ちゃんと寝ているのに疲れが取れない寝汗が酷いという方は、
もしかすると夜間低血糖かもしれません。

低血糖と言うと、糖尿病の方が発症する病気と思われがちですが、
実は誰でも夜間低血糖を起こす可能性があります。

寝る前にお酒を呑んだり、糖分を含んだ食品を食べた場合、
その落差で低血糖と脳が判断するのです。

夜間低血糖とは

2016-01-01b

夜間低血糖とは寝ている間に血糖値が急激に下がる事で
脳が危険を感じてアドレナリンやコルチゾールなどを分泌して
体を興奮状態にして身体を起こそうとする事によって発生します。

交感神経が優位になり、体だけ起きているような状態になる訳です。
その状態のせいで悪夢を見たり、歯ぎしりをしたり、
寝汗をかいたりするので眠りが浅い場合は自分で驚いて目が覚めたりします。

悪夢で飛び起きたという経験をした事がある人は
もしかしたら夜間低血糖になっていたのかもしれません。

糖尿病患者の方の場合はこの状態になると命に関わるので、
いそいで糖分摂取をしなければなりませんが、
健康な人の場合は空腹感を感じたりといった程度で、
それほど大事に至らない場合がほとんどです。

しかし、この時眠りが深かったりすると、
苦しみながらも目が覚めずに朝まで寝てしまい、
長い時間寝ていたのに疲れが取れてなかったり、
寝汗がびっしょりかいていたりするのです。

そういった時は除湿性のあるマットを敷いておくと良いでしょう。

汗をかいてそのままにしておくと、乾くまでに寒くなって風邪をひいたり、
雑菌が繁殖してしまい、不衛生なので通気性が良く速乾性のあるマットを敷いてくださいね。

なぜ夜間低血糖になるのか?

糖尿病患者の方の場合は、インスリン注射を過剰摂取をしたか、
インスリン注射を射って作用が出ている状態で
一定以上の運動を行った時などに低血糖症になります。

もちろん普通の人と同じように食事を抜いても
低血糖が引き起こされる可能性があります。

しかし、糖尿病患者ではない一般の人が
夜間低血糖になってしまうのはどうしてでしょうか?

例えばダイエットで食事制限をしている場合、
血糖値が下がり続けて、寝ている時に危険値を越えてしまう事があります。

また、空腹でお酒を飲むとホルモンバランスが崩れ、
インスリンが過剰分泌して、寝ている間に低血糖に陥る事もあります。

普段は静かに寝ている人がお酒を飲んだ後に
異様に歯ぎしりをしたり寝汗をかいたりするような場合ですね。

また、寝る前に糖分の含まれた食品を摂り、
インスリンの過剰分泌が起こった場合、
寝ている間に夜間低血糖に陥ったりします。


この状態が続くと意識がぼんやりとしたり、
昼間やたらと眠かったりと日常に支障をきたすようになります。

実はとても怖い夜間低血糖

一般的に落ち着いた血糖状態は、約70から140 mg/dLと言われています。
この最低値の70mg/dLを切ると、人は低血糖の状態になります。

具体的に述べると、70mg/dLから50mg/dLの間だと空腹感や生あくび、
脱力感、または動悸、冷や汗、手の震えなどが発生します。

更に35から50mg/dLに落ち込むと冷や汗や手の震え、
そして動悸や不安感と言った症状に推移します。

これ以降は生命に危険な状態になってい行きます。
20から35mg/dL程でめまいや疲労感に襲われ、倦怠感を感じたり、
ろれつが回らなくなったり傍から見てもおかしい事が分かるようになります。

そこから20mg/dL以下に落ち込むと意識を失い、昏睡状態になってしまうのです。

こうなったら急いで糖分を補給しないと命を失ってしまいます。
寝ている間にもし35mg/dL以下に落ち込んでしまったらと考えると恐ろしいですね。

脳が騙される?血糖値の落差

2016-01-01c

食事を摂ると血糖値は上がります。
糖は体を動かすエネルギーですしそれは血液に運ばれて全身に送られます。

その糖が多すぎると脳が判断すると
インスリンが分泌されて血糖値が下がります。

この下がり始めの状態でそのまま寝てしまうと、
その落差から脳は糖が不足していると判断し、身体を興奮状態にしてしまうのです。

実際に日経ヘルスの記事中に
健康な人に発生した夜間低血糖を調べた資料がありますが、
この夜間低血糖の症状が出た人の場合、
最低血糖値は70mg/dLを切っていませんでした。

しかし、睡眠に入った時と、睡眠途中の血糖値の差分が40mg/dLもあり、
この為、脳が錯覚を起こしたものと考えられます。

いつもいつも寝汗をかいて悪夢を見る人は
もしかしたら危険な夜間低血糖を続けているのかもしれません。

例え本当の低血糖でなくても疲れが取れないままの身体では
いつか大変な事故を起こす可能性があります。
くれぐれも注意をしてください。