ステロイドかゆみ炎症に高い効果を発揮する薬です。
アトピー性皮膚炎喘息関節リウマチの治療にも使われています。

病院に行くと虫刺されや主婦湿疹、ニキビなどにも処方されますが、
ステロイドは怖いから使いたくないと拒絶反応を示す人もいるようです。

ステロイドを使うと副作用の心配があるのでしょうか?
ステロイドの基礎知識と使用上の注意点をまとめました。

ステロイドってどんな薬?

皮膚トラブルの多くは炎症が原因と言われており、
ステロイドを使うと劇的な症状の改善が見られることがあります。

気をよくして再発予防や肌を美しく保つ目的で使用し続ける人もいるようですが危険。
治療目的以外の使用は控えましょう。

使用を中止すると症状がぶり返したと感じることも。

ステロイド剤は、免疫反応を抑制するように働くため、結果としては炎症が治まり、
かゆみも治まります。

しかし、その効果はステロイド剤を使っている間だけで、一時的なものです。

ステロイドは炎症が治まるまで使用すること、
根本的原因を取り除かなければ完治しないことを頭に入れておきましょう。

ステロイドを使うと皮膚が色素沈着を起こすという噂を耳にしたことはありませんか?
炎症が長期間続くと引いた後、炎症後色素沈着を起こすことがあります。

炎症後色素沈着は治癒していく過程で起きる皮膚の一時的変化。
ステロイドのせいではないことを理解し、用法容量を守って使用しましょう。

ステロイドは副作用がある怖い薬。
そう思い込んで量を減らしたり、使わずに我慢する人もいるようです。

ステロイド外用剤ではステロイドの内服のようなリバウンドは起こりません。

副作用リバウンドが起こるのは、強いステロイドを乱用したり、
治療で内服薬を大量に投与したケースがほとんどです。
信頼できる医師の指導下で容量用法を守って使用すれば怖がる必要のない薬です。

吸収の良い顔面は塗り過ぎに注意

ステロイドの副作用が最も出やすいと言われているのが顔面です。
使用を中止することで起こるリバウンドも顔に出ることが多いと言われています。
血流の良い顔はステロイドの吸収率が高くなります。

特に目の周辺は皮膚が薄くデリケートな部分。
目のかゆみから周辺の皮膚を擦り、荒れてしまう人もいるようです。
強いステロイドが目の中に入ると眼圧が上がり、緑内障になる恐れがあります。
顔の治療でステロイドを使うときは目に入らないよう注意が必要です。

皮膚が薄く乾燥しやすい目元は、バリア機能も低下しがち。
薬が浸透しやすいので市販薬を使うときは穏やかなタイプのステロイドを選びましょう。

コートfMD 10g(田辺三菱製薬)

赤ちゃんにも使えるウィークランクのステロイド外用薬。
やさしく作用して炎症を抑えてくれます。

【2017/09/30★Amazon】
そして、テスト勉強などの眠気覚ましに目の下に薬を塗る人もいるようです。

例えば、よく使われるのがヴィックス ヴェポラップ

民間療法ともいえる眠気覚ましの方法です。


メンソレータムも定番のようですが、目の下に使うには刺激が強いと感じる人も。
いずれにしても目の際ギリギリに塗るのは避けたほうが良さそうです。

日頃からできる目の下のケア方法は?

目元ケアの基本は、刺激摩擦を避けることにあります。
ただでさえ皮脂量が少ない目元は乾燥しやすい場所。
紫外線や温湿度の影響、摩擦などにより肌のバリア機能が低下してしまいます。

シワ・たるみ防止にはマッサージが有効とされていますが、
クリームなどを使い指の滑りをよくしてから行うのが基本。
目の周辺の皮膚は薄いため、強く引っ張ったり擦るのは厳禁です。

マッサージの肌摩擦が角質層を傷つけ、水分保持力を下げたり、真皮層のコラーゲン線維や毛細血管にダメージを与えてしまいます。
その結果として、目元にシワができやすくなり、刺激により色素が沈着して「くま」の原因にもなります。

クレンジングと洗顔料は界面活性剤の少ないものがおすすめです。

ウォータープルーフタイプのアイラインやマスカラを落とすときゴシゴシ擦っていませんか?
摩擦から皮膚を守るため、目元専用リムーバーで落としましょう。
洗顔後の肌はしっかり保湿して乾燥から肌を守ることも大事です。

まとめ

  • ステロイドはかゆみや炎症に効果を発揮する薬で、使うと副作用があるという思い込みは間違い
  • 顔面はステロイドの吸収率が高く、バリア機能が低下しやすい目の下は塗り方に注意する
  • 刺激と摩擦を避け、保湿をしっかりするケアでトラブルを予防する

ステロイドの基礎知識と使用するときの注意点をまとめましたがいかがでしたでしょうか?

ステロイドは副作用のある怖い薬と思い込んでいる人もいるようですが、
用法容量を守って使用すれば心配はないようです。

顔面はステロイドの吸収率が高く、
目の下は皮膚が薄く特に吸収しやすい場所なのでランク選びと塗り方に注意。

スキンケアやマッサージで肌を擦り過ぎると肌トラブルを起こしやすくなります。
刺激と摩擦を極力避け、保湿をしっかりすることでトラブルを予防しましょう。