せっかくの素肌がボロボロになってしまう可能性大!?

ムダ毛を処理した後、ヒリヒリしちゃったことって
誰もが必ず経験したことがありますよね?
間違ったムダ毛処理の危険性について徹底解説!

ムダ毛処理でよくある間違いや
正しいムダ毛の処理方法に関する知識を紹介します。

ムダ毛の処理で肌を傷付けるリスクが高い方法とは?
毛穴の炎症や色素沈着などの肌トラブルを防ぎながら
上手にムダ毛の処理を行う方法についてご紹介!

間違ったムダ毛処理で引き起こされる症状

2015-06-05b

夏の暑い時期になると多くの女性が
定期的にムダ毛処理を行うようになりますが、
ほとんどの人は間違った方法によってムダ毛処理をしているため
多くの肌トラブルに見舞われる事になります。

ほとんどの女性がムダ毛処理をする際に
カミソリを使用した剃毛を行いますが
この方法では素肌を傷付けてしまうリスクが高く
肌荒れの原因にもなり得るので避けた方が無難です。

とは言ってもムダ毛の処理はカミソリで剃るのが断然、
効率が良いのも確かです。

そのため、どうしてもカミソリによる剃毛でムダ毛処理を行うのであれば、
事前に剃毛用のローションソープなどを素肌に塗り込み、
肌荒れやお肌のヒリヒリを防止する措置を施しておくことが大切です。

間違った方法でムダ毛処理を行っている人は非常に多く、
それによって引き起こされる症状で
お肌の露出が困難になってしまうケースも散見されます。

たとえば足のムダ毛処理をカミソリで行った場合、
事前のケアをしっかり行わなければ肌荒れや毛穴のブツブツ、
黒ずみやくすみなどが目立つようになってしまいます。

その結果、スカートなどを履きたくてもお肌の状態が気になって
パンツやタイツなどを選択してしまう女性が数多く見受けられます。

また、剃るだけでなく抜くといった方法も
肌トラブルの原因となり得るので避けた方が無難です。

一見、ムダ毛を抜いて処理した方が
見た目的にもきれいに仕上がり効果も長続きするように思えますが、
ムダ毛を無理に引き抜くと毛穴が炎症を起こしたり盛り上がる事で
赤くボツボツになってしまう恐れがあります。

そのため、抜毛は剃毛以上に気をつけて行う必要がある
上級者向けのムダ毛処理法と言えます。

お肌の悩みに関してはこちらもご参考に♪

絶対NGのムダ毛処理方法とは

大半の女性はカミソリを使ってムダ毛の処理を行いますが、
カミソリによる剃毛はお肌をボロボロにしてしまうリスクが高いので
避けた方が無難だと言えます。

カミソリはムダ毛と同時に肌の表面を削り取り、
お肌を傷付けてしまうので肌荒れや炎症、
肌の乾燥を引き起こしやすい状態を作り上げてしまいます。

また、表面のムダ毛だけを剃り落とすので僅か二日後には
また新たなムダ毛が毛穴からひょっこりと顔を出してきます。

そのため、ムダ毛処理の効果が長続きせず
何度も毛を剃る手間が掛かってしまうのも難点だと言えます。

また、ムダ毛を剃るたびに肌が荒れたり炎症を起こすので肌がボロボロになり、
見た目的にも痛々しい姿となってしまうのでカミソリでの剃毛には注意が必要です。

絶対にNGのムダ毛処理方法としては、
代表的なものに石鹸やボディソープを肌に塗った上で
カミソリによるムダ毛処理を行う方法が挙げられます。

お風呂でムダ毛処理を行う場合、
石鹸やボディソープを塗ってから剃毛を行えば
肌のダメージを軽減出来ると思いがちですが、
実は石鹸やボディソープによって肌がふやけた状態で剃毛を行うと
より肌を傷付けてしまうリスクが高くなるので要注意です。


剃った後のプツプツって気になるし、ヒリヒリする場合もありますよね(*_*)

また、下から上に向かって剃る逆剃りと呼ばれる方法も
肌への負担が大きいので絶対にNGのムダ毛処理方法と言えます。

カミソリや抜く方法とは別のムダ毛処理方法もあります(*^^*)
参考にしてみてください。

このパフはドラッグストアでもよく見かけますし
手軽に処理ができそうですね( ´ ▽ ` )

正しいムダ毛の処理方法とは

2015-06-05c

カミソリを使用してムダ毛処理を行う場合、
正しい処理方法を身に付けておくことでお肌へのダメージ
最小限に抑えることが可能となります。

たとえば、シェービングクリームではなく皮膚を保護しながら処理が行える
ワセリンを塗ってから剃ることでお肌のダメージを最小限に抑えつつ、
剃った後は水かぬるま湯で流してタオルで水分を拭き取ります。

その後、アフターケアとして化粧水乳液をお肌に塗付し、
さらにワセリンを塗ってお肌を乾燥から保護すればムダ毛処理は完了となります。