リレンザインフルエンザA型B型に有効な吸入タイプの薬です。

治療薬としても予防薬としても有用でインフルエンザの
感染拡大を阻止する為には大きな役割を果たします。

しかし、その一方でまれに副作用として蕁麻疹腹痛、
頭痛、息苦しさ
などの症状が出る事があります。
こんな時は医師に相談してください。

特に手足の痺れ嘔吐、発熱などの症状に至った場合は速やかに病院に行きましょう。

インフルエンザ治療薬としてのリレンザの効能と問題点

2015-02-22b

インフルエンザはまず鼻や喉から入り込み、気道で増殖します。

リレンザは吸引式の薬なので、この気道で繁殖している
インフルエンザウイルスに対して直接接触し効果を発揮します。

なにしろ直接作用なので、その効果開始が早く、
すぐにウイルスの増殖を抑制し始めるのです。
しかも、タミフルなどと違って吸引式ですので
人間の体内に吸収される割合が少なく、危険性も少ないと言われています。

ただ、吸引式である事の問題点もあります。

吸引式の薬を服用する機会というのはなかなかありません。
なので、使い慣れない為上手く吸引出来ない人もいるようなのです。

小さい子供さんなどには特に難しく、
お医者さんもあまり小さい子供さんには出さない事が多いようです。
更に気管限定の薬ですから、一度でインフルエンザウイルスを全滅させるような事は出来ません。

何度も使用して根気よく治療する必要があるのです。

リレンザの副作用について

前述した通りリレンザは吸引式の薬なので、服用薬や注射などに比べると
体内に吸収される量が少なく、問題が起きにくいと思われています。

しかし吸引式であるからこそ起こる問題もあります。

まず、呼吸器系の病気の人は気道を詰まらせてしまい
呼吸困難に陥る懸念があります。
このため、そのような病気の人にはリレンザは処方しないという事になっているようです。

呼吸器系の病気であるけれど、インフルエンザを診てもらったのは
かかりつけのお医者さんではなくリレンザを処方された、
という時にはその点ははっきりと確認した方が良いでしょう。

また、リレンザは副作用の報告例が少なく、副作用についてあまり解明されていない薬でもあります。

そもそも吸引用の薬なので体内に入り込む量が少なく、
異常が出るまで使用しつづける機会も少ないという事もあるでしょう。

タミフルの副作用で子供の問題行動などが取りざたされた時に
その代用薬として活躍したのがこのリレンザですが、
僅かですがリレンザで問題行動が起こったという報告もあります。

リレンザの注意点の多くは吸入式ゆえの気管に対する作用、
いわゆる呼吸困難の類を警戒するものですが、厚生労働省のガイドブックにも、
蕁麻疹頭痛、腹痛などに対する注意があります。

手足の痺れなどの激しい症状の時には危険性もあり、
すぐに医者に掛かる事を推奨しています。
インフルエンザで同じ症状になる場合もありますから
一概にリレンザの副作用とは判断出来ませんが、注意が必要なのは確かでしょう。

こちらの記事でもリレンザについて詳しく説明しています。

インフルエンザ治療薬全体について

2015-02-22c

インフルエンザは恐ろしい病気です。
特に体の弱っている小さな子どもさんやお年寄りなどは
肺炎を併発したりして亡くなってしまうケースもあります。

ワクチンによる予防接種も行われていますが、
用意したワクチンが実際に流行したインフルエンザと型が違っていた場合には
効果がなかったりと、完全に予防するには難しい場合も多いのです。

タミフルの副作用が大きく取り上げられだしてからは
多くの医師が治療にリレンザを用いるようになりました。

リレンザは効果が現れやすく、危険性も少ない抗ウイルス剤として頼もしい存在とされています。

最近は「イナビル」というリレンザと同じく吸引式ですが、
複数回使用を前提としたリレンザと違い
1回効果があるという薬が注目されているようです。

吸引の回数が少なければ、ただでさえ体内に吸収される量の少ない吸引式の薬が
体に掛ける負担が大きく減るので安全性が高くなるという事もあるのでしょう。

薬に頼らずにインフルエンザを治す方法についてはこちらを参考にしてみてくださいね。

リレンザと副作用と病院

リレンザがインフルエンザに有効な薬である事は間違いありません。
特にインフルエンザB型における効果はタミフルやイナビルよりも高く
早い解熱時間を記録しています。

ただ、薬である以上、体になんらかの負担を掛ける事は間違いありません。
何か問題が生じた場合、早めに医師に診断を仰ぎ、
問題を解決する事が一番大切な事であると言えるでしょう。

副作用が心配で今回紹介したような薬は使いたくない!という場合は
漢方が良いでしょう。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

この麻黄湯はタミフルやリレンザと同等の効果がありますが、副作用はありません。

昔から、漢方はいろいろな治療に使われてきました。
インフルエンザで漢方を処方する病院もあるようです。
リレンザなどを処方されて、副作用が心配な場合は医師に相談してみましょうね。

麻黄湯のお求めはこちら