嘔吐と下痢が続く嘔吐下痢症は大変辛い病気です。
なにしろ水のような下痢と、
吐く物が無くなっても続く吐き気が何日も続きます。

この病気はその多くがウイルス性胃腸炎だと言われています。
基本的に治療薬はありませんが、
自然な状態で発症から治癒するまでの期間は大体1週間前後とされています。

嘔吐下痢症とは?

2015-12-23b

嘔吐下痢症とはその名の通り
嘔吐と下痢が続く症状で、正式には胃腸炎です。
胃腸炎の多くはウイルス性胃腸炎で、
その中でも多いのがノロウイルスとロタウイルスになります。

それぞれのウイルスの活性化する時期はノロウイルスが秋から冬、
ロタウイルスが冬から春とされていて、
ノロウイルスはどの年齢でも満遍なく罹り、
ロタウイルスは特に乳幼児が罹りやすい病気です。

中でもロタウイルスは重症化しやすいウイルスで、
それを防ぐ為に今は生後104日前までに赤ちゃんにワクチンを摂取して、
ロタウイルスの感染を防ぐか、重症化を避けるという方法が取られるようになりました。

ノロウイルスはロタウイルスに比べれば軽く済みますが、
だからと言って油断してはいけません。
これらのウイルス性胃腸炎で最も危険な症状は脱水症状なのです。

大人はまだ水分補給を自分で行えますし、
身体の水分に余裕がありますが、赤ちゃんは激しい下痢が続くと
すぐに脱水症状に陥ってしまいますし、水分を自分から摂る事もしません。
ぐったりしたら病院へ連れて行きましょう。

嘔吐下痢症で注意する事

ロタウイルスにしろノロウイルスにしろ他のウイルスや細菌にしろ、
胃腸炎の原因となるウイルスや細菌は感染力の強い物が多く、
またアルコール除菌が効くものと効かないものがあります。

ウイルス類にはアルコール除菌はほとんど効かないので
泡の石鹸で丁寧に手洗いを敢行してください。

家庭に1人発症者がいると
予防をきちんとしないと次々と感染してしまいます。

全員が倒れてしまうと看病する人がいなくなってしまうので大変です。
ノロウイルスもロタウイルスも潜伏期間は1日から3日程度なので、
最悪看病中に倒れる羽目になる事もあります。

それを避けるには出来るかぎり看病時に予防をしなければなりません。
まずは面倒臭くても
使い捨ての手袋やエプロン装備で嘔吐物や便の処理をする事、
床やカーペット家具などに飛び散った場合は
塩素系漂白剤を10倍程に薄めて、それを使って拭きとってください。
手指は先に述べたように、
泡の石鹸を使って丁寧に手首から指の間まで洗うようにしましょう。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

もちろん、家にあるもので処理することは可能ですが、
嘔吐物の処理するためのセットもありますので
一つ常備しておくと、すばやく処理することができます。

消毒薬なども全部揃っているので大変便利です。
汚物の処理ツールBOXの詳細はこちら

関連記事
嘔吐下痢症はお風呂に入浴することで感染するってほんと?
嘔吐下痢症による手足の痺れは、ツボを押しても無意味だった!

嘔吐下痢症は何日で治るのでしょうか?

ノロウイルスもロタウイルスも
自然な状態なら大体発症から1週間前後で治ります。
個人差があるので3日で治る人もいれば10日掛かる人もいます。

誰々は3日で治ったのに
自分は1週間掛かったなどと比べてもあまり意味がありません。

また、下痢止めや嘔吐を止める薬を飲むと、
それだけウイルスや菌の排出が遅れます。
嘔吐下痢症に罹った際にはそれらの薬は服用しない方が良いでしょう。

何度も繰り返すようですが、嘔吐下痢症で一番怖いのは脱水症です。
特に小さい子供さんはあっという間に脱水症になってしまいます。
更に幼児の場合は飲みたくない時に水を飲むという事が出来ません。

水分補給が出来ていないと思ったら、早めに病院に行きましょう。
水分補給は経口補水液が一番良いのですが、味噌汁やスープも水分補給に役立ちます。

味噌汁は血中の塩分濃度と塩分濃度が近いという事で、
水分と塩分の補給に向いている便利な食品です。

嘔吐下痢症に治療薬なし

嘔吐下痢症の原因となるウイルスに効果のある治療薬はありません。
その為わざわざお医者さんに行く必要があるかどうか迷うと思います。


大体はこういう結果に終わるはずです。
しかし、中には他の病気だったり、
他の病気を併発していたりする場合もあります。

嘔吐が6時間から12時間を越えて続いていたり、
吐瀉物が緑色だったり、血便が出たり、元気がなく抱きつく力もなくなり
眠ったり起きたりを繰り返したり、痙攣を起こしたり
激しい腹痛を訴えたりする場合はなるべく早めに病院に連れて行きましょう。

実は冬場に多い病気に腸重責というものがあり、これは腸が腸にめり込む病気なのです。

が、この病気も嘔吐を繰り返します。
この病気だと吐瀉物は緑色の胆汁を吐くので、
その吐瀉物を確認したら急いで病院にいきましょう。
命の危険がある病気です。