シャングリラダイエットは最近メディアなど
よく取り上げられることが増えているダイエット方法です。

でも名前だけでは、どんなダイエットかわかりませんよね?
シャングリラダイエットは、普段の食欲を抑えることが出来る
簡単なダイエット方法ということもあり、注目が集まっています。

詳しいシャングリラダイエットとそのやり方についてご紹介していきます。

シャングリラダイエットとは?

2016-01-22b-2

シャングリラダイエットとは、
アメリカの大学で考案されたダイエット方法です。

それも、食事制限や無理な運動をする必要もないからこそ
今注目のダイエットなのです。
では、どういったダイエットなのでしょうか?

やり方はいたって簡単で、
食前または食後の1時間以外の時間で砂糖水を飲むというダイエットです。

この砂糖水はオリーブオイルでも代用可能なので、
オリーブオイルダイエットとも呼ばれています。

食前食後1時間以外の時間で、砂糖水やオリーブオイルを飲むことで、
脳が食欲を抑えてくれる効果が期待できます。

というのも、脳は体のセットポイントという意識があります。
セットポイントとは、体に対する適正体重です。

脳が適正体重よりは太っている場合にセットポイントへ戻すために
食欲を落としたり、適正体重より痩せている場合には
食欲を増やしたりする働きをしてくれるのです。

そのため、砂糖水やオリーブオイルを意図的に摂取することで
セットポイントの体重になるように脳をコントロールすることで、
目標の体重に体重を落としていってくれるのです。

もちろん、砂糖水やオリーブオイルは一度に全て飲みきる必要はなく、
食前食後1時間以外という時間さえ守ればいいのです。

自然と食欲が抑えられるので、意識して食事制限をすることもないため、
ダイエットの食事制限でイライラしてしまう人などには特におすすめなのです。

砂糖水の作り方は?

シャングリラダイエットをするにあたって、
どれくらいの濃度の砂糖水を飲めばいいのでしょうか?

砂糖水は大匙1の砂糖に対して水を350㏄で作るようにしましょう。
砂糖の量が増えるほど、水も増やしていくというわけです。

ちなみに、落としたい体重に対する砂糖の量ですが、

落としたい体重が9Kg以下の場合
大匙4と2/3
落としたい体重が9~18Kgの場合
大匙9と1/2
落としたい体重が18Kg以上の場合
大匙10と2/3

となります。
量が多いと思いますが、
1日で飲む量となるので数回分けて飲むようにしてください。

使用する砂糖は、一般的に売られている砂糖でもいいですが、
ショ糖や果糖など風味が少ないものを選ぶ方がいいですよ。

また、オリーブオイルでの分量は、

落としたい体重が9Kg以下の場合
大匙1と1/2
落としたい体重が9~18Kgの場合
大匙3
落としたい体重が18Kg以上の場合
大匙3と1/2

となります。

オリーブオイルは、ピュアオリーブオイルなど
風味が少ないものを選ぶとやはり飲みやすいですよ。

シャングリラダイエットの注意点とは?

シャングリラダイエットは、
砂糖水やオリーブオイルを飲むことで自然と食欲が抑えられ、
暴食などしにくくなるというダイエット法。

食事制限もなければ、特別な運動も必要としないからこそ
楽にダイエットをしたいという人にはおすすめですが、
実は注意しなければいけないポイントもあります。

それが、リバウンドです。
なぜなら、砂糖水やオリーブオイルを飲んでいる間は、
砂糖水やオリーブオイルの効果によって食欲を抑えることができますが、
飲むのをやめた瞬間からその効果はなくなります。

なので、シャングリラダイエットをやめた後に
リバウンドしやすくなってしまうのです。
また、食事制限などがないからといってオリーブオイルを飲みすぎれば
油分のとりすぎになってしまうので、飲みすぎには注意してくださいね。

リバウンドしないために出来ることは?

では、シャングリラダイエットをやめてもリバウンドしないように、
リバウンドを予防する方法をご紹介していきます。

筋肉量を増やす

シャングリラダイエットには基本的に運動は必要ではないですが、
筋肉量を増やすために運動を取り入れるのがおすすめです。

どうして筋肉量なのか?
筋肉の量が少ないと、基礎代謝が減ってきています。
基礎代謝が減れば、同じ食事を食べたとしても消費される量が少なく、
消費されない分が脂肪などにかわってしまうのです。

つまり太りやすい体というわけですね。
筋肉量を増やせば基礎代謝が上がるので、
同じ食事を食べても消費される量が増えるので痩せやすい体になるのです。

ジョギングやストレッチなど軽い運動でも十分なので、
1日30分でもいいので取り入れるようにしてください。

味付けを薄くする

現代生活では味の濃いものを食べる傾向が増えています。
素材の味よりも味付けの方が際立った食べ方を食べることが多いですが、
この味の濃い食べ物は太る原因でもあります。

そもそも調味料のカロリーも高くなりますし、
おかずに味付けが濃ければご飯などを食べすぎてしまう傾向が強くなります。

そのため、シャングリラダイエットを始めたら
食事の味付けを出来るだけ薄く、
素材の味を引き出すような食べ方にシフトしていくことで、
シャングリラダイエットをやめた後も食べ過ぎなどでの
リバウンドを予防することにつながるのです

まとめ

2016-01-22c-2

シャングリラダイエットは、
食前食後1時間以外の時間で砂糖水または
オリーブオイルを飲むだけという非常に簡単なダイエットです。

砂糖水やオリーブオイルが食欲を抑えてくれることから、
ストレスのかかる無理な食欲が自然と減っていくというものです。

ただし、シャングリラダイエットをやめた後に
リンバウンドをしてしまうこともあるため、
普段から簡単な運動を取り入れて筋肉量を増やし、味付けは薄味を心がけてみてくださいね。