乳幼児に感染すると入院沙汰になることもある、RSウイルス
このウイルスが話題になるのは子供に感染した場合が多いからと、油断してはいませんか?

このRSウイルスは、大人も感染するウイルスで、
喉の痛み、気管支炎などの呼吸器症状が特徴です。

今回はそんなRSウイルスについて知っておきましょう。

RSウイルスは、子供に感染すると思い込まれている理由

子供に多いと言われるRSウイルス。
大人にも感染するものなのに何故そのように言われているのでしょうか。

RSウイルスに感染すると、
その他の伝染病のように抗体ができるわけではありません。

が、感染を繰り返すごとに少しずつウイルスに対する耐性が付いてくるため、
初めて感染する乳幼児期が、一番症状が重いことが多いからです。

その重い症状から、病院に行く必要が出て、
そこで「RSウイルスですね」という診断をもらうために、
いつの間にか「RSウイルスは子供に感染するものだ」という印象が強くついてしまうのです。

実際は、大人もRSウイルスに感染しますが、
子供の頃に何度も感染を繰り返し、ウイルスに耐性が付いているために、
重い症状にならずに治ってしまいます。
そのため、特定のウイルスに感染しているという自覚が無いということですね。

関連記事
RSウイルスは大人は治療の必要がない!?どんな病気?

大人のRSウイルスの症状

大人がRSウイルスに感染すると、子供とは少し違った症状が出ます。
子供の場合、乳幼児だと肺炎や気管支炎、中耳炎などが起こりやすく
入院が必要になる場合もあります。

ですが、大人の場合は、そこまで重篤な症状は出にくく、
発熱や鼻水など風邪の一般症状のほか、
咳、喉の痛みという呼吸器症状が出ます。

健康な大人なら、これらの症状も1週間ほどで治まりますが、
身体が弱っていたり、もともと喘息もちなどで呼吸器が弱い人の場合は、
気管支炎による喘鳴(胸がぜいぜい言うこと)が起こることもあります。

また、健康な大人でも、一度に体内にウイルスが大量に入ることで
重い症状になることがあります。

特に、RSウイルスに感染したお子さんの看病などで、
濃厚な接触がある場合は重症化しやすくなる可能性が高いようです。

関連記事
rsウイルスはプラズマクラスターによって除去出来るか?
rsウイルスのワクチンの費用や副作用の心配は?
RSウイルスと中耳炎の関係性とは?
RSウイルスの症状で子供が嘔吐したけど…コレどかな病気なの??

RSウイルスは、現在大流行中!


これらのツイートは、ネットでの報道を基に、
RSウイルスの流行を喚起するため呟かれたものです。

数日のうちにこれだけ報道されるということは、
今年がどれほどのRSウイルスの当たり年かということがわかりますよね。

ご説明のように、大人の感染では症状が軽く済むことが多いのですが、
大人から子供へ感染することは避けたいですよね。

ですから、なるべくウイルスを家庭に持ち込まないように予防を心がける必要があります。

予防方法としては、やはり外出時はマスクをして、
なるべく人ごみに行かないようにしたり、
帰宅後はうがい、手洗いをしっかり行うことを意識して、
ウイルスを寄せ付けない生活を送ることに尽きます。

まとめ

2015-10-21c

いかがでしたでしょうか。
大人がRSウイルスに感染した場合の症状などについてご説明しました。

このように、大人がRSウイルスに感染することに関しては、
特段恐れる必要が無いものと考えて良いのですが、
高齢者や、呼吸器に持病がある人は、
感染すると元々ある病気などが悪化してしまうことが多いようです。

また、病状が軽い大人から子供に感染し、
子供の方が重症化してしまうなどということにもなりかねません。

ですから、大人は感染しても大丈夫と油断せずに、
感染予防に努めることが大切です。

今年のような大流行の年は、ちょっとした隙があるだけでも、
どこかからウイルスをもらってくる可能性がありますので、
マスク、うがい、手洗いだけでも、毎日習慣づけるようにすると良いですね。