を重くしたりすると言われています。
生活習慣を見直して適度な睡眠運動
バランスの良い食事を摂って花粉症に備える事をお勧めします。
でも、花粉症シーズン前どころか秋冬でも始めるのには遅くて、
夏から始めないと間に合いませんので夏から頑張らないといけませんね。

花粉症グッズも早めにゲット

花粉症と云えばマスクは必需品。
ですが花粉症の前には風邪インフルエンザのシーズンがあります。

暖かくなって花粉が気になりだしたからマスクを買おうかなって思ったら、
インフルエンザが大流行して欲しかった高機能マスク売り切れていて焦った事はありませんか?
私はあります。いや、あったんですよ高機能マスク。

でも、お値段が優しくなくて、高かった。
必要なので買いましたけど、お財布は大打撃です。
だって、一つや二つじゃ足りませんもん。沢山必要なんです。

ですので今回は夏の間に花粉ブロック率99%の高機能マスクを買い集めておきました。
結構、シーズンオフだと、安くなってる事がありましたよ。

まとめ

スギ花粉の量が多いって聞いて嫌だな~てって思うだけじゃなくて、
スギ花粉が多くなりそうだなって思ってら、
早めに準備をしておくと花粉症の季節も乗り越えやすくなります。

日本の春はとっても綺麗な季節なのに花粉症のせいで全然楽しめないなんて凄く悔しいですよね。
暑い夏は翌春のスギ花粉が大量に放出される折角のシグナルなので、
上手に利用して早めに花粉症の対応をしておきましょう。