どうもまつげの生え方がおかしい、そんな事がありませんか?

これは逆まつげ、正式名称で眼瞼内反、または睫毛内反、
そして睫毛乱生と言って、目の病気の一つとされています。

ここではまつげで目がかゆい原因になる逆まつげについて
詳しく紹介していきます!

逆まつげ(眼瞼内反または睫毛内反、睫毛乱生)とは?

2015-03-10-03b

まつげは普通、目に当たらないように外向きに生えます。

逆まつげは色々な理由から内向きに生えてしまい、
眼球に当ってしまう事を言うのです。

まつげはずっとまぶたに付いていますから、
目を開けている限りはずっと眼球に当たり続けます。

その為目が炎症を起こしてかゆかったり、
痛かったりし続ける事になります。

その原因にはまぶたが内側にまくれてる場合と
まつげの生え方自体が内向きである場合があり、
内側にまくれる場合は筋肉が弛緩していたり、
皮膚のたるみのせいなどの理由があります。

皮下脂肪に厚みがある乳幼児や
筋肉が衰えた老齢者に多く見られるようです。
乳幼児の場合は成長過程で自然に治る事が多いので、
軽い場合は3歳ぐらいまで様子を見てからの治療となる事が多いとの事です。

逆まつげは自分で抜いてしまうと悪化する?

逆まつげはチクチクして目が痛痒かったり、涙が止まらなかったり、
目やにが酷かったりと、日々の生活で辛いことが多い病気です。

それでつい、自分でまつげを抜いてしまう人も多いようです。

しかし、これをやると抜いた直後は良いのですが、
原因が改善していない場合、
次に生えて来るまつげが短い内から
眼球に刺さるようになってしまい、
更に抜くといった悪循環でまぶたが腫れたり
感染症になったりする場合が往々にしてあるようです。

早めに眼科に相談する事をオススメします。

乳幼児の場合は様子を見てもまつげ自体がまだやわらかいので、
あまり害がなくさして心配がないのだという事です。

大人で筋肉が弛緩していたり、皮膚がたるんでいたり、
まつげが歪んで生えていたりする場合には、
専門医による診断と対処が必要なので、
まつげだからと軽く考えずに診断を受けましょう。


寝られなかったり、メイクまでも影響がある逆まつげは厄介です(*_*)

まつげに関しては、こちらの記事も参考にしてみてください(*^^*)

逆まつげの治療方法は?

2015-03-10-03c

乳幼児の逆まつげは、
どのタイプの症状の物も成長する内に治る事が多く、
前述したようによほど重症な場合を除き、
3歳ぐらいまで様子を見る事となります。

しかし、成長しても治らなかったり、
高齢になってからの逆まつげなどは、手術をして治療する事になります。

手術の方法は逆まつげのタイプによって様々な物があり、
まぶたの皮膚を外側に向けたり、
レーザー治療でまつげの生えて来る方向を変えたりします。

手術には保険が適用され、基本は日帰り手術です。
診断は眼科で、手術は形成外科でという事もあるので、
総合病院か近場に提携している病院がある所で診てもらうのが便利ですね。

手術の代金は保険3割適用で、片目で6000円前後、
両目で12000円前後という事が多いようです。

逆まつげで長く勝手の悪い思いを味わっている人は、
早めに適切な診断と治療を受けてすっきりしてしまいましょう。

手術を受けるのはちょっと、、という場合の対処法としては
部分的にカールできるビューラーがいいのではないでしょうか?

目の端から端までのフルサイズのビューラーでは
逆まつげの角度に合わず、綺麗にまつげが上がらないことがあります。
部分的ビューラーであれば、少しずつ上げていくので
やりやすいように上げれますし、まぶたを挟みにくいですよ。

誰にでも発病する可能性がある逆まつげ

逆まつげになる条件は、先天的に生え方が乱れている場合を除き、
全ての人に成り得る可能性があります。

太ってまぶたが厚ぼったくなった場合、
何かの原因でまぶたが腫れてしまった場合、
年齢を経て筋肉が弛緩してしまう場合など、誰にでもあり得る事です。

ただ、逆まつげはよほど重症でない限り、
ちょっと勝手が悪いぐらいで済まされてしまいがちで、
酷い状態になったらまつげを自分で抜いて、
それで解決としてしまうかもしれません。

しかし、抜いてもまた生えて来るので、根本的な解決にはなりません。

そのままだと眼球表面が炎症を起こし、
それが更に悪化する事もあるので、
やはり専門医で治療を受けた方が良いでしょう。

とは言え、それが肥満に由来する場合や
一時的な腫れなどに由来する場合は、
原因が解決すれば治ると考えられるので、
様子を見るという考え方も間違ってはないとも言えます。

でも、やはりあまり酷くなる前に、一度は病院に行った方が良いでしょう。