背中が痛い」と思うことはありませんか?

単純に姿勢が悪くて痛いと思うこともありますが、腎臓や消化器、
膵臓といった内臓の病気の可能性もありますが、
女性の場合は婦人科系の病気の可能性も忘れてはなりません。

さらに背中が痛いだけではなく、生理痛が激しく痛むなどの症状が出たときは、
子宮内膜症子宮筋腫といった病気の可能性がますます高くなります。

この場合放っておくと子宮を全摘出必要があるため注意が必要です。
今回は、この背中の痛みを発する婦人科の病気について話していきます。

背中の痛みが症状の婦人科系の病気は?

婦人科の病気は生理時の血量がいつもよりも多い、
生理痛がいつもよりひどいといった症状からも発覚することもありますが、
実は「背中が痛い」という症状から発覚することがあります。

生理痛でも人によっては背中が痛いときはありませんか?
これは、生理前から生理中に多く分泌される「プロスタグランジン」というホルモンの影響です。

子宮の収縮を促し生理をスムーズにする働きを持っていて、
生理によって血液が順調に排出されれば、生理痛と同じで痛みがひどくなることはありません。

しかし、婦人科の病気などの影響で血液が排出されないと、プロスタグラジンは必要以上に分泌されてしまいます。

こうなるとホルモンバランスが崩れるだけではなく、背中の痛みといった症状も表れます。
この場合に疑われる病気は、主に子宮卵巣などからくるものに疑いがあります。

また、子宮筋腫などの場合は、子宮が大きくなることで
周りの筋肉や組織を圧迫することで背中の痛みを発することもあります。

いずれも、症状がひどくなると
不妊症子宮がんなどの合併症を引き起こす原因にもなりかねません。

何かおかしいと感じることがあっても自己診断で済まさず、
まずは病院で診断をするというクセを付けるようにしましょう。

尿の濁りと背中の痛みの関係は?

脂肪やシュウ酸といった成分が多く含む食品を食べたことにより、
尿が濁ってしまうということも考えることもできますが、
内臓疾患によって血液や膿が混ざることで尿が濁ることも多いです。

また、内臓疾患の場合、背中に痛みを感じることも少なくありません。
人間のからだは、内臓に異常を感じた時に、背中の筋肉へ痛みを引き起こすようにと脳へ信号が送られます。

このように、尿が濁ることと背中が痛むことは密接な関係を持っています。
単純に筋肉痛によって背中が痛いということもありますが、過信をしてはいけません。

背中のどこが痛むのか、どのように痛むのか、尿はどのような濁りが生じているのか、
発熱など他の症状がないのかというような、簡単なチェックでも
どのような病気の可能性があるか診断をすることもできますが、
やはり病院での診断を早めにすることが望ましいといえます。

婦人科系で背中の痛みが症状として出る病気は?

では、実際にどのような婦人科系の病気の疑いがあるのか見ていきましょう。

子宮筋腫

背中の痛みのほかに、生理時の経血量が異常に多かったり
生理ではないのに出血をする、または貧血下腹部のしこりといった症状があります。

30~40代に多くみられる子宮筋腫で、ごくまれに悪性腫瘍に変化することもあります。
背中の痛みについても、相当な痛みがあるようです。


私自身、子宮筋腫になっていないのでどのくらいの痛みなのかはわかりませんが、
地獄と思うほどの痛みなのかと思うとゾッとしますね…。

子宮内膜症

背中の痛みのほかに、今までよりも生理痛がひどい経血量が異常に多い
生理以外にも出血があるといった、子宮筋腫と似た症状が出ます。

子宮内膜は生理が近づくと剥がれ落ちていくものですが、
その組織が子宮以外の場所で生育し、
子宮内膜が剥がれ落ちていくのと同じようにそれも剥がれていきます。

しかし、子宮以外でできたものは剥がれたものが流れていくところがなく、
結手となったりほかの臓器と癒着して激痛が表れます。

こちらも相当の激痛を感じることがあるようです。

子宮がん

背中の痛みのほかに、おりものが増える
おりものに血が混じる、性行時の出血などの症状があらわれます。

しかし、子宮がんの初期には自覚症状を感じないことも多く背中の痛みもほぼありません。
進行してしまうと転移をするリスクも高まるため、定期検診で早期発見をしてもらう必要があります。

尿の濁りと背中の痛みが同時に出た場合は?

通常は透明の尿ですが、女性の場合はおりものが混じって白く濁ることがあります。
この場合、生理時以外で透明な尿に粘り気のある浮遊物が混ざっているときは問題ありません。

しかし、性器にかゆみや痛みも伴っている場合は、細菌感染の可能性があります。
子宮の病気ではなくても、腎臓や膵臓といった
背中側にある臓器による病気の場合でも背中が痛いと感じることがあります。

クラジミア感染・膀胱炎

クラジミア感染者と性行為をしてしまうことで感染してしまうクラジミア感染ですが、
この感染により膀胱炎も併発してしまうことがあります。

背中の痛みのほかに、おりものの量が増え、生理時以外の出血、下腹部の痛み、
性行時の痛み、排尿時の痛みなどの症状があります。

その他の病気

腎結石・尿管結石・腎盂腎炎・腎がん・膵臓がん・胆のうがんなど
腎臓や膵臓などの臓器のがんのほかに、結石の可能性があります。

結石の場合、今までに感じたことのない痛みと訴える方も多く、とても痛いようです。

がんの場合、症状が現れた時には症状が悪化していることもあるため、
定期検診での早期発見早期治療を行うことが望ましいです。

婦人科系の病気にかかった場合、妊娠への影響は?

先ほどご紹介した子宮筋腫・子宮内膜症・子宮がんが起こった時の、
治療法や入院期間と費用についてご紹介します。

子宮筋腫

症状が出ていない時は治療をせずに経過を見ていくこともありますが、
今後妊娠・出産の希望や症状によって治療法を決めていきます。

治療法にはホルモン剤の使用と手術での治療を行います。
手術方法は…

  • 子宮の全摘出
  • 筋腫だけを取り除く「筋腫核手術」
  • 開腹せずに薬や超音波の力で筋腫を小さくする「非観血的手術」

などがあります。

開腹手術をした場合、入院期間は術後7日~14日間ほどとなり、
腹腔鏡手術を行った場合は術後5~8日程度、超音波で腫瘍を小さくする手術は日帰りとなります。

費用は20万前後となりますが、
超音波での治療のみ保険適用外になるため55万~85万円ほど費用がかかります。

子宮の全摘出をしていない場合は再発率20%あるといわれています。

子宮内膜症

症状が軽い場合は自然治癒を行うことがありますが、治療法は主に薬と手術の2種類があります。
薬の治療では人工的に月経を止めるホルモン剤を使用します。

閉経状態のようにする「偽閉経療法」と妊娠状態のようにする「偽妊娠療法」のどちらかで治療します。
治療費の目安としては、偽閉経療法は1か月あたり10,000円前後
偽妊娠療法では3,000円程度です。

薬で症状が改善されない、発見時の症状の重さによっては手術をします。
腹腔鏡と開腹による2種類の手術法があります。

症状や今後の妊娠・出産を望むかによって子宮の全摘出一部切除を選びます。

腹腔鏡は入院期間が短く術後3~4日間ほどで治療費と入院費を合わせて約20万円
開腹ですと入院期間は術後7~10日間で費用は約30万円が目安となります。

月経は閉経をするまで続くため、治療をしても完治が難しく再発を繰り返しやすいので、
治療後もホルモンバランスを崩さないように生活習慣を整えるように心がけることが望ましいです。

子宮がん

がん細胞の大きさ、転移などしていないかといったステージ状況により手術方法が異なります。

手術をせずに放射線療法化学療法といった方法もあります。
今後、妊娠・出産をしたいという方は医師と相談をしてどの治療法を進めていくか決めます。

生理のお悩みについてはこちらの記事もご参考に!

背中の痛み×婦人科系病気の見極めポイントは?

背中の痛みだけでは婦人科系の病気にかかっているかの判断は難しいため、
生理痛の程度、月経の血量、性交痛の有無、
下腹部の張りといった背中の痛み以外の症状と合わせて見極めます。

子宮内膜症・子宮筋腫の場合、以前よりも生理痛がひどくなり
月経血量が多くなるという症状が現れますので、月経時の状況も注意する必要があります。

子宮筋腫チェックリスト

チェックリスト

  1. 経血量が多く、夜用のナプキンを重ねても下着が汚れたり、
    タンポンとナプキンを併用しても間に合わないほど多い
  2. 経血にレバー状のかたまりが混じる
  3. 生理のとき以外にも出血がある
  4. めまい、たちくらみ、だるさなど貧血の症状がある
  5. 下腹部がはってきた
  6. 排尿、排便時に痛みを感じる
  7. 頻尿、尿が出ずらい、便秘などの症状がある
  8. 腰痛が続いている
  9. 赤ちゃんが欲しいのに妊娠しない、流産してしまう

子宮内膜症チェックリスト

チェックリスト

  1. 以前よりも月経痛が強くなった
  2. 月経時以外でも下腹部が痛む
  3. 経血量が多く、夜用のナプキンを重ねても下着が汚れたり、
    タンポンとナプキンを併用しても間に合わないほど多い
  4. 経血にレバー状のかたまりが混じる
  5. 生理のとき以外にも出血がある
  6. 性交痛がある
  7. 排便時に肛門が痛むことが多い
  8. 月経をはさんで、前後1週間ずつくらいの間、おなかが張る
  9. 赤ちゃんが欲しいのに妊娠しない

以上のリストでチェック項目が多いほど、子宮筋腫・子宮内膜症の可能性が高くなります。

市販薬で痛みを和らげよう!

子宮筋腫や子宮内膜症は、病院での診断と治療が必要となりますが、
すぐに病院に行くことが出来ないときなどは、市販薬で痛みを和らげることはできます。

主な鎮痛剤として、ロキソニンS(第一三共ヘルスケア)、
ラックル速溶錠(日本臓器製薬)、バファリンプレミアム(ライオン株式会社)などがあります。

我慢できない生理痛の時に飲むような薬で対応することが出来ます。
また、このような痛みの場合、使い捨てカイロ腹巻などをして下腹部を温めることも有効です。

その他、三陰交という足首の上にあるツボが隠れるくらいのところまでお湯をはり、
30分ほど足を温める方法もあります。

三陰交(さんいんこう)のツボの取り方はこちらの動画を参考に♪

背中の痛みからくる婦人科系病気の予防法は?

子宮筋腫・子宮内膜症ともに、残念ながら病気になる確かな原因が今のところ分かっていません。

そのため、確実に予防する方法というのも解明されていないのも事実です。

しかし、女性ホルモンの影響を受けているのでは?という仮説もあることから、
ホルモンバランスを整えることで正常な月経も来ますので、ホルモンバランスを乱さないことも重要といえます。

ホルモンバランスを改善させる方法

食生活の乱れ
毎日の食事はホルモンの分泌を促進させる働きを持ちます。
栄養バランスを考えた規則正しい食事を心がけましょう。

また、女性ホルモンの分泌に効果的なビタミンB6・Eと、
女性ホルモンと同じ働きを持つ大豆イソフラボンは積極的に摂取しましょう。

運動不足
運動は自律神経を活性化させ、ホルモンバランスを正常に整える働きをします。
ウォーキングや散歩などでも十分効果はありますので、まずは身体を動かすことを心がけてみましょう。

ストレス
ホルモンバランスを整えるには、毎日楽しいと思える生活を送ることが大切です。
一日の中で楽しみを見つける、趣味に没頭するなど、ストレス発散方法を見つけてみましょう。

最後に

  • 子宮筋腫や子宮内膜症による背中の痛みは相当な痛みを発する
  • 背中の痛みを伴う病気は、婦人科だけでなく腎臓や膵臓といった内臓の病気の可能性も
  • 子宮筋腫や子宮内膜症は薬物投与手術によって治療できる
  • 子宮筋腫や子宮内膜症は、背中の痛みだけではなく月経痛など他の症状と合わせてチェックする
  • 子宮筋腫や子宮内膜症による痛みは市販薬で軽減することが出来る
  • ホルモンバランスを整えることも病気予防のひとつ

今回は、以上のように背中の痛みも伴う婦人科系の病気についてお話ししました。

市販薬などで痛みを軽減することはできますが、直接的な治療は病院での診断が必要になってきます。

いずれも重症化してしまうと妊娠・出産への影響も出てしまうため、
不審に思ったときは婦人科での診療をするようにしてください。