レストレスレッグス症候群に悩む人は必見!
レストレスレッグス症候群の辛い症状を改善できる
サインバルタ治療薬の特徴や効果について徹底解説!

レストレスレッグス症候群に陥るとど
のような症状が現れるのかを詳しく紹介します。

日本では2割~5割の人に見られる一般的な病気として知られる
レストレスレッグス症候群の効果的な対処法とは?

レストレスレッグス症候群とは

2015-08-17b

世の中にはさまざまな疾患が存在していますが、
最近になってよく聞く疾患に「レストレスレッグス症候群」というものがあります。

レストレスレッグス症候群は別名「むずむず脚症候群」とも呼ばれており、
日本国内の有病率は2割~5割と比較的高い割合で推移しています。

ちなみにレストレスレッグス症候群によって
日常生活に支障をきたしている患者さんの数は
日本全国で約200万人以上と言われており、
症状を自覚していても病院を受診していない人を含めると
その数はさらに増える事が予想されます。

レストレスレッグス症候群はまだまだ疾患の認知度が低く、
一般的にはあまり知られていない病気なので
医師が見逃したり他の病気だと診断されるケースもあります。

レストレスレッグス症候群の主な特徴としては
夕方~夜にかけて足を中心に、じっとしていると
むずむずするような不快感を覚えて落ち着かなくなるという点が挙げられます。

このむずむずが異常に気になるため、不眠に陥って
生活の質が落ちてしまうといったケースも数多く報告されています。

レストレスレッグス症候群を放置していると不眠が続き、
日常生活にも支障をきたしてしまう恐れがあるので
症状を自覚したらすぐに病院を受診し、適切な治療を受ける必要があります。

場合によってはレストレスレッグス症候群による不眠がきっかけで
うつ病のような精神疾患に陥る事も考えられるため、
単なるムズムズ感だと軽視せずに早い段階での治療が非常に重要です。

足のむずむずは血の巡りが悪いことが原因の場合が多く、
こういったハーブ成分が配合されたクリームで血の巡りを良くし、
足のむずむずを和らげてくれるのだとか。

サインバルタ治療薬の特徴について

夕方から夜の時間帯で安静時にむずむずとした不快感を覚える症状は
「レストレスレッグス症候群」と呼ばれる疾患の可能性があるので注意が必要です。

一昔前までは単なる足の痺れや神経の過敏症だと
軽視されてきたレストレスレッグス症候群ですが、
最近ではその認知度が高まった事で症状を自覚した時点で
病院を受診する人も増加しつつあります。

レストレスレッグス症候群に陥ると
ムズムズする不快感の影響で睡眠中に脚を動かしたいという欲求に駆られ、
睡眠不足に陥ってしまいます。

こうした状況が長く続くと次第に日常生活にも支障をきたすようになるので、
早期に治療を始めることが大切です。

少し前まではレストレスレッグス症候群に対する
有効な治療薬はありませんでしたが、医学の進歩と共に
レストレスレッグス症候群の治療薬も数多く開発されるようになってきています。

レストレスレッグス症候群の治療薬として最近、主流になりつつあるのは
「サインバルタ」と呼ばれる治療薬です。

サインバルタは2010年にイーライリリー社から販売された抗うつ剤の一種で、
現在ではレストレスレッグス症候群の治療薬としても利用されています。

サインバルタ治療薬の効果について

2015-08-17c

日本国内ではレストレスレッグス症候群の治療薬として
認知されているサインバルタ治療薬ですが、元々は抗うつ剤として開発された薬剤です。

サインバルタの抗うつ効果は他の薬剤に比べると強めで、
うつ症状の中でも「楽しみ」や「意欲」を改善させる効果が高いことで知られています。

サインバルタ治療薬の副作用のリスクはそれほど高くはありませんが、
人によっては胃の不快感や吐き気などの消化器症状を発症する場合があります。

サインバルタには神経間隙のセロトニンと
ノルアドレナリンの濃度を増加させる効果がある為、
セロトニンによる気分の落ち込みや不安を改善する効果や
ノルアドレナリンによる意欲や楽しもうとする気持ちを改善する効果を得ることが出来ます。

また、これらの効能・効果だけでなく
サインバルタ治療薬にはレストレスレッグス症候群のむずむずする不快感を
解消する効果も期待できる為、
現在ではレストレスレッグス症候群の治療薬として広く利用されるようになってきています。