お肌に色素沈着が残ると辛いですね。
色素沈着を治すには基本的にはターンオーバーによるしかありません。

しかし、おにはこのお肌のターンオーバーをサポートして
色素沈着を落とす効果があるとされています。

では、具体的に色素沈着のお酢を使った落とし方とはどんな方法なのでしょうか。
詳しく調べてみました。

色素沈着とは具体的にどんな状態?

2016-05-02b

色素沈着とは基本としてシミと言われているものと同じ原因で発生するものです。
肌に炎症が発症してその痕跡が残ってしまう事で色素沈着は発生します。

肌は刺激に対してメラノサイトからメラミン色素を生成して肌を防御しようとします。
つまり炎症から肌を守ろうとして黒ずみが出来るという訳です。
その炎症が発症する原因としては強い陽射し、摩擦、虫刺されやにきびなどがあります。

本来ならこれらの炎症痕は肌のターンオーバーによって回復するのですが、
ターンオーバーが正常に行われなかったり、
何度も同じ場所に炎症を起こしたりするとそれが色素沈着として定着してしまう事があります。

早めにこの色素沈着を解消しないとそれがシミとなってしまうのです。
この色素沈着を隠そうとその部分をカバーする為に
ファンデーションなどをこすりつけてしまうとそれが更に刺激となって
メラミン色素を生成するという悪循環が発生してしまうので注意しましょう。


このような色素沈着の原因もあるようです。

お酢が色素沈着に良いって本当?

お酢が直接的に色素沈着に対して働くのはシスチンの効果があります。
シスチンは色素沈着の原因となるメラミン色素の生成を抑える力があるので
色素沈着が更に進むのを防ぐ事が出来るのです。

また、シスチンはすでに生成されたメラミン色素を排除する力もあり、
二重の意味で効果が期待されます。

お酢にはその他のアミノ酸も豊富に含まれていて、
その効果によって代謝の促進などに効果があると言われています。

お酢には塗布する事による効果も期待出来ます。

色素沈着となっている肌は肌バリアが破壊されている場合が多いのですが、
その時肌の表面はアルカリ性に偏っているとされています。
正常なお肌の状態は弱酸性です。
そのため、酸性のお酢を薄めて肌に使う事でお肌の状態を正常に戻すという方法もあるようです。

これは酢1、水3の割合で薄め、
それをコットンなどで優しく塗布して使うと効果的との事でした。

色素沈着を解消するには

色素沈着を解消するには
まず刺激を繰り返す事による色素沈着を防ぐ事から始める必要があります。

下着による締め付けや摩擦による刺激や、
刺激のあるお化粧、更には強い日光などから肌を守る工夫をしましょう。

身体を洗う時にタオルなどでゴシゴシ擦るのも色素沈着を促進する行為となります。
洗顔などでも顔をこするような洗い方は避けましょう。

そして美肌に必要なビタミン、
特にビタミンCを積極的に摂るようにする事も大切です。

なによりも大事な事は十分な睡眠によって正常なターンオーバーを心がける事です。
また、ストレスや栄養の偏りなどによって新陳代謝が滞る事もあります。
健康な生活こそが健康なお肌を作るなによりも大切な事と言えるのです。

正常なターンオーバーと適切な栄養摂取を続ければ
色素沈着は段々と自然に薄れていくはずです。
どうしても消えない色素沈着はシミとなっているか、
なんらかの皮膚の病気の可能性があります。
皮膚科のお医者さんに相談してみた方が良いでしょう。

お酢は苦手という方の為に

2016-05-02c

お酢はそのままでは飲みにくいものです。むせてしまいますよね。
そこでお酢を使ってピクルスを作ってみませんか?

ピクルスなら野菜のビタミンも一緒に摂れて一石二鳥です。
材料としては穀物酢と砂糖と塩、
そして好きな野菜をその混合液に漬けて冷蔵庫に保管するだけで出来ます。

大体半日目から食べ始めて1週間以内には食べ切るぐらいの量を目安に作りましょう。
酢と砂糖と塩の割合は10:10:1ほど、ある程度は自分の好みで変えてみても良いですね。

美味しい手作りピクルスで美肌ケアが出来るなら最高ではないでしょうか。
苦しく頑張るよりは楽しくきれいになりたいですよね。

注意点としてはシスチンを含むアミノ酸は穀物酢に含まれるので、
色素沈着の解消のためには穀物酢を使うようにしてください。