特に冬の寒い季節、
毎年のように手先足先に痛がゆい思いをする人はいませんか?

そうです。それは「しもやけ」です。
毎年のようになるものなので原因なんて
気にしていないという方もいらっしゃるかも知れません。

でも、ちゃんと予防や治療をすれば
「しもやけ」になりにくい体質にする事も実は可能なのです。

しもやけってどんなもの?

2016-01-10b

さて、「しもやけ」とはどんなものなのでしょうか?
「しもやけ」であろう指先を見ると赤黒くなったり、
明らかに血の循環が悪くなっている様子がわかると思います。

そればかりか指先までまるで氷のような感覚だという人もいます。
これだけ聞くと単なる冷えのひどい症状なのではないかと考えてしまいますが、
これは凍瘡と呼ばれる炎症症状なのです。

症状としては指先や足先が冷えや寒さで血液循環が悪くなって起こるものです。
体の部分でいうと指先、足先、耳たぶ、そして鼻先や頬など、
全体的に見て体の部分としては血管も少なく、
顔などに関しては外気温にさらされて冷えやすい部分となっています。

症状としては「しもやけ」になってしまうと
指先や耳たぶなどは赤黒い発疹が出来て腫れることもあり、
本人感覚としては痒みや痛みといった症状が出ます。

発症時期も寒さの厳しい真冬が一番の多いように思われがちですが
どちらかというと秋から冬になって寒くなる時期や
真冬から春にかけての季節の変わり目に多く発症します。

しもやけの主な原因は?

では、「しもやけ」はどういった人が起こりやすいのでしょうか?
はじめに血液循環が悪くなっている状態や
寒さなどの冷えによって起こりやすいとお話しましたが、
他にもなりやすい人の特徴をあげていきます。

まず最初に大人よりも子供の方がなりやすいです。
大人よりも体の免疫機能が弱いからだと言われています。

性別では男性より女性の方が比較的、しもやけを起こしやすいです。
次に家族に「しもやけ」になりやすい人がいる場合です。
これは体質的に遺伝性があるからだと言われています。

しもやけに効く市販薬

しもやけに効く市販薬としては飲み薬と塗り薬の2種類があります。
まず塗り薬として有名なものは紫雲膏、間宮アロエ軟膏、ユースキンA、
ヒビケア軟骨などでドラッグストアや薬局などで売っている商品ですが、
これらは有名ですね。

紫雲膏は漢方製剤の外用薬でひび、あかぎれ、
しもやけ、火傷や外傷などに効果的です。
アロエ軟膏はその名の通りアロエ成分配合の塗り薬で
ひび、しもやけなどに効果のある治療薬です。
ユースキンAはビタミンEが配合されたボディークリームで
ひびやあかぎれ、しもやけなどに効果的です。
ヒビケア軟膏は非ステロイド剤治療薬でパックリと割れてしまった
治りにくいヒビやあかぎれにも効果を発揮します。

商品によって主だった効果は違いますが、
どの薬でもしもやけに対する効果は期待できます。
飲み薬としてはユベラックスやネーブルファイン、ベルクリーン錠などが有名です。

ユベラックスなどは末梢血行障害による諸症状の緩和が期待出来ますし、
ネーブルファインはビタミンEが入っており、肩や首のコリをほぐして冷えを改善します。
また、ベルクリーン錠は漢方薬で冷えによって
起きるしもやけや下腹部の痛み、腰の痛み、頭痛などに効果があると言われています。

飲み薬の主な効果は血行改善ですので肩コリや手足のしびれ、
頭痛や吐き気など様々な症状の改善にも繋がります。

しもやけは予防が肝心

2016-01-10c

以上に述べたように飲み薬であっても塗り薬であっても
それなりの効果は期待出来るのですが、どの薬も即効性があるわけではありません。
やはり一番大切なのは冷えなどの体質改善です。

市販薬で効果があったとしても毎年同じ時期に血行不良を起こして、
しもやけになってしまっては意味がありません。

靴下や手袋、マフラーなどで寒さから身を守る事も大切ですが、
運動などを少しでもおこなって筋肉を刺激し血流を良くする事で
身体の内部的な冷えを改善することが何よりも肝心です。