冬の悩みの種、静電気を除去するグッズが今、大変人気です。
しかも、キーホルダーやアクセサリーのように、
身に着けても邪魔にならないデザインのものが豊富に販売されています。

これらの静電気除去グッズの仕組みや使い方、
ちょっと目を引くおしゃれなグッズについて、ご説明します。

冬場の静電気は、乾燥するため起こる

2015-11-16b

静電気は、冬場などの空気が乾燥する季節になると、
特に「バチッ」と来やすくなりますよね。

もともと人の身体は、生活しているうちに起こった摩擦などで
発生した静電気が溜まるようにできています。

この溜まった静電気がどうなるかと言うと、
周囲の水蒸気を伝って体外にゆっくりと逃げて行くのです。

水は電気を帯びる性質がありますから、
気体となった水蒸気も、人の身体に触れたところからどんどん静電気を奪っていきます。

ですが、乾燥して空気中の水蒸気が極端に少ない状態になると、
自然に逃げていく静電気の量は激減してしまいます。

そのため、体内には静電気が溜まり放題になり、
その状態でどこかに触ると、その静電気が一気に体外に放出され、
大きな刺激を伴うのです。

残念ながら、乾燥する季節の日常生活において、
静電気を溜めにくくする手立てはありません。
いかにして、刺激を少なくして静電気を放出するかがカギとなります。

静電気除去グッズの仕組み

では、静電気除去グッズに触れると、
なぜあの「バチッ」とした刺激が起こらないのでしょうか。

静電気除去グッズに使われている材質は、
電気を通す性質を持ってはいますが、
金属や水よりもゆっくりと電気を通します。

そのため、急激な電流にならず、
人が感知してしまうほどの刺激を与えることなく、
知らず知らずのうちに体内の静電気を逃がしてくれるのです。

この電気をゆっくり通す性質を利用し、
ミサンガやブレスレットタイプは手首からじわじわ静電気を除去し、
キーホルダーやシートタイプのものは、
人が能動的に触れることで、触れた部分から静電気を除去する仕組みになっています。

これらのグッズは、使われている材質も様々で、
中にはガソリンスタンドの静電気除去シートと
同じ材質を使っているものもあり、高い除去効果が期待できます。

静電気除去グッズあれこれ

ここで、色々な静電気除去グッズをご紹介します。


まずはミサンガタイプです。
モノトーンな色遣いがとてもシックでおしゃれですね。
こんなアイテムなら、普段のファッションにも合わせやすいのではないでしょうか。


こちらは、定番のキーホルダータイプ。
ころんとしたデザインがかわいく、邪魔にならないサイズです。
静電気除去能力は、やはり自分からしっかり触れるキーホルダータイプが優れているとか。


シートタイプもあります。
定期入れや手帳などに貼り付けて、
静電気が起きそうなタイミングで触るようにするアイテムです。
オフィスグッズに貼ると良さそうですね。


なんと、女性に嬉しいシュシュタイプもあるのです。
しかもデザインは一般のヘアアクセサリーと変わらないため、
ファッションアイテムとして十分使えそうです。


ハンドメイド好きな人は、
静電気除去能力を持つ素材を使ってミサンガを手作りするのはいかがでしょうか。

これなら、自分好みの色や柄にすることができます。
自作してプレゼントしても喜ばれそうですね。

ミサンガはカジュアルすぎるって方には
こんなおしゃれなブレスレットもあります。

参照:http://item.rakuten.co.jp/
これならフェミニンな格好や女の子らしい服装の方でも
合わせやすいのではないでしょうか?
静電気ブレスレットの詳細はこちら

まとめ

2015-11-16c

いかがでしたでしょうか。
静電気除去グッズの仕組みと、色々な形のグッズをご紹介しました。

「静電気除去」と聞くと、
機械的で無機質なデザインのものを想像してしまいがちですが、
今ではこんなにおしゃれでかわいいデザインのものが溢れているのです。

この業界がこれだけ発展した背景には、
電子機器の普及と、静電気を嫌がる人の多さがあるようです。

昔から、静電気によって不快な思いをする人はたくさん存在し、
冬が来るたびに「どうにかならないものか……」と頭を悩ませてきました。

そんな思いが今、こんなグッズになって開花したものだと言えるでしょう。

毎年静電気の刺激に嫌な思いをしてきた皆さんも、
これからは静電気に悩む必要が無くなります。
今後は、快適な冬が過ごせそうですね。