女性は足の幅が狭い靴を履くことが多かったり、
ヒールが高い靴を履くことが多かったりなど
なにかと足に圧迫を与えていることが多いです。

こういった女性に多い病気のひとつに、モートン病があります。
あまり耳にしない病気ですが、どういった病気なのでしょうか?

また、その治療法はどのようなものなのでしょうか?

モートン病とは?

2016-01-30b

そもそもモートン病とはどのような病気なのでしょうか?
この病気は、トーマス・G・モートンという人が発見したことから、
このモートン病という名前がつけられていますが、
あまりよく知られている病気ではないので、
名前だけではどんな病気かすぐにわかる人は少ないです。

30〜40歳ごろで、特に女性がかかりやすい病気です。
足の見た目的な変化はありませんが、
足の中指と薬指の付け根に痛みやしびれが出るという症状が特徴的です。

この病気自体があまり知られていないことと、
足の痛みやしびれを我慢してしまうことで
知らないうちに重症化してしまうことがあります。

重症化すると、足の痛みやしびれだけではなく、
膝や腰、肩にまで痛みやこりを引き起こす原因となります。

これは足のバランスが悪くなり、
体全体が歪んでしまうことに理由があります。

重症化しないためには、
普段から足の中指と薬指の付け根に痛みやしびれを感じたら
すぐに病院で診てもらうだけではなく、
つま先立ちをした時に痛みを感じたら
モートン病の可能性もあるので病院へ行くようにしてください。

モートン病の原因は?

では、どうしてモートン病になってしまうのでしょうか?
実はまだモートン病の原因ははっきりとわかっていません。

ただ、今モートン病になる人に共通点があることがわかっています。
その共通点をみていきましょう。

共通点のひとつめは、靴です。
履いている靴のサイズが合っていないということが、
モートン病の人に共通するポイントになっています。

それは単に大きさだけではなく、
幅が細すぎるなども靴のサイズが合っていないことになります。

特に靴が小さい場合には足が圧迫されてしまい、
その圧迫は足の内部になる神経にまで達します。

足を圧迫する細いブーツやハイヒールなどは
特に足を圧迫しやすい靴なので、
そういったものを履いている女性の方がモートン病の発症率が高いと言われています。

また、足の形が外反母趾や扁平足、開帳足など
足が普通の状態ではない場合にもモートン病になっていることが多いです。

こういった足の形は、
足の親指の付け根から小指までにかかるアーチ
または土踏まずのアーチが異常な状態であることが多く、
それがモートン病のひきがねになっているとされています。

モートン病の治療法のひとつはテーピング。

その巻き方は?
では、モートン病になってしまった場合
どのような治療法が考えられるのでしょうか?

治療法はいくつかありますが、
やりやすい治療法のひとつにテーピングがあります。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

テーピングをしただけで痛みがとれてしまうという場合もあるので、
モートン病に悩んでいる人の多くがテーピング治療法を採用しています。

一番は専門医にテーピングをしてもらうことが一番。
ですが、緊急の場合などは自分で巻かなければいけないことにもなります。

そういった場合に、テーピングの巻き方を知っておくと便利ですよ。
肌色のものを使えば目立ちにくいです。
テーピングのお探しはこちら

文章で説明するよりも動画で見た方がわかりやすいので
まずは以下の動画をみてください。

テーピングの方法をわかりやすく説明してくれているので、わかりやすいと
思います。
ぜひ実践してみてくださいね。

それ以外の治療法は?

テーピングが多く採用される治療法ではありますが、それ以外にはどのような
治療法があるのでしょうか?

モートン病治療法

靴の見直し
モートン病になっている人の共通点が、
サイズの合っていない靴にありました。
そのため、靴のサイズを見直し足を圧迫しないサイズの合った靴を選ぶようにしましょう。

女性はおしゃれもあるとは思いますが、
足幅が狭まっているようなパンプスは控え、
ヒールでかかとが高くなっている靴も足を圧迫させるので控えましょう。
もちろん、足を安静にさせるということも大切ですよ。

ステロイド注射
ステロイド注射による治療法も
実際にモートン病が治ったという結果のある治療法です。

そもそもステロイド注射は抗炎症作用と
免疫抑制作用の2つがあることから、
足の痛みを抑えてくれる痛み止めのような働きがあります。

痛みを抑えてくれるので治ったようになりますが、
ステロイド注射をやめると再発してしまうことも多いため、
根本的な治療法とはいえないかもしれません。
ただ痛みがどうしてもつらい場合には選択のひとつになる治療法です。

矯正用インソール


参照:http://item.rakuten.co.jp/

靴の中に矯正用のインソールをつけるということも
ひとつの治療法となっています。
外反母趾や扁平足など足の骨のゆがみを矯正してくれるため、
これによってモートン病が改善させるというわけなのです。

副作用もなく、足のゆがみを改善してくれるので
モートン病に100%改善が認められなくても、使って損はしないと思いますよ。

SUPER feetインソールの詳細はこちら

まとめ

モートン病は、女性に多い足の病気です。
まだ名前が広く知られていないため、見落としてしまいがちですが
症状が重症化すれば、足だけではなく
膝・腰・肩にまで影響を与えてしまうからこそ、
足の中指と薬指の付け根に痛みやしびれを感じたら
すぐに病院に行くようにしてくださいね。

また、普段の生活の中で背伸びをした時に痛みがあれば
その時もモートン病を疑ってみてください。

関連記事
ストレスは肩こりや腰痛の原因になるってホント!?