妊娠したほとんどの人がつわりに悩まされます。
吐き気や食欲不振などつわりの症状や強さは人それぞれですが、
胸焼けがつらかったという人がたくさんいるようです。
とくに夕方にひどくなることが多いのだとか?

つわりだからしょうがないとあきらめがちですが、思ってもみなかったことが原因で起こっているかもしれません。
原因がわかればある程度の予防も可能になります。
妊婦が胸焼けを起こす原因と対処法をまとめました。

妊娠中に胸焼けが起こる原因

妊娠中のからだにはさまざまな変化が表れます。
つわりの原因はいまだ解明されていませんが、
ホルモンの影響による急激な変化にからだがついていけないからと考えられています。

妊娠初期に胸焼けを感じる人がいるようですが、
つわりと同じく妊娠が引き金となって起こっている可能性が高いようです。

胸焼けの症状には個人差があり胃痛腹痛を伴ったり、中には下痢の症状がある人も。
日常生活に支障が出るほどの胸焼けがあるときは、かかりつけの医師に相談してみましょう。


つわりの時期に起こる胸焼けはつわりの一種と考えられがちですが、
吐き気が治まった後もなお胸焼けが続くこともあります。
妊娠中の胸焼けの原因は次のようなことが考えられます。

  • 急激なホルモンバランスの変化
  • 自律神経の乱れによる胃酸分泌過多
  • 消化機能が弱まり、消化にかかる時間が長くなって胃酸の分泌が増加する
  • 逆流性食道炎

逆流した胃酸によって食道に炎症が起きると逆流性食道炎になる恐れがあります。

妊娠すると赤ちゃんの成長とともにお腹が徐々に大きくなりますが、
周辺の臓器を圧迫するようになると胃酸が逆流しやすくなるようです。

妊娠初期の胸焼け対処法

横になる姿勢は胃酸が逆流しやすいので、
睡眠中や朝起きがけに胸焼けを感じることが多くなります。
胃酸の逆流は枕を高くして寝ることで防ぐことができます。

夕方になると胸焼けがひどくなる人もいるようですが、
日中活動した疲れやひとやすみのつもりで横になる時間が増えているからかもしれませんね。

胸焼けは口にしたものの影響でも起きやすいようです。
症状があるときはスパイスのきいた料理や揚げ物などの脂っこい料理は避けたほうが無難です。


たんぱく質や脂肪は消化に
1時間半〜2時間の時間を要するので考慮して食べたほうがよさそうですね。
夕食は布団に入る3時間前までにはすませておくといいようです。

食べつわりがひどい人は空腹時に胸焼けを起こしやすいと言われています。
食欲不振で胃が空っぽな状態では、濃い胃酸が逆流して喉を傷めたり、
胸焼けがひどくなる恐れがあります。
すぐ口にできる飴やクラッカーなどを常備して、空腹を和らげましょう。

炭酸水を飲んだり、酸味のあるものを食べると楽になったという声もあります。
胸焼けがひどい人は食事内容や食べる時間帯に原因が隠れているかもしれません。

胸焼けについてはこちらの記事もご参考に!

妊婦でも飲める胃薬ってあるの?

妊娠中は胃腸機能が低下すると言われていますが、
妊娠中や授乳中にも飲めると言われているのがビオフェルミンです。

ビオフェルミンには、それぞれ役割の違う3種のビフィズス菌が配合されており、
腸内フローラを改善
善玉菌が優勢な状態を保つサポートをして胃腸の調子を整えてくれます。

薬はリスクの高い順に第1類〜第3類、医薬部外品に分類されています。
妊娠中に飲める胃薬はその中の一部です。

ちなみに、ビオフェルミンは医学部外品ですが、説明書には注意が促されています。
胃薬の中には妊娠に対する安全性が確立されていないものもあり、
使用説明書に控えるよう書かれているものが多いのが現状。
妊娠中は安易に市販薬を服用せず、まずは説明書を読みましょう。

妊娠の経過や体調は人によって違います。
市販薬の中には、産婦人科で処方される胃薬と同じ成分のものもありますが、
自己判断で飲むのはおすすめできません。
胸やけや胃もたれがあるときはかかりつけの医師に相談し、処方してもらいましょう。

まとめ

  • 妊娠中に胸やけが起こるのは、ホルモンバランスの変化や自律神経の乱れなどが考えられる
  • 胸焼けは食事内容の見直しや食べる時間、胃酸の逆流を防ぐことである程度の予防が可能
  • 市販の胃薬は自己判断で服用せず、かかりつけの医師に相談して処方してもらう

妊婦が胸やけを起こす原因や、胸やけを予防する方法などをまとめましたが参考になりましたか?

妊娠中はホルモンバランスが変化し、
胃腸機能も低下すると言われており、胸焼けが起こりやすいようです。

つわりの影響で食欲不振になり胃が空っぽの状態になったり、
横になると胃酸が逆流して胸焼けを起こすこともあるようです。

食事内容や食べる時間帯によっても胸やけを起こす恐れがあります。
妊娠中の胸焼けは安易に市販薬を服用せず、医師に相談しましょう。