夏に子供に多い病気でプール熱というものがあります。
プール熱とは咽頭結膜熱のことで、アデノウイルスというウイルスが原因で発症します。

プールの水を介して人へと感染していくことが多いのでプール熱と呼ばれています。
39度前後の熱が出て、結膜炎などの症状もあるのでどう対処すればいいのか、

仕事は休んだ方が良いのかなど、困惑してしまいますよね。
今回はプール熱になった時の対処法や感染の予防方法などについて調べてまとめていきたいと思います。

登園・登校は不可!

プール熱とは、冒頭でも記述した通りアデノウイルスというウイルスに感染することにより発症します。
潜伏期間が2〜14日と長く、症状が出てからも3〜7日程度続くのが特徴です。

症状は、のどの痛み目の充血涙が多く出る目やに目のかゆみ
頭痛食欲不振、39度から40度の発熱が7日間程度続きます。
毎年6月の末から8月の間がピークで流行する時期なので気を付けなければなりません。

プール熱にかかってしまった場合、根本的な治療法がないのでうがい薬点眼
鎮痛剤解熱剤などで様子見をするしかないようです。

目の充血にはステロイドや抗生剤の点眼を使用することが多く
目のかゆみがひどい場合にはかゆみを抑える抗ヒスタミン成分の入った点眼を処方されます。

その他の対処法としては、脱水症状にならないようにしっかり水分を与えるようにしましょう。
食欲も無いと思いますが、少しでも食べれるように柔らかい食べ物を用意してあげましょう。

そして刺激の強い物を飲食しないことです。
柑橘系や炭酸のジュースや辛い食べ物、熱い食べ物などの刺激物は避け、
牛乳や麦茶、ゼリー、お豆腐などのようにのどの通りが良いものを飲食するようにしましょう。

症状が治まってからも2週間から4週間程度はウイルスを排出し続けるので、
二次感染に気をつけましょう。

子供の保育園や幼稚園、小学校は症状が出なくなって
二日間程は登園登校は法律にて定められているのでできません
なので必要であれば仕事を休むか、
大人は法的に出勤停止などと定められてはいないので、病児保育を頼るといいでしょう。

プール熱は大人にも二次感染するの?

プール熱は大人にも感染します。
感染経路は飛沫感染接触感染です。

飛沫感染
感染している人が咳やくしゃみをして
空中に漂ったウイルスが体内に入り込むことで感染すること。
接触感染
タオルの共有や、感染している人が目を擦ったり手
で咳を受け止めた後に手洗いや消毒をせずに人に触れてしまい、
何かしらで体内に入り込んでしまい感染すること。

プール内の塩素消毒が十分でなく感染してしまうのは接触感染となります。

プール熱の検査方法は血液検査と迅速検査によって行われます。
血液検査の方法は、1回期間をあけて検査し、
1度目の検査より1度目の検査で抗体が上がっていた場合にプール熱だと診断されます。

時間がかかるので合併症が疑われる時などには行われますが、
基本的にはプール熱は迅速検査にて診断されます。

やり方は綿棒で喉をこすりアデノウイルスが粘膜にいるのかを調べます。
約30分で結果が出ますが、発症してから間もない場合は陽性にならないこともあるので、
症状をみてプール熱と診断されることもあります。

プール熱の予防する方法は?

手洗いうがいを徹底する。

しっかり泡立てた石鹸できちんと爪の中まで洗い、
うがいも出来ればイソジンなどのうがい薬を使うと良いでしょう。

スーパーなどでも手に入るときがありますよね(*^^*)

マスクの着用

飛沫感染による感染を防ぎます。

タオルやハンカチの共有をしない

目やにや唾などの体液がついてしまっている場合二次感染する恐れがあります。
沢山ついていた場合には洗濯しても落ちきらないことがあるので、洗濯物は分けて洗った方がいいです。

お風呂は感染者が後に入るようにする

プール熱と同様、感染者が入ったあとに入ると水中のアデノウイルスによって感染する恐れがあります。

免疫機能が低下しないよう十分な睡眠とバランスのとれた食事をとること

免疫力が低下するとどんな病気にもかかりやすくなってしまうので、
大前提として免疫機能の低下に気をつけましょう。

赤ちゃんのおむつを交換した後の取り扱いに注意

交換した後は感染を防ぐために袋に入れてしっかりくくるなどして捨て、
丁寧に手洗いをしましょう。

対処法はこれ!

プール熱に使用できる市販薬としては、ロキソニンなどがあります。

熱を下げ、痛みを和らげてくれるので風邪薬に常備している方も多いのではないでしょうか?

ただ、飲み方や分量を誤れば嘔吐や意識混濁などの副作用もあり危険なので、
絶対に誤った飲み方をしないよう気をつけてください。
医師に相談した上での服用をオススメします。

まとめ

  • プール熱には根本的な治療法がない
  • 検査方法は迅速検査にて30分で診断できる
  • 洗いうがい、マスクで予防
  • タオルの共有で二次感染を防ぐ
  • プール熱にもバファリンやロキソニンが効果的

今回はこれらについてまとめさせていただきましたがいかがでしたでしょうか?

夏にはヘルパンギーナや手足口病なども流行しますし、
熱中症にも気を付けなければならないので大変ですよね。
出来るだけ何の病気にもかからないよう健康的にいたいですね。