脂性肌…あまり耳にした事がない人も多いでしょう。
脂性肌とは文字通り脂が皮膚に出てきてテカテカにてかってしまう事を指します。

それだけでも厄介ですが、
実は脂性肌は抜け毛や皺にも大きな影響を与えているのです。
今回はそんな困った脂性肌の対処法を紹介していきます。

脂性肌とはげや抜け毛の関係

2016-06-24b

年齢を重ねる度に男女共に気になる事…それが抜け毛です。
一見関係なさそうな顔のてかりの原因である脂性肌ですが、実は抜け毛と大きな関係があったのです。

一番の原因となるのは、
男性ホルモンの一種であるテストステロンと言われています。
このテストステロンが、ストレスなどの理由から過剰に分泌されると、
同時に皮脂が出やすい脂性肌に変化してしまいます。

そうなってしまうと、皮脂と老廃物が一緒になって
毛穴を詰まらせてしまい結果的に抜け毛を併発してしまうのです。

しわとの関係は?

実は脂性肌はしわにも大きく影響を与えるのです。
様々な肌質がある中で、
一番しわになりにくい肌と言われているのが脂性肌なのです。

逆に一番しわが増えやすい皮膚が乾燥肌と言われているのです。
抜け毛に悩む反面、しわは増えにくいので悪い事ばかりではないのです。

皮脂が出てくれるので、乾燥から皮膚を守るだけではなく、
紫外線からも守ってくれる効果があるのです。

30代、40代の脂性肌の女性と普通、
又は乾燥肌の女性を比べてみると、たるみやほうれいせんはあるものの、
やはり脂性肌の女性の方がしわが少なく若く見えるのです。

運動は効果があるの?

ですがやはり顔がてかるのは嫌だ!少しでも脂性肌をどうにかしたい人はいる筈です。

大体の事は体を動かせば解決する!と言われますが、
脂性肌に運動は効果があるのでしょうか。
実は効果があったのです、毎日軽くで良いのでストレッチやウォーキング、
兎に角体を動かす癖をつけて代謝を良くする事が大切です。

激しい運動をする必要はないので、
女性でも手軽に改善する事が出来る事でしょう。

運動で汗をかいたら余計にオイリーにならないの?

心配なのは良かれと思って一生懸命運動をしても、
運動した事によって発生した汗で余計に脂性肌になってしまうのでは?という事です。

逆に、汗をたくさんかく方が脂性肌を改善する方法に繋がるのです。
脂性肌の人は汗をかきにくいという特徴があるので、
汗腺を刺激して汗を出す事で、皮脂を抑えて脂性肌が改善されるのです。

ケアの方法

脂性肌には脂性肌専用のケアの仕方があります。
他の普通の肌の人達と同じようにケアをしてしまうと余計に脂性肌を悪化させてしまいます。

食べ物
皮脂さえ押さえれば脂性肌も改善されます。
脂性肌は高カロリーな脂物が非常に相性が悪いので、
偏った食生活が余計に皮脂の分泌に拍車をかけてしまっています。
なるべくジャンクフードや脂の多い食べ物を避けて、
緑黄色野菜や魚に含まれるビタミンB2を多く取り入れましょう。


参照:楽天市場

食事からの摂取が難しい場合はサプリで補いましょう。
食事で摂取することが一番望ましいので、あくまでも補助食品として考えておきましょう。

ビタミンB2サプリのお求めはこちら

洗顔
脂を落としたい一心でごしごしと執拗に何度も顔を洗ってはいませんか?
肌には紫外線や外敵から守ってくれるバリア機能を担った物質が備わっています。
それが、角質層の細胞間脂質やNMF、皮脂膜と呼ばれるものなのですが、
この物質は非常にデリケートで、あまり強く洗顔をしてしまうと破壊されてしまいます。

その結果、皮脂が肌を守らなければと過剰に分泌されてしまい、
結果脂性肌を促す事になってしまうのです。
一日に何度も洗わず、スクラブ系の洗顔は避けて優しく肌を洗い流しましょう。

まとめ

2016-06-24c

脂性肌は悪い事ばかりではなく、
しわを作らないという利点もある事が分かってもらえたと思います。

しかし、多感な若いうちはこのてかりに悩まされて苦しむ人が多い事でしょう。
今回紹介した方法を活かして、脂性肌を徐々に体質改善で変えて行ってくださいね。