今までは普通だったのに、なぜか急に目がかすむ…新聞が読みにくくなった…
という経験はありませんか?

これは「疲れ目」からくるものもあれば、
40歳を過ぎるとよく見られる俗にいう「老眼」の可能性もありますが、
実は白内障やなんと脳の病気の場合も考えられます。

そしてこれらの病気は、年齢に限らず誰もがなる可能性があります。
この記事で、あなたの目を守るための情報をゲットしてください!

目のかすみの原因

2015-03-25-02b

疲れ目・眼精疲労

急に目がかすんできたなと感じる際に一番多いのは
疲れ目・眼精疲労ではないかと思います。

パソコンを使ったデスクワークや、ゲームなどを集中して行ったとき、
またはスマホの使用などで極度に目が疲れると急にものがかすんで見えます。

これら電子機器のスクリーンから発せられるLEDライトに含まれる
ブルーライトというものが、目に悪影響を与えます。

ブルーライトから目を守るためのメガネもあります。

デザインもオシャレなのでオフィスや外出先でも
おしゃれアイテムのひとつとして使えますね!

老眼

もしあなたが40~50代で、
急に目のかすみを感じたならば、老眼の可能性が高いでしょう。
老眼と聞くとショックですが、
これは誰もがこの年代に差し掛かると起きる現象です。

年を取るにつれ、
カメラのレンズのような役割をする水晶体の弾力が低下したり、
ピントを調節する毛様体筋が衰えることで起きます。

遠くのものはそうでもないのに、特に近くのものが見えづらくなるのが特徴です。

白内障

加齢などによって水晶体が濁り視界全体が白っぽく、
まるで白いフィルターがかかったように見えると、白内障かもしれません。

これは、老化が進むにつれてかかる人が多くなり、
80歳代にもなるとほぼ全員がかかると言われる病気ですが、
早い人では30歳代から起こり始めることもあり、注意が必要です。

動脈瘤(脳の病気)

動脈瘤は、血管がこぶのように膨らんでしまうものです。
この膨らんだ場所によっては、脳の神経が圧迫され、目にも影響が及ぶことがあります。

突然死を招くことがあるくも膜下出血は、
この動脈瘤の破裂が最も多い理由です。

これまで、くも膜下出血で倒れた人の約半数は、
実は事前に目のかすみを感じていたというデータもあります。

目のかすみについてはこちらの記事もご参考に♪

疲れ目・眼精疲労対策

目の疲れには、何と言っても十分な休息が効果的です。
電子機器を使用しない時間を作ることや、
使用する際は定期的に休憩をはさむことが重要です。
https://twitter.com/radwimps060906/status/781448559094751233
目を休めたくても休められないこともありますが、
なんとかして目の疲れを軽減しなければいけませんね( ; _ ; )

また、目の疲れにはマッサージも効果的です。
目頭にあるツボを押したり、
蒸しタオルを目に乗せてじんわり温めて血行を促進することも即効性があるでしょう。

老眼対策

老眼には残念ながら、治療薬予防法はありません。
なぜなら老眼は病気ではないからです。

老眼鏡をかけることで、
目のかすみがなくなりますので老眼鏡が唯一の対策です。

しかし、老眼の進行を遅らせるには日ごろから
目のトレーニング(近いところと遠い所を繰り返し見るなど)を行い、
目をいたわることで効果もあるようですので、試してみる価値がありますね。

白内障対策

白内障の予防については、日常生活で気を付けることです。
例えば、サングラスを積極的にかけて眼に入る紫外線をカットしたり、
白内障に効くとされるビタミンCを多く摂取することを心がけると、白内障予防になります。

加齢に伴う白内障には、
白内障治療に使われる非加水分解カルノシン目薬が予防についても
顕著な効果を表すようですので、
60歳以上の方にはこの目薬の使用もおススメです。

動脈瘤対策

動脈瘤は、目のかすみや頭痛がシグナルになっていますが、
これらは目に見えないので定期的にMRIという医療機器を使って検査し、
予防診察を行うことで事前に防ぐことを心がけましょう。

一旦動脈瘤が出来てしまうと、
破裂しないように破裂を予防する手術を行います。
自分での判断は禁物です。必ず受診しましょう。

まとめ

2015-03-25-02c

目がかすむ、という症状だけで単に目の疲れと言うこともあれば、
突然死につながるような病気の原因である可能性もあると知って驚きませんでしたか?

そういった大きな病気のサインは見逃せませんが
目の疲れからくるものは日常生活のちょっとした工夫で簡単に防げてしまいますね。

マッサージをしたり、
電子機器を使用する時間を減らすなど、目をいたわってあげましょう。

老眼であったとしても、それは当たり前の症状と受け入れ、
進行を遅らせるトレーニングをすることで、できるだけ長く良い視力を保ちたいものですね!