肌が敏感過ぎて、思うようにスキンケアが出来ない方も多いと思います。
肌に合うスキンケアはいまいち効果が薄くて、頬の辺りが乾燥気味。

なんて事で悩んでいませんか?
敏感肌の人でも、しっとり美肌のスキンケアが、
シアバタースイートアーモンドオイルで出来ちゃいます。

シアバターについて

2015-06-10b

アフリカのシアーバターノキの種から作られるバターで、
食用や薬用として主用いられています。

種子から作られるものなので、オイルでは?との疑問を持たれる方も居ますが、
常温で固形化する物はバターと呼ばれる為に、
シアの実から作られるシアバターもオイルではなくバターと呼ばれます。


参照:楽天市場

シアバターは古来から傷ややけどの治療薬として使われていました。
高い保湿性があり、シアバターに含まれるステアリン酸
バターを滑らかにして肌になじみやすくする成分が入っています。

また、オレイン酸は人間の皮脂の主成分にもなっている物で、
肌との親和性は抜群に良いです。

この、ステアリン酸とオレイン酸の働きで、
肌にシアバターを薄く塗り広げて、乾燥を防ぎ、紫外線からも肌を守る効果があります。

ニキビや吹き出物など、肌に起こる様々な炎症を抑えて、
鎮静化させる効果があります(抗炎症作用

肌に出来るシワやシミ等の老化は、肌の酸化が原因と言われています。
シアバターには肌の酸化を抑制する効果もあります。

この事から、シアバターは「乾燥を起こしている」
「肌に炎症を起こしている」方向けのスキンケアです。

シアバターのお求めはこちら

シアバターについては、こちらの記事もご参考に♪

スイートアーモンドオイル

アーモンドには、スイート種ビター種の二種類があります。
食用にされるのは、スイート種で
その種類はおよそ100種類あると言われています。

対して、ビター種のアーモンドには
青酸化合物であるアミダグリンが多く含まれており有毒な為、食用には出来ません。

咳を静めたり、痙攣を静める等に使われますが、
誤って食べると最悪命にも関わります。

味はとても苦いです。

スキンケアやマッサージに使われるオイルは
スイート種のアーモンドオイルです。


参照:楽天市場

スイートアーモンドオイルには、
ビタミンEが豊富にふくまれており、肌を柔らかくします。

また、保湿性と抗炎症作用もあります。
粘性がある為に、肌にはゆっくりと浸透して、
作用が穏やかな事から、敏感肌乳幼児にも安心して使えます。

皮膚表面だけでなく、皮膚内部にまでゆっくりと浸透してくれる事から、
「赤ちゃんの肌に戻そうとする」と例えられる事もあります。

スイートアーモンドオイルのお求めはこちら


やはりオイルなので、つけすぎるとヌルヌルしちゃうようですね(゚O゚)
量に気をつけて使用しましょう(*^^*)

こちらの記事でもアーモンドオイルについて詳しく説明しています(*^^*)

作り方

作り方は簡単です。
シアバター2:スイートアーモンドオイル1

精油は、出来上がりのクリーム約25gに4滴
私は精油にも反応するので、入れません

  1. 耐熱性のボウルにシアバターとスイートアーモンドオイルを入れる
  2. 鍋に湯を沸かす。
  3. 1.の入ったボウルを沸いた湯に付けて中身を湯煎
    (お湯の熱で溶かす事:お湯を入れてはいけません)。
  4. 粗熱が取れたら、精油(ラベンダーやカモミール等)を加えてかき混ぜる。
  5. 容器に移す。(容器は清潔な物でなくてはいけません)
  6. 冷めたら冷蔵庫で冷やします。
  7. 固まったら、完成です。

一番簡単な方法です。

防腐剤等は一切使いませんので、
保管は冷蔵庫で行い、一か月で使い切ります。

ミツロウを加えて、リップクリームにすることも出来ます。

まとめ

2015-06-10c

私自身が、市販の化粧品がほぼ全滅と云う程の敏感肌の為に、
お化粧が出来ない以上にお肌のスキンケアが出来ない事が、とても辛かったです。

肌に負担が掛からないスキンケアでは、
効果が殆ど感じられずに、効果が出る物は肌が赤くなり使えなくなる。

その繰り返しでしたが、
このシアバター+スイートアーモンドオイルのクリームを使いだして、
肌の調子が良く、美白効果も感じられます。

スキンケアに悩みのある方は、一度試されてみませんか?

手作りに自信が無い方は、
シアバターとスイートーモンドオイル配合のクリームも販売されています。