ノロウィルスが蔓延しやすい時期と正しい対策の仕方を抑えて
危険性をぐっと減らすことができます。

風邪や他の症状と違うものなので、ノロウィルスを甘くみないように注意しましょう(≧ω≦)b

また正しい対策を知らなければ自分自身も感染するリスクを負います。
ノロウィルスの対処法を学習しておきましょう!

ノロウイルスへの感染を防ぐ為の有効な対策とは?

2015-02-16a

秋口から冬にかけて空気が乾燥し始めるため、
この時期には多くの病原菌やウイルスが空気中を漂っています。

そのため、気温が下がって寒くなるにつれて体調を崩す人が増え始め、
風邪やインフルエンザを筆頭にさまざまな感染症に罹患するリスクも高まってきます。

冬に流行する病気にはさまざまなものがありますが、
特に有名なのは「風邪」や「インフルエンザ」「RSウイルス感染症」や
ノロウイルス」などです。

この中でも特にノロウイルスに苦しめられる人は多く、その数は年々増加傾向にあります。
ノロウイルスは秋から冬にかけて流行することで知られていますが、
感染力が非常に強いので実際には季節に関わらず感染のリスクがありますΣ(・口・)!

ノロウイルスについてはこちらの記事でも
詳しく説明されていますので参考にしてみてください。

感染経路を知ることが大切

ノロウィルスは、ウイルスが付着した手や食べ物などを介して経口感染し、
激しい嘔吐下痢を発症します。

感染から発症までの潜伏期間は基本的に一日〜二日程度だと言われているので、
ウイルスへの感染源を探るのであれば前日か前々日に食べた物を疑うのが一般的です。
ノロウイルスに感染する事によって引き起こされる主な症状は吐き気嘔吐
下痢ですが他にも「腹痛」や「発熱」なども発症することがあるので注意が必要です(`・ω・´)!

これらの症状は急に起こる場合がほとんどで、
夜中に突然お腹からこみ上げてくるような吐き気腹痛を感じる事もあります。
また、ノロウイルスに感染したことで引き起こされる諸症状については
1日〜3日で収まり、後遺症なども残らないので
脱水症状」にだけ気をつけていれば問題なく快方へと向かいます☆^(o≧▽゚)o

基本は自然治療!特効薬が無いことを知ろう!

ノロウイルスに対する特効薬は存在しないので、
基本的には対症療法に頼る以外に治療法は無いのが現状です。

そのため、ノロウイルスへの感染を事前に防ぐための予防策が非常に重要となってきます。
ノロウイルスへの感染予防としてもっとも効果的なのは
原因除菌」と呼ばれる予防方法ですρ(・д・*)

ノロウイルスは非常に強いウイルスで感染力も強いため、
まずは強力に除菌できる「ハイター」などを用いて
徹底的な原因除菌を行うことが大切です。


参照:楽天市場

その主な除菌方法は、まず最初に使い捨ての手袋マスク着用して
キッチンハイターのような塩素系漂白剤を使って家中を徹底的に消毒していきます。
キッチンハイターのお求めはこちら

また、嘔吐物がある場合は飛散して感染するのを防ぐために
乾燥前の処理」が重要となってきます。
ちなみにノロウイルスはアルコールに抵抗力のあるウイルスとして知られている為、
アルコール系の消毒ではあまり効果が無いと言えます。

そのため、ノロウイルスの消毒には次亜塩素酸ナトリウムを含んだ市販の漂白剤を使用する、
もしくは「85度のお湯」を用いて一分以上の熱処理を行うのが効果的だとされています。

ハイターを利用する際の注意事項を抑えよう

2015-02-16c

ハイターのような漂白剤を用いて消毒液を作るのであれば、
500mlのペットボトルに対して原液約10ml入れて水を加えれば
簡単に使用できる「ノロウイルス専用の消毒液」が完成します。

この消毒液を使って家中の拭き掃除を行い、徹底的に原因除菌を行うことで
ノロウイルスへの感染を事前に予防することが出来ます。

また、ノロウイルスは非常に感染力の強いウイルスですので、
洋服などに付着して口から侵入する
ことも考えられます。
そのため、洋服に対する除菌も常日頃から行っておくことが大切です∩( ´∀`)∩

とはいえ、洋服への漂白剤の使用はダメージを与えてしまったり
色落ちの原因となる場合があるので注意が必要です。
ノロウイルスは85度以上の熱で一分以上の消毒を行えば死滅するので、
洋服に対する除菌については「スチームアイロン」を用いて2分ほどの熱処理を行い、
その後に洗濯をするのが理想的です。

また、カーペットなどの色落ちをする可能性がある場所にも
スチームアイロンが有効な消毒手段となります♪