夏になると日射病が心配になりますね。
日射病は太陽光を浴びることで発症する熱中症の一種です。

その為その発症期間は太陽光によるやけどである日焼けをする期間と一致すると言って良いでしょう。

日射病になった時の処置は無理をせずに日陰などで体温を下げるのが第一です。
首筋や脇の下などを冷やし安静にしましょう。

日射病とは?

2016-04-29b

日射病とは日光の直射を浴びて発症する熱中症の事です。
熱中症は体温が上がって身体のコントロールが出来なくなる症状全般の事を言いますので大きな括りで日射病を含みます。

その中で日射病に限った発症条件を挙げると、
直射日光に長時間晒された事により汗による冷却が間に合わなくなる、
或いは軽いやけどである日焼けによって汗が出なくなる、
状態になり身体を冷却出来なくなり体内の熱が急上昇しオーバーヒートが起こる事、となります。

そしてそのせいで身体の機能が混乱に陥って目眩や頭痛、吐き気などの症状を発症します。
原因が日光なのですぐに日陰などで身体を休ませる、
首筋や脇の下などに冷やしたタオルなどを当てて体温を下げる、
などの処置を施すによって回復を図るのが一番の対策となるのです。

また、更に症状が進んで脱水症状に陥っている場合は
水分補給も必要となるのでミネラルを含んだ水、スポーツ飲料などを摂取するのが良いでしょう。

日射病の期間と対策は?

日射病は強烈な陽射しによって発症する症状なので
陽射しが強力な時期が発症期間と言えます。
とは言え、具体的にここからここまでというような区切りはありませんので、
同じく太陽の光による軽度のやけどである日焼けが発症する時期と
大体同じと考えて良いと思われます。


この方の行おうとしている対策が熱中症に対するものと考えれば
このように水分補給で予防出来るという考えは正しいのですが、
実は日射病に限っては太陽光による照射で
急激に軽度のやけど状態になる事で発症する事もあるので、陽射しを遮る工夫も必要です。

つばの広い帽子を被る事、
首の後ろを覆う工夫や日光下では日傘を差すなどの対策も有効な手段となります。

最近は日射病は熱中症という大きな括りの中で一括に語られるようになった為、
個別の対策についてはあまり語られないようになって来ました。
日射病は水分を補給するだけでは防げない事を覚えておきましょう。

日射病の治療は?

日射病の一番の治療はまず身体を冷やす事にあります。
日陰で頭を高くして横になり、
首や脇の下などの動脈が皮膚の表面に近い場所を集中して
冷やして体内で起こっているエラーを沈静化させるのが大切です。
更に脱水症状をも起こしているようなら水分補給をする必要があります。
日射病の見分け方は、顔が赤くなり身体の表面が火照って汗が出ないという状態になる
ので、顔を見ると大体判別出来ます。
また、息遣いも荒くなり、
酷い時には走り続けた犬のようになってしまいます。
軽い症状の時は前述したように日陰での休憩で状態が戻る事がありますが、意識の混濁が
見られるような重篤な症状の場合は急いで病院に搬送しましょう。
熱中症で死亡者が出る事があるように、
日射病もまた熱中症の内なので症状が重篤になると
死亡者が出る事があります。
症状が酷い時には本人に自分の状態把握が出来なくなっている事がありますので、周囲の
方は注意するようにしてください。

夏の季語「霍乱」は日射病の事

2016-04-29a

鬼の霍乱という言葉がありますが、
この霍乱とは実は日射病の事を指します。
つまり鬼のような強い人が日射病で倒れるという事を指した言葉なのです。
また、この霍乱は俳句では夏の季語とされています。
暑い陽射しのせいで倒れるような出来事をも一種の夏の風物詩として風流な言葉にして
しまう昔の人のたくましさを感じさせますね。
鬼でも霍乱するのですから、
一般のひ弱な現代人が霍乱してしまうのは当然の事です。
陽射しの強い時期に帽子をかぶらずに行動したり、休憩をせずに野外の作業やスポーツや
遊びなどをやり続けるのは意識して避けるようにしましょう。
更に先のツイートの方もおっしゃっていたように常に手元に水分とミネラルを補給出来る
スポーツ飲料などを備えておくのも有効な対策です。
せっかくの楽しい夏の1日を不本意な霍乱で過ごさないようにしましょうね。