年末になると誰もが大掃除のことを考え出しますね。
でも、することが多すぎて、気が滅入ってしまうという人も少なくないでしょう。

ここで発想を転換して、大掃除のカロリー消費を利用してダイエットしてみてはいかがですか?

今回は、大掃除で消費できるカロリーについて、ご説明します。

こんな基準で、消費カロリー計算をしています

Print

大掃除にかかる時間は部屋の広さなどで変わってきますが、
ここでは1時間ずつ行ったという計算をします。

もちろん、大豪邸だともっと時間はかかりますし、
掃除するスペースが少ないおうちなら短時間で済むはずですので、
それは自分のお住まいに合わせて調整してみて下さいね。

また、大掃除をする人の体重によっても消費カロリーが変わります。
ここでは、女性の平均的な体重として、50kgの人の場合で考えます。

これよりも軽い人は消費カロリーが少なく、
重い人は消費カロリーが多いということになります。

また、これらはダラダラと行う場合の消費カロリーではなく、
てきぱきと無駄無く動いた場合だと考えて下さい。
こまめに休憩しながらでは、これだけのカロリーは消費できません。

大掃除の消費カロリー(床掃除編)

掃除と言えば床掃除というほど定番のメニューですね。
ここでは、掃き掃除、モップかけ、
掃除機かけ、拭き掃除の全てを行ったという前提で計算します。

掃き掃除
173kcal
モップかけ
183kcal
掃除機かけ
173kcal
拭き掃除
183kcal

以上のように全ての工程を1時間ずつ行うと、
712kcalもの消費量になります。
これは結構な消費量で、牛丼の並盛に相当するカロリーです。

これだけしっかり掃除をすれば、
牛丼一杯分が食べなかったことにできると考えれば掃除にも力が入りませんか?

もちろん、掃き掃除とモップかけ、掃除機は、どれか一つしか行わないという人もいると思います。

それでも、350〜370kcalにはなりますので、
一般的な苺ショートケーキ1つ分は消費したことになるのです。

大掃除でなくても床の掃除は日課として行う人が多いものですから、
普段から張り切って掃除するようにすればダイエット効果も見込めますよ。

ダイエットについてはこちらの記事もご参考に!

大掃除の消費カロリー(その他掃除編)

大掃除ですべきことは床の掃除だけではありません。
お風呂掃除、窓拭き、整理整頓などもしっかり行って、気持ちよく新年を迎えたいものです。

床掃除以外にも、カロリー消費が見込める掃除はこんなにたくさんあります。

窓拭き
168kcal
車庫や物置の掃除
183kcal
家具のホコリ取りや整理整頓全般
131kcal
重たいものを運びながらの片付け
252kcal
お風呂掃除
183kcal

全て合わせると、917kcalにもなります。
一日に一人でこれだけの重労働を全てこなす人は少ないと思いますが、
もしも一気に済ませてしまいたいのなら、こんなにカロリー消費ができると思って下さい。

917kcalと言えば、某ハンバーグ専門店のチーズバーグディッシュに相当します。

こんなにカロリー消費ができるのですから、
大掃除の日の夕食はいつもよりハイカロリーなものにしても良いかもしれませんね。

もちろん、日を分けて大掃除する場合もしっかりカロリー消費されているので、
一気にこなさなければいけないというわけではありません。

まとめ

大掃除によって見込めるカロリー消費量について、ご説明しました。
このように、掃除と言っても身体を動かすことに変わりないのですから
運動だと考えれば、かなりのカロリーを消耗することになるのです。

この通りにカロリーを消費するためには、コツがあります。
それは、20分以上継続して身体を動かすこと。

掃除も有酸素運動として考えると、
20分以上身体を動かさないと効率良く脂肪を燃焼できないのです。

このコツを踏まえて行えば、
「今、痩せているんだ!」とモチベーションも上がって面倒な大掃除が楽しくなってきますよ。

そうは言っても、掃除に全精力を注いでいられないという人のために、
重曹を使った掃除の技を紹介した動画を載せておきます。

重曹ならエコで身体にも優しい上に、ご覧の通りの汚れ落ちです。
是非、今年の大掃除にもご活用下さいね。