豆にも色々な種類がありますが、刀豆というのを知っていますか?
日本には江戸時代初期ごろから栽培されるようになった豆ですが、
あまり一般的ではありません。

刀豆とはどういったものなのでしょうか?
また、刀豆にはどのような効能があるのでしょうか?

刀豆(なたまめ)とは?

2016-01-29b-2

刀豆とはあまり聞きなれないかもしれませんが、その名の通り豆の一種です。
刀豆は、私たちが想像しているような豆とは思えないほど大きく成長します。

マメ科の中でも最大級とされているのです。
その大きさは、丈は5メートル、
サヤは40〜60センチとかなり大きく成長します。

食べる部分のお豆の部分は3〜5センチになるほど大きく、
豆の中でも大きめのそら豆よりもひとまわり大きいぐらいをイメージしてくださいね。

もともとは中国で薬として栽培されていた刀豆は、
江戸時代のはじめ日本にやってきました。
1696年の農業全書という文献にもすでに登場しており、
刀のような見た目から刀豆と名付けられたようです。

刀豆茶は鼻炎に効果的?

中国では薬として古くから栽培されている刀豆には
様々な効能がありますが、特に注目したいのが鼻炎に効果的ということ。

昔から排膿効果があることでよく知られています。
排膿というのは、読んで字のごとく膿を排出してくれることです。

鼻炎をはじめ、蓄膿症や副鼻腔炎は膿がたまることで引き起こされます。
この膿を外へと排出してくれる効果を持つ刀豆茶は鼻炎に効果的なのです。

さらには、刀豆のもつカナバニンという成分は炎症抑制作用があります。
これは鼻炎の炎症にももちろん効果を発揮してくれるために、
鼻水や鼻づまりなどの症状を緩和してくれるのです。

刀豆には、カナバニンという成分の他に
コンカナバリンAという成分が含まれています。

このコンカナバリンAという成分は
免疫を改善してくれる効果があるために、
アレルギーでもある鼻炎などの改善に効果が期待できるのです。

刀豆にはタンパク毒が含まれていて、
そのまま食べるのはあまりおすすめできません。

その毒を抜くためには焙煎しなければいけないのです。
そのため、刀豆の効能をとるには焙煎をする刀豆茶が良いのです。

刀豆茶の作り方

鼻炎に効果的な刀豆茶を実際に作ってみましょう。
刀豆茶を作るにあたって、刀豆を入手しなければいけませんが
その時に注意しなければいけないのは刀豆の種類です。

刀豆といってもいくつか種類があるのですが、
食用として売られている白い刀豆が正解ですよ。

作り方の前に刀豆の下準備をします。
刀豆は、水洗いして水に30分ほどつけておきます。

水につけるのは、刀豆を皮から出すことが目的です。
30分以上つけてしまうと皮から取り出しにくくなるので
30分という時間をこえないようにしてください。

【作り方】

  1. 皮をむいた刀豆は、1日天日干しして乾燥させます。
  2. 乾燥したらフードプロセッサーなどを使って粉砕していきます。
    とにかく細かくするというのがポイントです。
  3. 粉砕した刀豆をフライパンで乾煎りします。
    目安は香ばしいにおい、そこまで乾煎り出来たら完成です。

ティーパックなどにいれてお湯を注いだら自家製刀豆茶となります。

刀豆茶はスーパーやネットショッピングでも
多数販売されていますので
自家製で作るのが面倒だという方は市販のものを飲んでみてくださいね♪

刀豆のその他の効能

刀豆には、鼻炎を改善してくれる効能があります。
ですが、刀豆のもつ効能はそれだけではありません。

それ以外の刀豆のもつ効能についてみていきましょう。

歯槽膿漏や口臭改善

すでにご紹介の通り、刀豆茶には炎症抑制作用があります。
そのため、歯茎などが腫れて起きる歯槽膿漏を改善し、
口内の炎症から起きる口臭の改善にもつながります。

血行促進

刀豆には、血行を促進させる効果があります。
血行を促進してくれることで、冷え性などにも効果的ですし
代謝もアップするので痩せやすい体作りにも効果が期待できます。
さらには、代謝が良くなることでむくみなどの改善も期待できますよ。

風邪予防

刀豆のもつ成分の効能に免疫力を高めてくれる作用があります。
これらは、アレルギーにも効果的ですが
日常的に刀豆を摂取することで免疫が高まり風邪をひきにくくしてくれます。

ダイエット

刀豆は血行を促進することで、体の代謝も上げてくれます。
代謝がアップすることで体は同じ運動をしても
カロリーを消費しやすくなるためダイエットに効果的です。
さらには、腸にブドウ糖が摂取されると脂肪になりますが
その脂肪になるのを抑えてくれるという効果も期待できます。

まとめ

2016-01-29c-2

刀豆は、鼻炎をはじめ様々な効能が期待できます。
もともとは中国で薬として栽培されていたように、
ダイエットから歯槽膿漏にまで様々な症状へ効能があります。

ただし、刀豆には毒素があるためそのままではなく
乾煎りしたお茶として飲むようにしてください。
刀豆茶でも売られていますし、
食用の刀豆から自分で手作りすることもできますよ。