朝起きた時や長時間何かを見た後、
ふと気づくと目やにが出ていることってありませんか?

少しの量なら誰にでも起こりうることですが、
もし大量に目やにが出てしまったらそれは「病気」かも。

症状が重くなる前にきちんと予防しましょうね。

今回は、目やにを減らす方法や対策、予防策などを紹介しますね。

目やにが多いとこんな病気になっているのかも…

2016-04-03b

まず、目やにとは一体何でできているのか気になりませんか?

目やには、皮膚の垢のような分泌物。
目やにには目のゴミを集めて外に出すという働きがあり、
角膜や結膜から落ちた古い細胞が含まれているのです。

目やにが出る仕組みは、
細菌・ウイルスなど、「異物」が目に入ってきたときに、免疫反応として出ます。
体内の白血球などにより取り込まれた異物が、体外に排出されます。
よって目やにには細菌・ウイルス・白血球が含まれているのです。

少量なら問題ありませんが、大量に出てしまった時は要注意!
様々な病気が考えられます。

目やにが水っぽい・・・ウイルス性結膜炎
目やにが黄色っぽい・・・細菌性結膜炎
目やにがドロドロしている・・・慢性涙嚢炎

目やにがいつもとは違う!と感じたら病院を受診してくださいね。

アイボンは、目やにを減らしてくれる?くれない?

CMなどでよく目にするアイボン

CMでは「目の汚れを落とす」という効果が紹介されていますが、
実際に目やにには効果があるのでしょうか。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

公式サイトの製品紹介欄(http://www.kobayashi.co.jp/brand/eyebon/products/)には
次のような症状がある時に使用を勧めています。

目のかわき、コンタクトレンズを装着しているときの不快感、
目の疲れ、又はかすみ(目やにの多いとき)。

これによると目やにが出ているときも使用できるとのこと。
アイボンは、角膜修復や保護成分を配合した薬液のことで、
目の汚れ、ホコリなどを洗い流してくれるもの。

目の健康を考えて作られているので安心ですよね。


ネット上でも、効果を実感する声がたくさん!
もちろん、使い過ぎは目に負担なので気を付けましょうね。

アイボン Wビタミンのお求めはこちら

目やにはどうやったら減るの?

アイボンで目やにが減ることは分かっていただけましたか?
では、アイボン以外で目やにを減らす方法はあるのでしょうか。

まず、もし目やにが出てしまったら「出来るだけ触れない」ことが大切。
目やにを取る方法は、清潔な綿棒・ティッシュ・ガーゼを使ってゆっくり取ります。

乾いてしまって取れないときには、お湯に濡らした綿棒などで優しく取ります。

目やにを減らす方法として「食生活」も大切になってきます。
ゴマ油、塩番茶、芋、梅エキスなどに含まれる成分は、
「消化機能を休める」という意味で目やにに効果があるものです。

疲れによって目やにが出ることが多いので、
このような自然療法は目にも身体にも優しいのです。

しっかり予防しよう!目やに対策で効果のあること

では、最後に、普段から出来る「目やに予防」の方法を紹介します。

まず、部屋の掃除をこまめにする。
ハウスダストをなくし、通気を良くすることが大切なのです。

また、目やにには手で目を擦らないことが最重要!
帰宅後は手を洗うことを習慣づけてくださいね。
知らないうちに手にたくさんの菌が付いているものなんです。

その他にも、

  • 目をこすらないこと
  • 結膜炎の人とはタオルの使い回しをしないこと
  • 温泉、プールは細菌が多いので目薬を使うこと
  • コンタクトレンズをつけたまま寝ないこと
  • ソフトコンタクトレンズの使用期限は守ること

が挙げられます。
そんなに難しいことではありませんよね。
ちょっと心がけるだけで目やにを防ぐことが出来るんですよ。

まとめ

2016-04-03c

普段何気なく出ていた目やに。
そこまで量が多くなければ心配することもありませんが、
もしいつもとは明らかに違う目やにがたくさん出てしまった場合は
まずは病院に行くことをおすすめします。

病院で処方される目薬などを使うことが治療への近道です。
でも、病院に行く時間がない!という場合は、
ぜひ上に書いたような方法を試してみてくださいね。

アイボンは目の汚れを落としたうえで
目を清潔に保ってくれるので1本持っていて損はないかもしれません。
また、食生活を変えるなどの方法も効果的でしたね。

予防策としてはとにかく「清潔」が大切なので、部屋を綺麗に保ったり、
目に触れるときは綿棒をつかったりして
目への負担を出来るだけ軽くするようにしてくださいね。