プエラリアミリフィカは植物性の女性ホルモン代用食品です。
大豆のイソフラボンと同じで女性ホルモンとほぼ同じ働きをするイソフラボンが
この植物にも存在し、それが大豆より多く含まれているとされているのです。

その為、生理不順による生理痛の場合はその痛みを緩和出来ると考えられます。

プエラリアミリフィカとは?

プエラリアミリフィカはタイやミャンマーの北部に自生する葛の仲間の植物で、
タイではシロガウクルアと呼ばれています。

原産地では若返りの薬として昔から知られていて、
この植物の塊状になった根をハーブと共に調合して飲む事で
更年期の女性の若返り薬として使用されて来ました。

このシロガウクルアを調査した所、
女性ホルモンのエストロゲンと同じ作用をする成分が含まれている事が分かり、
更に現地ではガウクルアと呼ばれる植物が多い事もあって、
シロガウクルアをそれらと分けてプエラリアミリフィカと呼ぶ事となったのです。

大豆イソフラボンの場合はイソフラボン2種によって構成されていますが、
このプエラリアミリフィカには9種類のイソフラボン類があるとされ、
女性の更年期障害に更に効果があると考えられています。

また、元々女性ホルモンのエストロゲンが女性らしさをアップさせる効果がある事から、
それに準ずる作用を持つプエラリアミリフィカも女性らしさ、
すなわちバストアップや美肌などに効果があるとされています。

プエラリアミリフィカで緩和出来る生理痛と緩和出来ない生理痛

プエラリアミリフィカには女性ホルモンのエストロゲンと同じ作用をする、
植物性エストロゲンと呼ばれる成分が含まれています。
要するにこの成分はエストロゲンの代用品という訳です。

女性の身体は二つの女性ホルモンであるエストロゲンと
プロゲステロンとに支配されていると言ってしまっても良いぐらい、
この女性ホルモンによって体調が変化します。

妊娠の準備の為にこの二つのホルモンは女性の身体をコントロールしているのです。
生理痛が酷い原因というのは、
実はプロスタグランジンE2という子宮収縮ホルモンの過剰分泌による物と言われています。

このホルモンは子宮の中で不要になった血液や胎盤などを排出する為の物で
子宮を収縮させる役割を果たすのですが、
分泌が多いと当然子宮を無理に運動させるので子宮が過剰に痛む事になります。

つまりこのプロスタグランジンE2というホルモンの過剰分泌の原因が
女性ホルモンのバランスが崩れているせいであるのなら
プエラリアミリフィカが効果がありますが、他に原因がある場合は効果が見込めないという事です。

プエラリアミリフィカを使用する際の注意点

女性の身体は女性ホルモンの分泌によってコントロールされている事は前述しましたが、
プエラリアミリフィカを服用する場合はその女性の身体の周期に合わせなければ
逆に生理不順を引き起こし体調を崩してしまう恐れがあります。


このように実際に問題が起きている報告もあるので、用法は必ず守って使いましょう。
エストロゲン不順によって引き起こされる生理不順や生理痛を調整するには、
排卵期が過ぎて生理前になったら服用を止めてプロゲステロン優位の状態にする必要があります。

生理が始まったらまた服用を始めて大丈夫です。
ただし、妊娠中や授乳期は服用しない方が良いでしょう。

また、過剰摂取もホルモンのバランスを崩す恐れがあるので、
豊胸の為と思ってたくさん摂取するのはやめましょう。

豊胸という誘惑

2016-02-06c-2

プエラリアミリフィカは生理不順を調整する他に豊胸効果がある薬として
製品中に配合されている事が多く見受けられます。

しかし、前述したように女性ホルモンによって調整されている女性の身体にとって
女性ホルモンの代用品であるプエラリアミリフィカは一歩間違えると劇薬になりかねません。

胸を大きくしたいというのは多くの女性の、
特に思春期の女性にとって切実な望みとなる事がありますが、
そのせいで大きく体調を崩して将来的な身体の不調を抱えてしまっては意味がありません。

せっかく大きな胸を叶えても顔色が悪くふらふらしているようでは
楽しい毎日を送る事が出来なくなってしまいます。

あくまでもプエラリアミリフィカはサポートしてくれるものとして考えて、
適度な運動や健康的な食生活を心がけるのを忘れないでくださいね(*^^*)


何と言っても健康が一番女性を美しくみせてくれるのです。