女性は月に一回悩まされる生理ですが、
子宮が痛い事に加えて気になるのがデリケートゾーン蒸れです。

蒸れによって臭いや痒みも発生し、
出来ればこんな症状から解放されたいと願う女性も多い筈です。

今回はそんな女性の為に、
デリケートゾーンの処理の仕方について紹介していきます。

デリケートゾーンの蒸れが原因で起こる問題は?

2016-06-23b

上記でも軽く触れましたが、
まず最初に気になるのは蒸れによって発生する臭いではないでしょうか。

トイレに入って下着を脱いだ時にむわっと立ち込めるあの臭い…
ただでさえ生理中で落ち込む気分が更に落ち込みますよね。

それだけではなく、陰毛やナプキンに付着した経血で
かぶれを引き起こして痒くなる症状に悩まされている人も多い事でしょう。
どうやって解決したら良いのでしょうか?

蒸れの原因

何故蒸れてしまうのかをまずは知りましょう。
女性は生理中ナプキンを着用し、
更にずれないようにと生理用の下着を装着しスパッツなどを重ねて履いたりしている事でしょう。

しかし、ずれないようにするその努力こそ、
陰部の通気性を悪くして蒸れを引き起こす原因となっているのです。

現在は蒸れないようにと様々なナプキンが開発されていますが、
やはり通気性は複雑な膣の構造上、ナプキンの向上だけではなかなか確保されません。

生理中の蒸れの対処法

そんな中でも効果があるとされる蒸れに対する解決法を紹介していきます。

ウォシュレットの活用

現在は大体のトイレにウォシュレットが設置されています。
トイレに行ったら必ず新しいナプキンに変えて、
ウォシュレットで陰部を綺麗に洗い流すようにしましょう。
そうする事で清潔に保つ事が出来、蒸れを解消する事が出来ます。

 ショーツにこだわる

特に通気性が良いと言われるのが、天然コットンを使用したショーツです。
通気性が他のショーツよりも随分良く、通気性は抜群です。
ウォシュレットと併用すれば、ほとんど蒸れに悩まされる事もなくなるでしょう。

脱毛には効果があるの?

陰毛を脱毛すると生理中の蒸れは解消されるのでしょうか?

答えはYESです。
陰毛に経血が付いたり、ナプキンと陰部の中へ入り込んで
余計にかぶれを酷くしたりする場合があります。

なので、陰毛を脱毛すると経血が付着して不潔になる心配もありませんし、
通気性も良くなるので効果はあります。

VIO脱毛とは?

VIO脱毛をご存知ですか?
V(ビキニライン)、I(大陰唇の隣、太腿の付け根)、O(アナル周辺)ですが、
この部位の脱毛をする事を指します。

Vラインは自分で処理が出来るでしょうが、
Iラインは鏡を見ながらではないと上手く剃れなかったり、
太腿の付け根には大切な大動脈が走っているので切ってしまうと大事に繋がります。

Oラインに至っては自分で処理するのはほぼ不可能ですし、危険です。
そんなVIOラインを処理してくれる脱毛サロンが最近では随分と増えています。

理想の形をカウンセリングした上で剃ってくれるので、
自分の理想通りのVIOラインを手に入れる事が出来ます。

VIO脱毛のメリットとデメリット

次にメリットとデメリットを見ていきましょう。
メリットとして挙げられるのは、
生理中に通気性が良くなって陰部の蒸れを防ぐことが出来たり、かぶれを少なくする事が出来ます。

また、水着や際どい下着を着た時に美しい下半身を魅せる事が出来ます。
デメリットとしては、VIO脱毛は永久脱毛ですから、将来もう生えてくる事はありません。

なので年を取っても陰部がつるつるのままなので、恥ずかしいと考える女性もいるようです。

脱毛までしなくても、長さをカットするだけでも蒸れ予防することができます。
ハサミで切ると、毛の先端がとがってしまいチクチクしたり
下着の繊維の間から出てきたりしてしまいますよね。

こちらのカッターは熱で毛をカットしますので、毛の先端が丸くなります。
そのため、チクチクしたり下着から出てくる心配もありません。

まとめ

2016-06-23c

夏に向けてVIOラインを調整に入る女性も増えるでしょうが、
忘れたくないのがデメリットの部分です。

自分の将来も考えた上で、わざと毛を少し残したり、
最低限の処理をして清潔に保つようにする方法もあるので、
悩んだら脱毛サロンのカウンセリングで相談してみてくださいね。