手足の痺れが出る病気は種類が多く、
いったいどんな病気なのだろうと不安になってしまいますね。

痺れと一緒に喉の渇きがある場合は糖尿病だったり、
低血圧の痺れだったり、悪寒がする場合には何かの中毒症状だったりと、
ある程度の目安が付けられるようになると安心します。

痺れとは

2016-06-29b

痺れとは痛みの先にある症状であり、
身体の中で何かが起こっている証拠でもあります。
痺れには大別すると神経系の痺れと血管系の痺れがあるとされていて、
痺れが極まると麻痺となりその部位が動かなくなるという危険な兆候でもあります。

特徴的な事としては神経系の痺れは身体の片側だけに出る傾向にあるという事です。
神経系の中でも片手や片足に痺れが発症しやすいものとして椎間板ヘルニアがあります。

他に片手が痺れる場合には頸腕症候群や胸郭出口症候群が疑われます。
また、手の先が痺れる末梢神経障害で多い原因に手根管症候群という物があります。

手首を使う方に多い症状で手首にある神経が圧迫されて起こります。
血管系の痺れは血液の循環が悪くて手足の先まで十分な血液が届かずに
痺れた状態になる事によって発生します。

注意すべきなのが急な手足の痺れに襲われる一過性脳虚血発作という痺れで、
脳梗塞の前触れであると言われています。

一過性なのですぐに症状は治まりますが、危険な兆候であると思って良いでしょう。
脳の血管が詰まる事でその症状が起こっている可能性が高いのです。
これらの痺れの多くは注意が必要であり、出来るだけ早く病院に行く事をお勧めします。

糖尿病の手足の痺れ

手足の痺れと喉の渇きが合わさると糖尿病の疑いが大きくなります。
糖尿病の手足の痺れは「糖尿病性神経障害」という合併症が関わっている事が多いのです。

この合併症を起こした場合、最初は足の裏の痺れからじわじわ始まり、
足の裏の感覚が遠くなって靴下を履いていないのに履いているような感覚になると言われています。

症状が重くなるにつれこの痺れが段々広がって行き、
手も同じように指先から痺れ始めます。

糖尿病にとって合併症は最も恐れるべき症状で、
この「糖尿病性神経障害」はその中では軽いもののように感じられますが、
手足の感覚が鈍くなるというこの症状は恐ろしい症状である
糖尿病性壊疽」の引き金にもなるので決して軽視してはならないとされているのです。

手足の感覚が鈍くなる事によってちょっとした傷に気付かなくなり、
血行が悪く自己治癒力が衰えた状態で気付かないまま傷が悪化してしまうという事が起こります。

そのため、この痺れを感じ始めたら初期の内に対処する事が肝心です。
担当医に痺れなどの症状をきちんと詳しく報告するようにしましょう。

低血圧による痺れについて

低血圧の場合は手足の急激な痺れはあまり起きないとされています。
血圧が低いので手足の末端に血液が流れにくくなり常に血が足りない状態で
慢性的な冷えや痺れに悩まされる事となりやすいのですが、
それは急激に陥る症状ではありません。

常に低血圧である状態なら常に血流が不足している状態だからです。
これが急に痺れが襲った場合、それが低血圧が原因だとすると、
それは急激に血圧低下が発生したという事になります。

上の方で説明しましたが、
この場合動脈のどこかが詰まったのではないか?と考えられる訳です。


このように判断して早めに診察を受けましょう。
この場合最初から詳しい検査が出来る病院が良いでしょう。
特に危険な痺れとされるのは、片側の手足が同時に痺れたり、
手袋をはめているような鈍い感覚に陥ったり、
また半身の手と口が同時に痺れたり、急に痺れてそれが数分で治まる場合などです。

手足の痺れも含めて全身に症状が出る自立神経失調症

2016-06-29c

痺れも悪寒も疲れも渇きも何もかもが
襲ってくる可能性がある病気が自立神経失調症です。
なにしろ身体の機能を司っている自律神経の調子が悪くなるのですから当然ですよね。


その為、仕事続きでストレスが溜まっている方や睡眠不足の方は
慢性的な手足の痺れを自覚したらネットなどで調べて自立神経失調症の可能性を疑う方が多いと考えられます。

悪寒や耳鳴りやまぶたの痙攣なども起き、
全身のどこに症状が出るかも分からないぐらい
多彩な症状を見せるのがこの病気だからです。

とは言え、これらの症状を発症したからといって
自立神経失調症と自分で結論付けるのは危険な事と言って良いでしょう。

先に述べたようにそれが重篤な病気のサインの可能性もあります。
痺れを感じたら一応病院で検査してみましょう。

検査の結果病気が発見されない時こそ気のせいというよりも
自立神経失調症の可能性が高いと思っておくと丁度良いでしょう。