今では美容や健康の大敵とも言われる紫外線ですが、
昔はそれほどうるさく言われませんでしたよね。
紫外線に当たると、一体どのようながあるのでしょうか。

そこで今回は、紫外線の害や影響、
そしてNHKのあさイチで紹介された紫外線対策などについてご説明します。

紫外線に当たるとどうなる?

紫外線にはA、B、C波三種類があり、地球上に届くのはA、B波のみです。
A波は健康への被害は弱いものの長時間当たるとダメージを受けます。

また、窓ガラスを透過して室内にいる人へもダメージを与えるという特徴があります。

A波による影響としては、長期的な弱いダメージにより皮膚の黒化
つまり、お肌が黒くなるような日焼けを引き起こすというものがあります。

また、窓ガラスだけではなく皮膚の真皮層まで透過してダメージを与えるため、
たんぱく質を破壊してお肌のハリを失わせ、シワたるみの原因になります。

一方B波は、短時間でも強い日焼けや細胞の損傷を引き起こし、
皮膚がんの原因になると言われていますが、室内にまでは入り込みにくいです。

B波は皮膚がんの原因になるだけでなく、
強いエネルギーによって赤くただれたような日焼けを引き起こし、
メラニン色素を作り出すチロシナーゼという酵素を活性化させ、シミを作り出します。

これらの他、紫外線に敏感な体質の人は、晒された部分の皮膚に湿疹を生じたり、
痒みが出たりするなどの害があります。

昔よりうるさく言われるようになった理由

上記のように悪いことばかりの紫外線ですが、
昔はそれほど害について知られていなかったため、紫外線を避けるべきとはあまり言われていませんでした。

これは、昔は美白ブームがあまり定着しておらず、
日焼けを嫌う人が少なかったという背景が考えられます。
それどころか、紫外線を浴びることによって骨を作るビタミンDが合成されることから、
子供はどんどん紫外線を浴びるのが健康に良いとされていました。

もちろん今でもある程度の紫外線は健康に良い影響をもたらすことには変わりありませんが、
それよりも深刻な害がたくさん知られるようになったことから、
当たり過ぎは良くないという考えが主流になっているのです。

あさイチで紹介の紫外線対策とは

昨年放送されていたあさイチでは、紫外線についての特集が組まれていました。
そこで紹介されていたのは、紫外線対策のためのメイク方法でした。

白浮きを気にしてついつい薄ーく塗ってしまいがちな日焼け止めは、
顔に塗るなら500円玉くらいの量を塗ると、紫外線を防ぐ作用が最大限に発揮されるのだそうです。

日焼け止めは2時間ごとに塗りなおす必要がありますが、
ベースメイクパウダーファンデーションにすれば、
塗り直しも簡単、紫外線もしっかり防いでくれるためおすすめとのこと。

また、紫外線の影響でできてしまったシミには、
薄いものなら家庭用のピーリング乳液を週に一回程度使うことで進行を抑えることができるそう。
予防のためにはビタミンC誘導体配合の化粧水が良いようです。

こちらの記事でも紫外線について詳しく説明しています。

日頃からできる紫外線対策

メイクやスキンケア以外に日頃からできる対策としては、
顔以外の部分にも日焼け止めをしっかり塗ること、
紫外線を通さないしっかりした生地の洋服を着ること、
そしてサングラス、帽子、日傘を着用することです。

また、室内でも紫外線A波は入り込んでくるため、窓際に長時間いないようにする、
カーテンブラインドを閉めて紫外線を遮るとよりダメージが軽減できます。

もし、日焼けをしてしまったら、赤いうちはしっかり冷水などで冷やして
化粧水で水分を補い、ワセリンで日焼け部分を保護して下さい。
あまりにもひどい場合は自分で対処しようとせず、皮膚科を受診しましょう。

また、赤くならずに黒く日焼けした場合は、メラニンの排出を促すため、
あさイチでおすすめしていたピーリングやビタミンC誘導体を活用して下さいね。


シートパックを使えば、顔全体を冷却&うるおい補給ができるのでおススメです!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
これからの季節に気になり始める紫外線対策についてお伝えしました。

光に当たることは、ビタミンDの合成以外にも、体内時計を調節したり、
眠気を覚ましたりなど良いこともたくさんあります。

でも、皮膚がん皮膚炎などの健康への影響、
そして女性にとってはシミたるみなどの美容を損なう原因となるというのが困りものです。

全く光に当たらない生活も不健康であることは間違いないのですが、
だからと言って紫外線を浴びすぎるのは害以外の何物でもありません。

日差しの強い季節はしっかり紫外線をガードして、美容や健康を意識した生活を送りたいですね。