生理前になるとアトピーが酷くなると悩んでいる方が少なくありません。
アトピーと生理って、関係あるのでしょうか?

アトピーは、気温や湿度、体調の変化など様々な事が原因で発症して、悪化します。
生理によって変化する身体を知ることで、アトピーの症状をコントロール出来るかも知れません。

アトピー性皮膚炎って何?

2015-04-18-1b

アレルギー物質(アレルゲン)に反応して起こる、皮膚疾患の事を言います。
アレルギー反応が起こる箇所は一定しておらず、
顔面・四肢・体幹と身体のあらゆるところに現われます。

アトピー患者は、様々な抗原に対する抗体Ige抗体が、
健康な人に比べてかなり高いことから、
アレルギー物質に対して、非常に敏感に反応してしまいます

アトピー性皮膚炎が何故起こるのかは、
まだはっきりとは分かっていませんが
遺伝的要因やハウスダストやカビ・ダニなどの環境要因が原因と考えられています。

アトピーだけでなくアレルギー(皮膚疾患以外にも、アレルギー鼻炎やぜんそくなど)を持つ家族が居る場合は、アトピーが子供に遺伝する可能性があります。

アトピーについてはこちらの記事も参考にしてみてください♪

生理とアトピーの関係

生理とアトピー性皮膚炎との関係は、
残念ながらはっきりとは分かっていません。

色々な説があり、
生理によるホルモンバランスの乱れから起こる、
体調不良の一つとする説や、
生理前の体調不良が原因のストレスが原因と言われています。

その他にも、生理中は免疫力が低下する事から、感染症に罹りやすくなります。

また、アトピー皮膚炎の症状が出ている箇所では、皮膚が熱を持っていることから
生理前の高温期による、体温の上昇が、アトピー皮膚炎の悪化を誘発しているとも言われています。


https://twitter.com/aya_rin15/status/780047939917914113?lang=ja
やはり生理前にアトピーが悪化してしまう方は少なくないようです。
ですが、自分なりの解決策を見つけてうまく付き合っていけると良いですね(*^^*)

アトピー悪化予防は?

油脂分の多い食事はアトピー性皮膚炎を引き起こすと言われていますので
控えて、野菜中心の食生活にします。

皮膚を清潔に保つように、毎日入浴します。
また、入浴のあとには、皮膚が乾燥しないように保湿剤をきちんと使用して、
皮膚の状態に気を付けます。

ハウスダストなどが、
アトピー性皮膚炎を悪化させる要因の一つですので、
きちんと部屋を掃除して、部屋の換気を毎日行います。

ただし、PM2.5などで大気自体が汚染されて、
刺激物質になる事もありますので
換気をするとアトピー性皮膚炎が酷くなるようなら、
空気清浄機を使用する方法の方が良いです。

乾燥と高温は、
アトピー性皮膚炎を悪化させてしまう要因ですので、
室温と湿度の管理をしっかり行います。

参照:http://item.rakuten.co.jp/
室温は汗ばむ事が無い程度にして、
湿度が低い場合は加湿器を使うなどして湿度を保ちます。

加湿器のお求めはこちら

直接肌に触る下着や衣服は、刺激の少ない素材にします。
ナチュラルコットンは柔らかくて、刺激が少ないのでお勧めの素材です。

ですが刺激を受ける素材は個々人で違いますので、
少しでも痒み赤みが出るようなら、身につけない方が無難です。

皮膚に余計な刺激を与えない。
皮膚が弱くなっていますので、
軽くこする程度でも皮膚には強い刺激になります。
入浴後に身体を拭くときにも、ごしごしと身体を拭くのではなく、
身体にタオルを当てて水分を吸い取るようにします。

こちらの記事でもアトピーについて詳しく説明しています(*^^*)


日々の生活で、人は誰しもが様々なストレスに晒されています。
生理前になると起こる不快感から、
普段であれば処理できるストレスの形容量を超えてしまっているかも知れません。

ですので、生理前の時期には、
意識してストレスの軽減に努める事も、アトピー皮膚炎の症状の緩和には必要です。

美味しい物を食べる、カラオケに行く、映画を観る、
どのような事でも良いので、
楽しいと感じる時間を過ごすとストレスは軽減されます。

また、睡眠不足はそれ自体もストレスの原因になりますが、
同時に疲労が取れずに蓄積される事で、ストレスの形容量が減少します。

生理前、普段よりも睡眠時間を多く取るのも大切です。

まとめ

2015-04-18-1c

痒くて辛いアトピーですが、
女性にとってはお化粧が出来なくなるのも、大問題です。
折角お洒落しても、お化粧が出来なくては遊びにも行きたくなくなります。

せめて薄化粧位は、いつでも大丈夫なように、
日々の暮らしを工夫して過ごしたいですね。