元旦に「あけましておめでとう」と共に食卓に出るのがおせち料理ですよね。

彩華やかなおせち料理は、
1年のスタートに食べる日本では当たり前の食文化のひとつですね。

でもおせちはいつごろから今の形で食べられていたのでしょうか?
また、おせちの起源はいつなのでしょうか?

そんなおせちの歴史について詳しくみていきましょう。

おせちの起源は日本じゃない?

2015-11-12b

おせちの由来は、もともと中国なんです。
中国の唐の時代、竹の節のように区切るようにして
1年の中にお正月などの特別な1日をつくりました。

その特別な1日のことを、唐では節(せち)と呼んでいたのです。
この特別な日を節とする習慣が日本にも渡ってきて、おせちが出来たといわれています。

日本での発祥は奈良時代から

日本に節という考え方が渡って広まってきたのは奈良時代の頃です。
もちろんまだ庶民的なものではなかったですが、
宮中では宮中行事として行われるほどにまでなりました。

お正月のような暦の上で区切りになるときに、
お供えものと宴をするような宮中行事です。

この宮中行事のことを当時、
暦の節で行うものだからこそ節会(せちえ)と呼んでいたのです。

この節会の中で出された食べ物のことを、
御節供(おせちく)と言っていて、
これが今のおせちのもともとの語源になったのです。

とはいえ、まだまだ宮中行事の食べ物なので、
現代のようなおせちの形ではありません。

現代のおせちのような形になるのは、
江戸時代に入ってからです。
というのも、節となる日を祝日と幕府が定めたことによって
庶民の間にも御節供の習慣がだんだんと広まってきたからです。

1年の内、節となる日は5回ありますがその中でも
お正月の日を一番重要視する考え方が広まったので、
御節供はお正月に食べるものになったのも江戸時代のことです。

江戸時代は、劇的に色々な食の文化がうまれましたが、
それと比例するように御節供として食べる料理の種類も増え、
さらにはその料理それぞれに意味を込めて御節供を食べるようになったのです。

第二次世界大戦後は、作るから買うおせちへ

実は第二次世界大戦前までは、
御節供のことを一般的な人たちは食積(くいつまみ)と呼んで親しんでいました。

もちろん、大みそかにおせちを家庭で作って
お正月に食べるというのも習慣化していました。

ですが、第二次世界大戦が終わり日本が次第に豊かになっていくと、
今までは自宅で手作りするのが当たり前だったおせちを、
デパートなどで買うようになりました。

デパートでおせち料理を”おせち”として販売するようになり、
今では”おせち”という名前が定着したのです。

おせち料理のうんちく

おせち料理の一品一品にはそれぞれ意味が込められています。


参照:楽天市場

重箱へ詰められているのも
「めでたさが積み重なるように」との意味があります。
詰め方にも意味があったり、ただ種類が多いから大きな重箱に入れているわけではないのです。

重箱のお求めはこちら

それぞれの意味をうんちくとして知っておくと、
お正月に子供と一緒に食べるときに教えられることはもちろんのこと、
食べるときにありがたみを感じられますよね。
おせち料理一品一品に関するうんちくをご紹介していきます。

黒豆
黒豆はおせちに入る定番ですが、
黒豆には2つの意味が込められています。

ひとつは邪気払いという意味、
もうひとつは黒く日焼けしてしまうほどマメに働くという意味が込められています。

数の子
縁起物のひとつですが、数の子はニシンという魚の腹子ですね。
つまりニシンの卵のかたまりのようなもの。

たくさんの卵を食べることで、子孫繁栄を願っていると言われています。

田づくり
イワシの稚魚を佃煮のようにし飴炊きしているものです。
イワシはカタクチイワシを使用しますが、
もともとカタクチイワシは農業で肥料として使うと
豊作になるといういわれから、豊作を願う意味で食べられています。

伊達巻き
ふんわりとした食感と甘みが子供から大人に人気の伊達巻ですが、
伊達巻の形が巻物に似ているので、
知識を増やすとか学業に励むなどの意味が込められています。

栗きんとん
地方によっては栗ではなく芋などを使うところもあるようですが、
きんとんは見た目が金色であることから、
金運を呼んでくれるという意味が込められています。

なます
なますは大根と人参で紅白をあらわしています。
千切りにした大根と人参がまるで水引のようになっていることから、
平和を願うものとしておせちに入れられます。

ブリの照り焼き
ブリは、その成長によって呼び名が変わる出世魚です。
そのため、立身出世の意味が込められています。

車エビの艶煮
エビは、茹でると腰が曲がったようになりますよね。
その姿が、お年寄りのように見えるということから
長寿の願いを込めておせちに入れられています。

煮蛤
蛤は二枚貝で、それぞれの貝はその形がぴったりと合うことから、
夫婦円満の意味を込められています。

昆布巻き
こぶ=よろこぶ、という縁起がいい食べ物です。
昆布という漢字を、子生と書き換えることも出来ることから
子孫繁栄の意味も込められています。

まとめ

2015-11-12c

おせち料理は今や当たり前のようになっているものですが、
実はおせちと呼んで食べるようになったのはごく最近のことなんですね。

おせちに入れられるそれぞれの料理の意味を考えながら食べれば、
よりありがたく食べられると思いますよ。