朝起きるの目の周りに付いていることがある目やに
目やにに関するこのような疑問を持ったことはありませんか。

「目やにはなぜ起きたときに付いているの?」「目やにが多く出る原因は何?」
今回はそんな目やにがでるメカニズムや自分でできる対処方法をご紹介します!

目やにとは

目やにとは、目から出る分泌物のことです。
結膜角膜の上皮から出るムチンという粘液に血液細胞やまぶたの老廃物
ホコリなどが混ざって出てきたものを目やにと呼んでいます。

起きている間の目やにはまばたきにより涙と一緒に流れ落ちていきますが、
眠っている間はまばたきをしないため、
目頭目尻に乾いた状態で目やにが付着するのです。

一般的に目やにが多く出ると結膜炎を疑います。
結膜炎にも種類があり、細菌性ウィルス性、アレルギー性など種類は様々です。

目やにがすぐになくなる場合は細菌性の可能性が高く、
目やにの量が多く、目の充血がひどい場合はウィルス性の可能性が高いです。

他にも目やにが多く出る症状はありますが、
目やにが出る期間や量で症状を判断する基準になります。

目やにがひどいときは、眼科に行くことをオススメします。

目やにの正しい掃除方法

自分でできる目やにの掃除法を2つご紹介します。

1つ目は湿らせた綿棒で取る方法です。
目頭や目尻についた目やには乾いてしまっているため、
水分を含ませて柔らかくしてから取ると取りやすくなります。

目やにの原因がウィルス性の結膜炎の場合、
目やにを通じて人に感染する恐れがあるため、
素手で取らずに綿棒を使用して取ることが感染の防止に繋がります。

頻繁に湿らせた綿棒を使う場合はウェット綿棒があると便利ですよ。
一本ずつ包装されているので衛生的です(*^^*)

2つ目は蒸しタオルを使う方法です。
蒸しタオルを目にあて、目やにをふやかしてからタオルで拭き取ります。

ふやかす方法は綿棒と同じですが、
蒸しタオルを使うことで両目全体の目やにを一気に取り除くことができます。

朝の洗顔代わりに蒸しタオルで顔を拭く方もいらっしゃいます。

蒸しタオルの作り方はレンジがあれば簡単です。

【やり方】

  1. タオルに水を含ませよく絞る

  2. 濡らしたタオルをロールケーキのように丸める

  3. 500Wの電子レンジで1分温める

    (お使いの機種や好みによって調整してください)

  4. 加熱したタオルを広げて冷ます

以上が蒸しタオルの作り方です。

ポイントはしっかり絞って水分を減らすこと。
水分が多すぎると、うまく蒸しタオルが仕上がりません。

蒸しタオルがをまぶたに乗せる際は、やけどにご注意ください。

目やにの対処法についてはこちらの記事もご参考に!

目は温める・冷やすどちらが良い?

目の疲れを取る際は温めますか?それとも冷やしますか?
好みは分かれると思いますが、症状に合わせて使い分けることが効果的です。

目を温める

目を温めることで血管を広げて血液の流れが良くなり、
筋肉がほぐれてリラックスした状態となります。

リラックス状態になることで、
目の疲れからくる頭痛肩のこり緩和する効果が期待できます。

また、目を温めることはドライアイに効果があります。

ドライアイとは、目の潤いを保つ液体を出す腺がつまることで発症します。
目を温めることで、その腺の詰まった液体を溶かし、目が潤う効果が期待できます。
他にも目の周辺を温めることで、涙の分泌を促すことができます。

上記で紹介した蒸しタオルの他にシャワーで目の周囲を温める方法が紹介されています。

目を冷やす

目を冷やすことで血管と筋肉を収縮させ、元に戻ろうとする力を利用することができます。
まさに目を温めたときと逆の効果ですね。

目を冷やすのが効果的なときは、目の炎症充血を起こしているときです。

目を冷やすことで痛みを和らげる効果が期待できます。
ただし、目の炎症全て効果があるわけではありません。

症状によっては冷やさない方がいい場合もあり、
症状悪化につながる可能性があるので注意が必要です。

まとめ

目やにの簡単な取り方は、湿度でふやかして取る方法がオススメだということがわかりました。

水で顔を洗うだけでは取れない目やにも、
湿った綿棒や蒸しタオルを使うことで簡単に取ることができます。

目やには日常的に目に付いてくる厄介なものですが、時には病気のサインとなることもあります。

目やにとの上手な付き合い方をぜひ参考にしてみてください。