野菜の代表でもあるきゅうりですが、
今や1年中食べることが出来る野菜です。

彩としても味わいとして副菜などにプラスする機会も多いはず。
ですが、このきゅうりには最近発見された
新しい栄養が含まれているって知っていましたか?

また、その栄養は女性なら誰しもがほしい栄養。
新しく発見された栄養についてみていきましょう。

ホスホリパーゼとは?

2016-01-24b-2

きゅうりは栄養がない。
そんな風に言われることが多いですが、
実はきゅうりにはホスホリパーゼという栄養が含まれていることが2010年にわかったのです。

では、ホスホリパーゼとはどういった栄養なのでしょうか?
ホスホリパーゼは、酵素の一種です。

その働きは、女性なら誰もがうれしい
『脂肪を分解してくれる』というものなのです。
https://twitter.com/nagisa_otb/status/594860684078223360

野菜のきゅうりはどうやって食べたらいいの?

では、きゅうりはどのように食べたら
ホスホリパーゼをとることができるのでしょうか?

ホスホリパーゼは、酵素のためすりおろすという食べ方が一番効果的です。
きゅうりをすりおろして食べるというやり方はあまり普段はしませんが、
酵素であるホスホリパーゼという栄養を一番効果的にとるためには、
すりおろして食べるという方法が一番なのです。

また、すりおろしてすぐ食べるというのもポイント。
きゅうりはすりおろしてから時間が経つほどに、
ホスホリパーゼの量が減ってしまうということもわかっているので、
きゅうりはすりおろしてからすぐ食べるようにしてください。

とはいえ、いつもいつもきゅうりをすりおろして食べられるわけではありません。

外で食べる場合には、ほぼすりおろしきゅうりが食べられる可能性はないです。
そんな時には、サラダなどに入っているきゅうりを
よく噛んで食べるということを意識しましょう。

イメージとしては、口の中ですり潰していくイメージです。
なかなか難しいですが、
すり潰すようにきゅうりを食べることで酵素が発生して
ホスホリパーゼを摂取することが出来るのです。

すりおろしきゅうりダイエットの仕方

この酵素のパワーを使って「すりおろしダイエット」なるものもあります。
では、このすりおろしきゅうりダイエットとはどのように行うのでしょうか?

すりおろしきゅうりダイエットはその名の通り、
生のきゅうりをすりおろし、1日1〜2本食べる、というダイエットです。

食べるのは大体食前がおすすめです。
きゅうりを食べるだけで脂肪が分解されて代謝が良くなるだけではく、
カリウムなどむくみになりにくい栄養や
整腸作用が期待できるペクチンなどの栄養も含まれていることから、
すべての効果をあわせてすりおろしきゅうりダイエットに注目されているのです。

すりおろしきゅうりのおいしい食べ方

普段なかなかきゅうりをすりおろして食べるということはしないはずです。
もちろんはじめの数回はそのまま食べることもできると思いますが、
慣れてくるとただそれだけを食べるのがつらくなってきます。

なので、おいしくすりおろしきゅうりを食べる方法をご紹介します。

きゅうりは柔らかいので、切れ味が良いものがおすすめです(*^^*)

すりおろしきゅうりのおいしい食べ方

ドレッシング
一番スタンダードですが、ドレッシングとして食べるという方法です。
すりおろしたきゅうりに
オリーブオイル・にんにく・酢・砂糖・塩こしょうなどを混ぜるだけの超簡単レシピ。
トマトなどと和えるのがとても相性の良い食べ方ですよ。

納豆と和える
すりおろしきゅうり+納豆。
ただそれだけですが、かなり食べやすくなります。
もちろん納豆だけではなく、
おくらやいかそうめんなどをプラスしてもおいしくなります。
味付けは、納豆に付属しているたれ+めんつゆで十分ですよ。

たこと和える
ゆでたタコとすりおろしきゅうりを和えるというのも非常においしいです。
味付けはポン酢だけで、和えればさっぱりとした副菜になりますよ。

まとめ

2016-01-24c-2

きゅうりは栄養がないと思われがちですが、
実は最近発見されたホスホリパーゼという酵素が含まれています。

ホスホリパーゼは、脂肪を分解してやせやすいようにしてくれる酵素です。
また、ホスホリパーゼはすりおろして食べる方法が一番なので、
ダイエットを考えている方はぜひきゅうりをすりおろして食べるようにしてくださいね。