夏などの汗をかきやすい時期金属アレルギー発症リスクが高まります。
金属アレルギーとは、汗などの体液と金属が接触することによって引き起こされる接触性皮膚炎です。

でも、タングステンチタンプラチナサージカルステンレスなど
金属アレルギーを引き起こしにくい素材もあるのです!
ワセリンを塗ってからアクセサリーを付けると症状が出にくいとも言われています。

今回は、金属アレルギーの対処方法予防方法などについてご紹介します。

手首に起こる金属アレルギーの原因は?

手首に起こる金属アレルギーの原因はほとんどが腕時計です。
特に夏は汗をかいてしまうので、手首と腕時計の触れている部分が蒸れてしまいます。

金属アレルギーの原因は金属と汗の反応です。
汗によって金属がイオン化してアレルギーを引き起こす原因となってしまうのです。

金属アレルギーとはどんなもの?

ネックレス、ピアスなどアクセサリーの金属と汗などの体液が反応して起こるアレルギー症状ということがわかりましたね。

金属と皮膚が触れている部分痒み炎症が起こり、
アクセサリーがつけられなくなってしまいます。
歯科治療で使用される被せものなどの歯科金属でもアレルギー症状が起こることもあります。

金属アレルギーの症状などについてはこちらの動画も参考にしてください。

タングステンとは?

タングステンダイアモンドの次に硬い金属です硬いため傷が付きにくく、
金属アレルギーの原因となる金属イオンが溶け出さないので、金属アレルギーが起こりにくいと言われています。


アレルギーが出にくい素材でおしゃれを楽しみましょうね。

アレルギーを起こさないアクセサリーはどんな素材?

金属アレルギーを引き起こしにくい素材は、上記のタングステンのほかに、
チタンプラチナサージカルステンレスなどがあります。

チタンはインプラントなどに使用されていて、体内に入れても大丈夫な金属です。
サージカルステンレスはメスなどの医療用器具に使用されています。

その他アレルギーについてはこちらの記事もご参考に!

アクセサリーでのアレルギーの予防に効果的なものは?

肌バリア効果のあるワセリンを使ってください。

ワセリンは油性の膜を作ってくれるので、アレルギーの症状を和らげてくれます。

ワセリンを塗ってからアクセサリーを着けてもいいですし、
ピアスの場合はポスト部分にワセリンを塗ってから着けてもいいでしょう。
https://twitter.com/pe_ro_pe_ro/status/763742330973151233/photo/1
ワセリンはピアスホールも保護してくれますよ。

病院へ行くべきかな?

必ず病院に行かなければいけないわけではありませんが、
金属アレルギーの症状が出たら皮膚科で検査をしてもらうとよいでしょう。

パッチテストという検査をするとアレルギーの原因となるアレルゲンを判定できます。
検査自体の費用は3割負担の方で1000円前後です。


自分のアレルゲンが何かを知りたいですよね!

今すぐできる金属アレルギー症状の対処法は?

症状が出てしまったら、すぐにアクセサリーを外してください。
痒みを悪化させてしまいますので、アルコールなどの摂取は控えましょう。
炎症が起こっている部分は泡で優しく洗って清潔にしましょう。

まとめ

  • 手首の金属アレルギーの原因は腕時計であること
  • 金属アレルギーとは、金属と汗の反応によって引き起こされる接触性皮膚炎であること
  • タングステン・チタン・プラチナ・サージカルステンレス素材のアクセサリーは金属アレルギーを引き起こしにくいこと
  • ワセリンには金属アレルギーの予防効果があること
  • 皮膚科でパッチテストを受けるとアレルゲンが判明すること
  • 症状が出てしまった場合はアクセサリーを外して患部を清潔にすること

今回の内容をまとめるとこのようになります。

金属アレルギーの原因は「汗」なんですね。
だから、「冬は大丈夫だけど夏はアレルギーが出てしまう」という方も多いのかもしれません。

でも、アレルギーを引き起こしにくい金属もありますし
「ワセリンを塗れば大丈夫」という方もいらっしゃいます。
ご自身に合う素材や方法を見つけて、おしゃれを楽しんでくださいね。