アデノウイルスが原因で引き起こされるアデノウイルス感染症の中でも
多いのがプール熱(咽頭結膜熱)です。

プール熱は、その名の通り、プールを介してウイルスに感染し、
発熱や咽頭炎、結膜炎などの症状を引き起こすのが特徴ですので、
アデノウイルス感染症は、夏の時期に流行しやすいと言われています。

しかし、アデノウイルスは、プール以外にもくしゃみ、咳などの飛沫、目ヤニ、
糞便などを解して、感染する場合がある程、感染力は非常に強いウイルスです。

その為、アデノウイルス感染症は、夏以外にも流行する恐れがあります。

現在のところ、プール熱(咽頭結膜熱)には
特別な治療薬、ワクチンなどはないのが現状です。

その為、症状を抑える対症療法のみで、
治療を行っていかなければなりません。

そこで今回は、プール熱(咽頭結膜熱)にかかってしまった場合の
レメディでの治療法について、ご紹介します。

ホメオパシーとは

2015-07-21b

ホメオパシーのホメオは、「似たもの」と言う意味です。
ホメオパシーのパシーは「病気」という意味です。

両者合わせると「同種療法」「類似療法」と言う意味になります。
具体的に言うと「似たもので似たものを治す、癒す」と言う意味になります。

例えば、のどに痛みがない場合、
生姜湯を飲むとヒリヒリとした痛みを感じますが
のどに痛みがある場合は、痛みを感じる事はありません。

そして、自然とのどの調子が良くなっていきます。
このように「似たもので似たものを治す、癒す」ことを同種療法と言います。

薬の代わりにレメディーを摂って、
症状を抑えるのがホメオパシー療法の特徴です。

症状は、身体が浄化されている証であると言われています。
その為、レメディーによって症状が自然と排出されていくことで、
病気が治癒されていくというのがホメオパシーの考え方です。

レメディとは

自然界に存在する植物や鉱物を高度に希釈し、
その液体を染み込ませた砂糖玉がレメディです。

キャンディーと思っていただいても良いでしょう。
レメディは、ホメオパシーの超微量の法則に基づいて作られるのが特徴です。

海外では、ホメオパシーのレメディによる対症療法は、
医学的にも認められている為、健康保険が適用される事も多くありますし、
駅や空港の売店やドラッグストアで
ホメオパシーのレメディが数多く販売されていますので、
風邪薬を買うように手軽に購入する事が出来るようになっています。

しかし、日本ではホメオパシーのレメディの認知度は低いのが現状です。
砂糖の玉(レメディ)を一粒、舌の下に入れて、溶かしながら摂ります。

他のレメディを摂る際は、最初に摂ったレメディが
完全になくなるまでは摂らないようにしてください。

レメディーのメリットとは

レメディは、自然界に存在する植物や鉱物を使用している為、
副作用の心配がありません。
ですので、赤ちゃんや妊婦、高齢者の方にも最適となります。

レメディはその症状によって、種類も様々あるのが魅力です。
最近では、いろいろな病気に備えて、
38種類のレメディーキットが数多く販売されていますので、
いざと言うときにすぐに対処することが出来ます。

仮に症状に合わないレメディを摂ったとしても、
効果はもちろんですが副作用もないですので、気軽に試すことが出来ます。

そして、レメディの最大のメリットは、症状を引き起こす物質をレメディによって
体内に摂り入れることで、免疫力を高められることにあります。

これにより、十分に自然治癒力が期待出来るようになります。
慢性的な疾患やアレルギーを持つ方は、
特に免疫力が弱いと言われていますので、ホメオパシーレメディは、まさに最適です。

まとめ

2015-07-21a

アデノウイルス感染症の一つであるプール熱には特効薬がありませんので、
病院へ行って治療をするというよりも症状を緩和する対症療法を行うということが大前提となります。

レメディによる対症療法は、時間や手間をかけることなく、
体内からその症状を引き起こす物質を出し切ることで、
体の免疫力を高めて、自然治癒を目指そうというものです。

現代医学では、薬によって症状を抑える為、
症状はなかなか治まる事はありません。

そして、免疫力がより低下することで、自然治癒力が低下していきます。
これにより、他の病気を引き起こす恐れがあります。

ですので、プール熱にかかってしまった場合、
まずはホメオパシーレメディを一度お試しになってみてくださいね。


参照:楽天市場

ちなみに、プール熱に良いとされるレメディはAconです。
初期症状にこちらのレメディが良いそうです。
結膜炎にはKali-mが良いそうなので、お試しください。
Aconのお求めはこちら