冷え性改善などのために布ナプキンに変えている人が増えているようです。
「でも、洗うのが面倒かも?」と思って、ちゅうちょしている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、そんなに面倒なものではないのです。
さっと手洗いしてから、つけ置き水に漬けてから洗濯機に入れるだけ!

つけ置き水に、自分の好きなエッセンシャルオイルを入れたり、
柔軟剤代わりにクエン酸を入れたりして、意外と手軽なんです。

今回は、布ナプキンの洗い方使用上の注意点などをご紹介します。

布ナプキンは手洗いしなくちゃダメ?

おりものだけの場合は、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗っても大丈夫です。

経血がついているときは手洗いをしてから洗濯機に入れましょう。
手洗いといっても、ゴシゴシ擦ってはいけません。
生地を傷めないように優しく洗いましょう。

布ナプキンのメリットとデメリット

布ナプキンとはコットンなどの自然素材で作られたナプキンです。
使い捨ての紙ナプキンには有害な化学物質が含まれていて、
皮膚疾患などを引き起こすリスクがあります。

布ナプキンはコットン素材で肌を温め冷えから守ってくれる効果があります。


冷え性が改善されると、生理痛も軽くなるのかもしれませんね。

デメリットは、洗うのにひと手間かかることと持ち帰らなくてはならないことですね。


布ナプキンはコットン素材なので肌に優しいのです!

布ナプキンの洗い方

まず、予洗いでさっと経血を洗い流します。

そのあと、あらかじめ作っておいたつけ置き水に漬けておきます。
つけ置き水は、お水に重曹アルカリウォッシュなどを溶かして作ります。
殺菌効果のあるエッセンシャルオイルや、柔軟剤代わりにクエン酸などを加えてもOKです。

数時間つけ置き洗いをしてから洗濯機にかけて、天日干しにしましょう。
ナプキンのシミなどが気になったら、重曹や石鹸で洗濯水を作って煮洗いしましょう。
弱火で5~10分程度が目安です。

布ナプキンの洗い方については、こちらの動画も参考にしてください。

布ナプキン用の洗剤がとても便利です(*^^*)

こちらの記事でも布ナプキンについて詳しく説明しています。

布ナプキンはお試し完璧セットが人気!

布ナプキン3枚とアルカリウォッシュ、
チャック袋の初心者向けのセットです。

  • 洗剤もついてるし、とりあえず試したい人にはおすすめだと思いました
  • 使い心地が良く肌にストレスがかからず嬉しいです
  • 使うのが初めてで、慣れないこともあってゴアゴアしてる感じが私にはダメでした

生地の感触については個人差があるようですが、
洗剤や袋も付いているのでビギナーさんには嬉しいですね!

布ナプキン使用上の注意点は二つ

布ナプキンは自然素材なので、紙ナプキンに比べると吸収力が落ちます

そのため、量が多い日はこまめにチェックして取り換えるようにしましょう。
そして、使い捨てではないので持ち帰り用の袋を用意しなければなりません。

ナプキンを入れるポーチに、持ち帰り用として密封性高い容器や袋を入れておいてくださいね。
匂いが気になる方は携帯用の消臭スプレーを用意すると良いでしょう。


確かに、持ち帰って手洗いすることによって、自身の体調の変化にも気づきやすいのかもしれません。

まとめ

  • おりものだけの場合はそのまま洗濯機洗いでもOK
  • 冷え性改善に効果がある
  • デメリットは、持ち帰らなくてはいけない手洗いの手間が増える
  • 洗い方はさっと予洗いしてから、つけ置き洗いをして洗濯機に入れる
  • シミが気になってきたら煮洗いをする
  • 紙ナプキンに比べて取り替えのタイミングが早い
  • 使用済みナプキンの持ち帰り用に密封性の高い袋を用意しなければならない

今回の内容をまとめるとこのようになります。

布ナプキン初心者向けのお試しセットがあるのは嬉しいですね。
慣れてきたら、好きな素材やデザインのものを買い足していってもいいですし、
自分の好きな生地で手作りするのもいいかもしれません。

ぜひ、試してみてくださいね!