目は顔全体の印象を決めるとも言われている重要なパーツ。
目の下がくぼんでいると疲れた印象を与え、まぶたにくぼみがあると老け顔に見えてしまいます。

皮膚が薄い目の周りはデリケートな上、エイジングサインが出やすい部分。
肌の弾力を取り戻すにはコラーゲンプラセンタサプリが効果的と言われています。
目のくぼみの原因や目元の衰えを改善するトレーニング法とは?

目がくぼむ原因は筋肉の衰えと加齢

目にくぼみができる大きな原因は目の周りの筋肉、眼輪筋衰えです。
スマホをベッドの中まで持ち込んで、いつの間にか寝落ちしているなんてい人もいるようですが要注意。

狭い画面をじっと見ているとまばたきが減り、目の周りの筋肉が固定され血流が滞ります。
眼輪筋が衰えると眼球が下がって眼窩脂肪が押し出され、目の下に影ができてしまいます。

加齢によるコラーゲン不足もくぼみの原因のひとつです。
まぶたの皮下脂肪とコラーゲンは20歳をピークに下降の一途を辿り、
何もしないでいると皮膚にハリがなくなりくぼみができてしまいます。

コンタクトを使用している人にも目のくぼみに悩んでいる人がいます。
特にハードレンズの使用が眼輪筋に負担をかけるようです。


シミやしわ、ほうれい線などのエイジングサインを気にする人は多いようですが、
目のくぼみは年齢に関係なく疲れ顔に見えます。

眉とまぶたの間がくぼむと影ができ、老けた印象を与えるようです。
見逃さず早めにお手入れを開始しましょう。

目のくぼみを解消する眼輪筋トレーニング

目のくぼみを解消するには、目の周りを囲む筋肉「眼輪筋」を鍛えるトレーニングがおすすめです。
眼輪筋のトレーニングでは、額にしわがよるほど皮膚を引っ張り上げるのはNGです。
動画を見ながら実践してみましょう。

眼輪筋を鍛えるトレーニング(目の上のたるみ解消)

眼輪筋を鍛えるトレーニング(下まぶたのたるみ解消)


これらのトレーニングでは、眼輪筋を鍛えくぼみの原因となるたるみを解消。
目をパッチリさせ目元全体を若返らせてくれます。
眼輪筋を意識しながら動かすのがコツのようですね。

目元ケアをするとき注意したい点は、皮膚を摩擦しないこと。
目の周辺の皮膚はデリケートなので
化粧水や美容液を塗るときはやさしく押さえるように馴染ませるのがコツです。
マッサージはクリームなどを使い、指の滑りをよくしてから行いましょう。

こちらの記事でもコラーゲンやプラセンタについて詳しく説明しています。

目のくぼみ解消にプラセンタサプリメント

年齢を重ねるごとに徐々に減少していくコラーゲン
エイジング対策としてコラーゲン入りの化粧品を使っている人はたくさんいますよね。
コラーゲンを効率よく吸収するには、低分子コラーゲンペプチドを使用したサプリメントがおすすめです。


コラーゲンに並び注目されているのがプラセンタ。
プラセンタは哺乳類の胎盤から抽出されたエキスで、栄養の宝庫と呼ばれています。

母体と胎児を繋ぐ重要な器官である胎盤には、生命の源となるアミノ酸やタンパク質・脂質・糖質の三大栄養素はもちろん、生理活性成分であるビタミン・ミネラル・核酸・酵素など胎児の生育に欠かせないあらゆる栄養素が含まれています。

肌の新陳代謝水分保持力をアップ、
コラーゲンの生成を促進するプラセンタの働きが注目されています。
そんなプラセンタとコラーゲンを同時に補給できるサプリメントをご紹介します。

ミナモア

ミナモアは医薬品レベルの安全性を誇る国産プラセンタ100%のサプリメント。
含有量は業界トップクラス9900mg(原液換算)を誇ります。

不純物を取り除いた純プラセンタ粉末が、
加齢や紫外線の影響でハリがなくなり衰えた肌を内側からサポートしてくれます。

純ソフトカプセルに包み込んであるので飲みやすく、
戻り臭も防いでくれるのでプラセンタ独特のにおいが苦手な人でも安心です。

ミナモアはプラセンタの他にも、低分子コラーゲンペプチドエラスチン
ヒアルロン酸などの美肌成分がギュッとつまったサプリメントです。

まとめ

  • 眼輪筋の衰えやコラーゲン不足、コンタクトの使用などが原因でくぼみができる
  • 眼輪筋を鍛えるトレーニングが目のくぼみ解消に効果的
  • プラセンタサプリでコラーゲンの生成を促進しよう

目のくぼみができる原因やくぼみを解消する方法についてまとめましたがいかがでしたでしょうか?

眼輪筋の衰えや加齢によるコラーゲン不足、
コンタクトによる負担などがまぶたや目の下にくぼみができる原因のようです。

目の周辺にくぼみがあると疲れて見えるだけでなく、
実年齢より老けて見えてしまうので早めにお手入れを始めたいですね。

肌にハリを与えるコラーゲンやコラーゲンの
生成を促進するプラセンタの補給がくぼみ解消に効果的です。
目元が元気になる眼輪筋トレーニングもぜひ実践してみてください。